ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急線の終点は、三浦半島内部の三崎口。でも、実は三崎港や油壷まで延伸の予定があったと聞きました。開発計画の詳細と頓挫の経緯について調べてください(bausackさん)

はまれぽ調査結果

三崎口駅から三戸(みと)、小網代(こあじろ)を通り油壺まで延伸をする予定も、人口減少や地価の下落などにより2016年、凍結を発表。今後は未定

ライター:やまだ ひさえ (2016年07月29日)

延伸計画凍結に至った三浦市の裏事情
 


忘れさられた線路
 

三崎口駅の開業から41年が経った2005(平成17)年になって、京急はなぜ、凍結を決めたのか。

その裏には、三浦市の抱える問題もある。

その事情に詳しい2人の方にお話を聞くことができた。1人は、三浦海岸駅前の商店主さんだ。
 


事情通で知られる商店主さんにお話を聞いた
 

お話によると、京急は横須賀・久里浜駅以南の延伸を急いでいた。というのも、当時、西武鉄道による藤沢駅から三浦半島の西海岸を通る延伸計画があり、実際に用地買収が行われていた。

久里浜駅以南になると、三浦市内も含めて公共交通は電車もバスも京急だけだ。競合他社が参入するという可能性が延伸計画に拍車をかけたことは容易に想像できる。
 


幻となった西海岸路線計画があった
 

「用地買収でも困難があった」と商店主さんは教えてくれた。

延伸計画上の三戸地区は、市内でも農業が盛んな地域だ。畑を持つ農家と、昔からの地主が複雑に入り組む形で土地を所有していた。

京急が延伸計画のために用地買収にあたっていたのは、バブル崩壊前の高度経済成長期。土地の価格は絶対に下がらない。土地を持っていれば損をしないという「土地神話」が信じられていた時代だ。さらなる土地高騰を信じ、手放すことを拒否した農家も多かった。
 


土地は「金のなる木」だった
 

もう1人、当時、市政に関わっていた関係者からも興味深いお話を聞くことができた。
 


市制にも大きな動きがあった
 

三浦市では、1970(昭和45)年、延伸計画上にあった三戸地域や小網代地域を市街化区域、優先的かつ計画的に市街化を図ることができる区域に指定している。

つまり、京急などの市外に拠点を持つ企業でも開発できる区域にしたのである。

この決定に焦りを感じたのが、地元の農業関係者や漁業関係者だった。やみくもに開発が行われては、農業も漁業も立ち行かなくなる。
 


開発に拍車がかかることが懸念された
 

それに対抗して設けられたのが「風致(ふうち)地区」だ。

風致地区とは、1919(大正8)年に制定された都市計画法によるもので、樹林地や海浜などの自然的景観に優れた場所や、史跡名勝などがある区域の環境を保全することを目的としている。区域内では建ぺい率や建物の高さ制限が決められている。

「三浦市都市計画マスタープラン」では、市内の風致地区の多くが昭和30年代以前に制定されたとあるが、拍車がかかったのが1970年代後半からだと、前述の関係者が話してくれた。
 


市街化区域と風致地区が重なっている(同プランより)
 

三浦市は、海岸線のほとんどが風致地区になっているが、その中でも風光明媚な地で知られ別荘地、観光地として人気の高い西海岸は、制限の厳しい第1種風致地区に指定されている。

京急が延伸計画地として考えていた油壺も第1種風致地区。建ぺい率は20%以下、建物の高さ制限は8メートル以下に決められている。
 


油壺には自由に建物を作ることができない(提供:三浦市)
 

制限があるため、油壷は景勝地であってもホテルやリゾートマンションなどの大型の建物を作ったり、建て替えたりすることが困難だし、観覧車や絶叫マシン系の高さを必要とする遊具を作ることも無理だ。

この制約が、油壺に駅を造ること、京急油壺マリンパークを大規模テーマパーク化することを困難にしている大きな要因だと、前述の関係者は言う。
 


マリンパーク内に大型遊具はない(HPより)
 

風致地区は負の遺産。開発に大きな障害となっているのは確かだ。


さらなる「問題」が・・・キニナル続きは次のページ≫
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事