ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中華街でいちばん歴史が古いお店はどこでしょうか?(浜猫セブンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1884年創業、大通り沿いに店を構える聘珍樓が最古のお店だった!

ライター:篠原 章公 (2012年11月06日)

横浜中華街といえば、開港からほどなくして現在の原型となる街が形成され始め、その歴史はおよそ150年にも及ぶ歴史ある街。
そんな中で現在も営業を続ける一番の老舗店といえばどこになるのだろうか。
早速、横浜中華街発展会協同組合に問い合わせてみた。


横浜中華街発展会協同組合に聞く

担当の方に伺ったところ、古くから現在まで営業を続ける老舗店は数あるものの、その中でも一番の老舗店は大通り沿いに店を構える聘珍樓(へいちんろう)だという。
念のため中国料理店以外の業種でも長きにわたって営業されている店舗はないかどうか尋ねてみたが、やはり中華街全体で見ても最古は聘珍樓とのこと。

というのも、中華街は1923(大正12)年の関東大震災や1945(昭和20)年の横浜大空襲により甚大な被害を受けたため、当時廃業を余儀なくされたであろう人々が非常に多く、明治時代から営業を続ける店は非常に少ないのだという。
事実確認も含めて、より詳しいお話を伺うべく聘珍樓に取材を行った。


中華街で一番古いお店・聘珍樓に取材
 


中華街で一番古い歴史を持つお店は聘珍樓


広報の横田さんによれば、確かに中華街で一番古いお店で間違いないとのこと。
創業した1884(明治17)年から現在まで、屋号も変わることなく大通りに面する現在の敷地で営業を続けている。
しかも同店は中華街だけでなく、日本に現存する最古の中国料理店なのだという。

「聘珍樓」の名前は中華街だけでなく、百貨店や都内に展開されている店舗でも目にした経験があると思うが、日本で一番古い中国料理店とは知らない方も多かったのではないだろうか。

1934(昭和9)年7月23日付の「横浜貿易新報」(現在の神奈川新聞)内にある「浜自慢五十佳選めぐり 萬新樓と聘珍樓」という記事中にて『聘珍樓は創業五十年の業績に普(あまね)く全国に知られた東邦最古の濱名物支那料理店』という記述があることから、同店の創業は1884年とされている。
その歴史、なんと128年である。

しかしながら、やはり聘珍樓も災害による瓦解や、それによるオーナーの移り変わりを経験しており、当時の資料などはほとんど持ち合わせていないため、詳細な歴史となると推測でしか語ることができない部分も多くあるのだそうだ。
以下、現在に伝わる話を中心に聘珍樓の歴史を追ってみようと思う。


聘珍樓の歴史

横浜開港資料館の発行による文献「開港から震災まで 横浜中華街」によれば、1880年代までの中国料理店は、居留地内に多数住んでいた中国人労働者のための簡易食堂的なものであったとされており、聘珍樓も創業当初はそのような形態だったのではないかと思われる。

その後、商売の対象を徐々に日本人へとシフトしていく中で、最初は中国語読みだった店名も、1910(明治43)年には現在の「Hei Chin Row(聘珍樓)」として記載されているのが、外国人居留地の会社年鑑・人名録である「ジャパン・ディレクトリー」に見られる。
 


明治~大正初期頃の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


そんな中で関東大震災を受け瓦解。この後オーナーは、創業した張(チョウ)家から鮑(ホウ)家へと変わっている。鮑氏により一時は200~300人ほどの人数を収容できる大広間を持つ大型店へと成長を遂げたものの、それもまた横浜大空襲により焼失してしまう。
 


昭和初期の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


創業当時から伝わる料理はある?総料理長へのインタビューは次のページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事