ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ガキの頃から通ってた思い出の本牧市民プール。今や廃墟の様な佇まいに。内部をレポしてください。また市民の憩いのプールを無くすくせにカジノ建設に尽力を投じている二枚舌市長にもプールに関してインタビューして...

    bubukaさん

    テレビでちょこっと出ていましたが、戸塚界隈でモノマネを披露してくれるオカマのタクシー運転手がいるそうです。テレビにも出ているので取材可能だと思われます。ぜひ取材を。

    山下公園のカモメさん

    横浜ポートサイドで今年も10月15日(日)100円で焼き芋や七輪で秋刀魚を焼いてその場で食べられるイベントが開催されます。それ以外にもたくさんの催しがあるので是非レポートをお願いします。

    kudo@すみっこさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月25日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
5位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
6位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
7位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
8位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
9位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
10位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
11位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
12位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
13位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
14位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
15位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
16位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
17位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
18位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
19位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
20位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
21位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
22位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
23位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
24位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
25位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
26位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
27位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
28位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
29位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
30位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎はなんで「川崎」って名前なの?(chinoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

川崎市の「川崎」は地形からついた地名。「川」は多摩川、「崎」はデルタ。つまり、多摩川が作った河口のデルタ地帯があったから「川崎」!

ライター:吉澤 由美子 (2012年09月16日)

地方に行って「お住まいはどこですか?」と聞かれて「川崎です」と答えると「東京の?」とか「横浜の?」と聞かれることがけっこうある。政令指定都市なのに!

常々「川崎市の知名度低すぎ」と思っていたけれど、この質問をいただいて考えてみたら自分も「川崎」の地名の由来など、川崎の基本的なデータはボンヤリとしか知らないことに気付いた。

そこで、川崎の地名の由来について、川崎市高津区溝口にある「日本地名研究所」でお話を伺い、その後、東海道の川崎宿があった場所に行って川崎市の成り立ちを調べてみた。
 


日本地名研究所の鈴木茂子さん




川崎という地名の由来
 
全国に「カワサキ」という地名は80ヶ所(大字以上)存在するが、その大多数は「川前/川に面した場所」という意味であり、「前=サキ」という古い表記がやがて「川崎」となっていったもの。

「川崎市の『川崎』は、そうした『川に面した場所』とは由来が異なるんですよ」と鈴木さん。

川崎市の「川崎」は地形からついた地名で、「川」は多摩川を、「崎」はデルタ(三角州)を指しているのだそう。
 


多摩川の六郷橋付近。河口に近いため流れも水量もゆったりしている


大きな川の河口で上流から流されてきた土砂が溜まってできたデルタは、海からの砂も溜まって海に張り出した形になることが多く、こうした地形は「崎」と呼ばれる。

そこに「多摩川」の意味で「川」がついたのが川崎市の「川崎」、つまり多摩川が作った河口のデルタ地帯という意味だとのこと。
 


 
鎌倉・室町時代までは、「河崎」と表記されていた

では、川崎という地名が歴史に登場するのはいつごろだろう?

川崎は、最初「河崎」という表記で歴史に現れたらしい。「川/河」の文字は違うが、「多摩川河口のデルタ地帯」という意味は同じだ。

鈴木さんによると、平安時代後期、秩父基家が、現在の川崎区のあたりを開拓したのが川崎のはじまり。基家は、地名をとって「河崎冠者基家(かわさきのかじゃもといえ)」と称した。

平安時代後期の「秩父系図」に「河崎冠者基家武州荏原郡知行」と記されており、ここから当時、河崎庄(かわさきのしょう)が存在し、基家がその開発領主であることがわかる。「河崎」という表記は、鎌倉・室町時代まで使われていたとのこと。なお、「川崎」という表記は、江戸時代から一般的に使われるようになったらしい。

 


川崎区にある稲毛神社には、川崎の歴史をずっと見守ってきた樹齢千年以上の大銀杏がある
 

稲毛神社の境内には、川崎宿の小土呂(こどろ)にあった橋の遺構も展示されている


鎌倉時代初期の1263年、領主である佐々木泰綱が中心となり、5000人余りの浄財をあつめて梵鐘(ぼんしょう)の鋳造が行われ、河崎庄にあった勝福寺に鐘が納められた。その鐘銘(しょうめい)に「武州河崎荘内勝福寺鐘銘」の刻みが見られたとのこと。残念ながらこの鐘は現在、残されていない。

この頃、多摩川の流れは現在とかなり異なっており、河崎庄のあったあたりは多摩川の北岸にあったため、「武州荏原郡」となっている。武州は、武蔵国(むさしのくに)の別称で、荏原郡は現在の大田区や品川区など東京都城南地区のあたり。

その後、多摩川の流れが変わり、河崎庄が多摩川の南岸になって武蔵国橘樹(たちばな)郡に属すようになる。

現在の川崎市のほとんどの市域はもともと「武蔵国橘樹郡」(北部の柿生地域は「武蔵国都筑郡」)。

橘樹郡は、南部の川崎領と北部の稲毛領という2つの地域にわかれていたが、1611年にその2つの領にまたがる二ヶ領用水が完成して新田開発が進み、上質の米を産出するようになっていく。
 


多摩川から取水している二ヶ領用水 ※3月下旬に撮影


川崎市の成り立ちは?・・・ 次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事