検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ふじさわ江の島花火大会、2019年開催中止の理由は?

ふじさわ江の島花火大会、2019年開催中止の理由は?

ココがキニナル!

2019年の「ふじさわ江の島花火大会」開催中止が決定。その理由は?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

毎年10月、神奈川県藤沢市の片瀬海岸西浜で開催される「ふじさわ江の島花火大会」。県外からも多くの観覧客が訪れ、約8万5000人を動員する同花火大会が、2019年は中止と発表された。
 


2018年10月20日の様子

 
もともと江の島では毎年8月に、夏の風物詩として「江の島花火大会」が開催されてきた。2010(平成22)年に横浜で開催された「APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議」を機に、大規模な花火大会の開催時期を秋(10月中旬の土曜日)に移行し、2012(平成24)年から「ふじさわ江の島花火大会」として親しまれるようになった。
 
 
中止の理由は?
 
2019年の「江の島花火大会」が中止となった主な理由は、会場周辺の安全を十分に確保することが困難と判断されたため。

現在、観覧場所の最寄駅である小田急片瀬江ノ島駅は建て替えを含めた改良工事を行っており、同駅を利用する観覧客の動線確保が難しい。
 


2019年1月19日、約90年の歴史に別れを告げた旧駅舎

 
例年、花火大会終了とともに駅への入場待ちの行列が発生し、江ノ島大橋から片瀬江ノ島駅まで1時間前後(通常であれば数分の道のり)かけて人々が移動する。
 


国道134号線沿いも人でごった返す

 
アクセスが集中する同駅では現在、利用できる改札口が以前よりも減少し、駅構内も工事中のため十分なスペースが用意できない状況。さらに駅前広場も工事の影響で縮小しているため、これまで以上の混雑になることは容易に想像できる。
 


新駅舎は2020年5月竣工予定(2019年2月の様子)

 
また、同期間に横浜市で「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の決勝が開催されるため、警察・警備などの人員を十分に確保できない可能性も要因となった。

地元の方を含め、多くの方が楽しみにしていた秋の風物詩。開催中止は残念だが、2018年の同花火大会では、海岸に約1トンものゴミが放置された問題も残っている。来年以降、「ふじさわ江の島花火大会」が開催されるかどうかは検討中とのことだが、安全面だけでなく、観覧マナーの対策も考えていく必要があるだろう。
 
 
ー終わりー
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

「江ノ島」「江の島」どっちが正解?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

食べ物を狙う江の島の強敵・トンビはどれくらい怖い!?

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

一大観光地「江の島」の今昔とは? 浮世絵と徹底比較!

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

根岸の米軍住宅で行われた「第48回 日米親善 米海軍根岸盆踊り」をレポート!

【編集部厳選!】自然を拝む日本人の心! 新年を迎え、初日の出や富士山が見えるスポット特集

横浜の古道を歩く 稲毛道その1 ―東海道追分~かまくら道合流点―

港南区のダイダラボッチ伝説、その真実とは?

横浜DeNAベイスターズの2020年度の新入団選手発表の様子をレポート!

新山下ドンキ横の歴史ある「丸善ビル」、怪しく光るネオンと謎の音楽の正体は? 全店徹底取材!

【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!

ネットの口コミがエラいことに? 猫カフェ「ねこっ茶」の実態は?

新着記事