検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
葉山・鎌倉・江の島にいる、湘南の多彩な看板猫たちに密着取材!

ココがキニナル!

猛暑もおさまり、秋の到来を感じる季節に。猫たちにとってもしのぎやすくなって来たこの時期、湘南の看板猫たちはどうしているだろうか?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

気ままに、のどかに、悠々と。さまざまな場所で生きる湘南の看板猫たちは、みんなそれぞれ愛されながら、元気に暮らしていた

  • LINE
  • はてな

2019年10月04日

ライター:結城靖博

湘南といえば海、とはかぎらない。山もあれば美術館もある。そしてエリアも広い。葉山・鎌倉・江の島、3ヶ所の異なる地域・環境の看板猫たちを紹介する。
 
 
 
まずは葉山の猫美術館の看板猫に突撃!
 
知る人ぞ知る猫美術館「猫の家(湘南ねこ美術館)」は、葉山御用邸の目と鼻の先にある。

赤い印の場所が「猫の家」

 


左が葉山警察、右が御用邸。もう少し先に「猫の家」がある

 
美術館に面した国道134号線を超え、海へ向かって潮風薫る路地を歩いていくと、まもなく夕陽の美しさで人気の葉山公園にたどり着く。
 


公園の前の海水浴場はすでにシーズンオフで静か

 
こんな素敵な場所が近くにある美術館なんて、きっととってもおしゃれなところなんだろう。初めての人はそう信じて疑わず、美術館の所在を求めて周囲を見回す。
そして、発見。
 


ジャン! ここが「猫の家(湘南ねこ美術館)」だ
 

入り口にもっと寄ると、こう

 
玄関の軒先に「猫の家」とちゃんと書いてある。
玄関を開けようとすると鍵がかかっていた。「休館日なのかな?」と思いつつ玄関横のチャイムを鳴らすと、ガラス戸越しに人影が見えて鍵を開けてくれた。

出迎えてくれたのは同館館長の広沢義之(ひろさわ・よしゆき)さん。
「猫が出て行かないように、鍵をかけているんです」という。
開館日なのに鍵を閉めていたらお客さんは帰っちゃうんじゃないかとも思ったが、さすが猫美術館、猫のほうが優先なのだった。でも、確かに玄関を出るとすぐ目の前が交通量の多い国道だから、心配する気持ちはわかる。
 


出迎えてくれた広沢館長と看板猫のマリンちゃん

 
まずは、美術館内部の様子をざっと紹介しよう。
 


玄関を入るといきなり巨大な招き猫に出くわす
 

招き猫の背後、1階右手は猫グッズのショップになっている
 

左手の廊下を進んで階段を上ると・・・
 

2階の廊下にマリンちゃんがいた

 
マリンに導かれて2階の奥へ進むと・・・
 


2階の部屋は展示室になっている

 
見ての通り、美術館といっても、ここは古民家そのままだ。
この家はもともと広沢さんの祖父母が以前住んでいて、ずっと空き家になっていた。そこを猫専門の美術館「猫の家」としたのは2007(平成19)年4月のこと。

ここからほど近い実家で子どものころからたくさん猫を飼っていた広沢さん。だが、30代のころ病気ですべての猫が死んでしまったという。そのショックでしばらく猫が飼えなくなったある日、たまたま通りがかったデパートで、イギリスの女流作家の猫の原画展を見て、「絵なら死なない」と思い1枚の絵を購入。それをきっかけに、膨大な猫アート・コレクションへの道を歩み始める。やがて、コレクションを通して作家たちとの交流も増え、彼らからの勧めもあり、作品を一人で抱えるのではなく多くの人に見てもらいたいという思いから美術館を開館することになった。
 


2階には3部屋あり、真ん中の部屋も展示室

 
そして一番奥の部屋には、ソファとテーブルがあり、猫の絵本がびっしり本棚に並ぶくつろぎスペースだ。
 


でも今はマリンちゃんお気に入りのキャットタワーが幅を利かせる

 
そんな「猫の家」では現在、看板猫マリンちゃんをテーマにした「白猫」展を開催中。
 


「白猫」展のポストカード(資料提供:猫の家)
 

10人の猫作家たちが多彩な作品を展示している
 

そしてこちらが本物の看板猫、マリンちゃん!

 
とにかく可愛い、そして美しい。こんな素敵な猫をどこで見つけたのか広沢さんに訊いてみた。するとそこには、意外にも深い事情があった。

マリンが「猫の家」に来たのは一昨年(2017年)の12月初め。どこからかって? それは沖縄・宮古島。こう見えてもマリンちゃんは南国生まれなのだ。
 


生まれ故郷の沖縄の海に思いを馳せているのかな?

 
宮古島の福祉会館周辺をうろついていたマリンちゃんは、居つかれては困るという職員の判断から、いずれは殺処分の運命に会う保健所のような施設に収容されたという。ただ、美猫なのでいつか引き取り手が現れることを期待して、通常よりも長期間収容されていたそうだ。その間、現地の動物保護団体が里親を探すがなかなか見つからない中、鎌倉に住む広沢さんの知り合いの保護活動家を通して、マリンを紹介されたという。それが11月下旬のこと。即決しないといよいよ殺処分になるという、間一髪のところだったそうだ。
美術館で育てることを即断した広沢さんは、12月初め、沖縄から空輸されてきたマリンを羽田空港まで迎えに行った。
 


ドキドキするほど澄んだブルーの瞳

 
よかったね、マリン。沖縄の海のようなマリン・ブルーの瞳を持つ猫の名は、美術館職員が名付け親。思えば迎えられた先も湘南の海。海つながりの猫なのだ。処分施設に収容された時期から逆算して、おそらく今2歳と3ヶ月のメスである。
 


大好きなキャットタワーの下で館長と遊ぶマリン

 
マリンは来館者と遊ぶのも大好きだという。美術館に人が来ると、館長よりも先に玄関へ走っていく。だから危なくて鍵をかけているそうだ。
 


初めて会った筆者にも全然動じず、大きな目で見返される
 

ここもまたマリンお気に入りの場所

 
あまりにも可愛くて、とてつもない枚数の写真を撮ってしまったのだが、キリがないので、お会いしたい人はぜひ「猫の家」に足を運ぼう!
 


じゃあ、またね。待ってるニャ!

 
と言ってくれているような気がして、後ろ髪を引かれつつ美術館を後にした。
 


2階の廊下までお見送りしてくれたマリン

 
 

 

神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

はまれぽスタッフが婚活体験! プロが撮影した好印象のプロフィール写真で、運命の相手に出会える!? 

  • PR

神奈川県最大の警備会社はやっぱり凄かった! トータルな人間力を武器に横浜から全国の安全を守る!

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜線新横浜駅は何故改修しないのでしょうか?新幹線側は広々している一方、JR東日本の側は跨線橋も1つ...

  • 高島屋港南台店の閉店を聞きました子供の頃からあったものがなくなるのは残念ですさて跡地は再開発するので...

  • 横浜市のIR誘致に有識者から大きな問題点の指摘も。IRで潤う事はカジノで負け続ける客による繁栄であり...

最近のコメント

アクセスランキング