ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「はまれぽ流「GW」大作戦、誰のプランが一番参考になった?」のアンケート、期間が短いとは言え、前後のアンケートと比べて極端に回答数が少ないです。はまれぽ編集部の士気が落ちていないか気になります。

    N.G.さん

    ことしも野毛通手形2017が開始されるそうです。とてもお得なので、詳細をレポートしてください。

    othellounoさん

    明治製菓は、今年の8月生産分をもってカールの販売地域を関西以西に縮小するそうですが、江ノ電のカール電車が今後どうなるのか気になります。

    R.Hさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
5位
【ニュース】「ハマの永遠番長」三浦大輔氏が小学生向けの野球教室を実施!
6位
【ニュース】「シーパラこども海育塾」塾生募集!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
【ニュース】5月24日に「ふでともかきかた教室」無料体験イベント実施!
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
12位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
20位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
21位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
22位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
23位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
24位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
25位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
26位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
27位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
28位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
29位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中華街でいちばん歴史が古いお店はどこでしょうか?(浜猫セブンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1884年創業、大通り沿いに店を構える聘珍樓が最古のお店だった!

ライター:篠原 章公 (2012年11月06日)

横浜中華街といえば、開港からほどなくして現在の原型となる街が形成され始め、その歴史はおよそ150年にも及ぶ歴史ある街。
そんな中で現在も営業を続ける一番の老舗店といえばどこになるのだろうか。
早速、横浜中華街発展会協同組合に問い合わせてみた。


横浜中華街発展会協同組合に聞く

担当の方に伺ったところ、古くから現在まで営業を続ける老舗店は数あるものの、その中でも一番の老舗店は大通り沿いに店を構える聘珍樓(へいちんろう)だという。
念のため中国料理店以外の業種でも長きにわたって営業されている店舗はないかどうか尋ねてみたが、やはり中華街全体で見ても最古は聘珍樓とのこと。

というのも、中華街は1923(大正12)年の関東大震災や1945(昭和20)年の横浜大空襲により甚大な被害を受けたため、当時廃業を余儀なくされたであろう人々が非常に多く、明治時代から営業を続ける店は非常に少ないのだという。
事実確認も含めて、より詳しいお話を伺うべく聘珍樓に取材を行った。


中華街で一番古いお店・聘珍樓に取材
 


中華街で一番古い歴史を持つお店は聘珍樓


広報の横田さんによれば、確かに中華街で一番古いお店で間違いないとのこと。
創業した1884(明治17)年から現在まで、屋号も変わることなく大通りに面する現在の敷地で営業を続けている。
しかも同店は中華街だけでなく、日本に現存する最古の中国料理店なのだという。

「聘珍樓」の名前は中華街だけでなく、百貨店や都内に展開されている店舗でも目にした経験があると思うが、日本で一番古い中国料理店とは知らない方も多かったのではないだろうか。

1934(昭和9)年7月23日付の「横浜貿易新報」(現在の神奈川新聞)内にある「浜自慢五十佳選めぐり 萬新樓と聘珍樓」という記事中にて『聘珍樓は創業五十年の業績に普(あまね)く全国に知られた東邦最古の濱名物支那料理店』という記述があることから、同店の創業は1884年とされている。
その歴史、なんと128年である。

しかしながら、やはり聘珍樓も災害による瓦解や、それによるオーナーの移り変わりを経験しており、当時の資料などはほとんど持ち合わせていないため、詳細な歴史となると推測でしか語ることができない部分も多くあるのだそうだ。
以下、現在に伝わる話を中心に聘珍樓の歴史を追ってみようと思う。


聘珍樓の歴史

横浜開港資料館の発行による文献「開港から震災まで 横浜中華街」によれば、1880年代までの中国料理店は、居留地内に多数住んでいた中国人労働者のための簡易食堂的なものであったとされており、聘珍樓も創業当初はそのような形態だったのではないかと思われる。

その後、商売の対象を徐々に日本人へとシフトしていく中で、最初は中国語読みだった店名も、1910(明治43)年には現在の「Hei Chin Row(聘珍樓)」として記載されているのが、外国人居留地の会社年鑑・人名録である「ジャパン・ディレクトリー」に見られる。
 


明治~大正初期頃の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


そんな中で関東大震災を受け瓦解。この後オーナーは、創業した張(チョウ)家から鮑(ホウ)家へと変わっている。鮑氏により一時は200~300人ほどの人数を収容できる大広間を持つ大型店へと成長を遂げたものの、それもまた横浜大空襲により焼失してしまう。
 


昭和初期の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


創業当時から伝わる料理はある?総料理長へのインタビューは次のページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

中華街で車イスOK&リーズナブルで美味しいお店はどこ?

中華街の区画が斜めなのは、風水説ってホント?