ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜の本町通りは、かつては「ハマのウォール街」と呼ばれ、以前歴史建築の記事になった三井住友銀行をはじめ、現在でも三大メガバンクや、第四銀行や大光銀行など地方銀行も関内エリアに横浜支店を置いています。し...

    たけむらさん

    先日から 伊豆方面に走り始めた観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」ですが 車両の色が相鉄線の新型車両と似ているように思うのですが 色の違いはどの程度あるのでしょう?そもそも どちらが先なのでしょうか?...

    soraさん

    神奈川県海老名市の有鹿神社の神主さんが、いつもパンダのかぶり物をしているらしいので、取材お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「7月23日今日は何の日?」
2位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
3位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
4位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
5位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
6位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
9位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
10位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
11位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
12位
横浜駅と平沼橋駅間よりも近い駅間って市内に存在するの?
13位
【はまれぽ名作選】新横浜周辺に一部コンビニ・スーパーが一軒もない謎のエリアがあるってホント?
14位
金沢区称名寺の裏山にある八角堂に、地下へ続く「抜け道」があるって本当?
15位
【編集部厳選】ねえ、ここ「横浜」だよね!?
16位
【はまれぽ名作選】中山駅近く、柵に囲まれて乗ることも降りることもできない不思議なバス停の正体は!?
17位
【はまれぽ名作選】本牧の「自由の女神」がある横浜ロイヤルホテルって!?
18位
はまれぽが横浜駅をジャックしたって本当?
19位
【はまれぽ名作選】60年の間、野毛山公園に存在していた「野毛山プール」の歴史を徹底調査!
20位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
21位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
24位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
25位
絶版の絵本に導かれ、横浜市電引退後の第二の人生に迫る!
26位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
27位
京急線「逗子海岸駅」が廃駅になった理由は?
28位
漏水で営業が中止となった本牧市民プール、今後はどうなる?
29位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
30位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中華街でいちばん歴史が古いお店はどこでしょうか?(浜猫セブンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1884年創業、大通り沿いに店を構える聘珍樓が最古のお店だった!

ライター:篠原 章公 (2012年11月06日)

横浜中華街といえば、開港からほどなくして現在の原型となる街が形成され始め、その歴史はおよそ150年にも及ぶ歴史ある街。
そんな中で現在も営業を続ける一番の老舗店といえばどこになるのだろうか。
早速、横浜中華街発展会協同組合に問い合わせてみた。


横浜中華街発展会協同組合に聞く

担当の方に伺ったところ、古くから現在まで営業を続ける老舗店は数あるものの、その中でも一番の老舗店は大通り沿いに店を構える聘珍樓(へいちんろう)だという。
念のため中国料理店以外の業種でも長きにわたって営業されている店舗はないかどうか尋ねてみたが、やはり中華街全体で見ても最古は聘珍樓とのこと。

というのも、中華街は1923(大正12)年の関東大震災や1945(昭和20)年の横浜大空襲により甚大な被害を受けたため、当時廃業を余儀なくされたであろう人々が非常に多く、明治時代から営業を続ける店は非常に少ないのだという。
事実確認も含めて、より詳しいお話を伺うべく聘珍樓に取材を行った。


中華街で一番古いお店・聘珍樓に取材
 


中華街で一番古い歴史を持つお店は聘珍樓


広報の横田さんによれば、確かに中華街で一番古いお店で間違いないとのこと。
創業した1884(明治17)年から現在まで、屋号も変わることなく大通りに面する現在の敷地で営業を続けている。
しかも同店は中華街だけでなく、日本に現存する最古の中国料理店なのだという。

「聘珍樓」の名前は中華街だけでなく、百貨店や都内に展開されている店舗でも目にした経験があると思うが、日本で一番古い中国料理店とは知らない方も多かったのではないだろうか。

1934(昭和9)年7月23日付の「横浜貿易新報」(現在の神奈川新聞)内にある「浜自慢五十佳選めぐり 萬新樓と聘珍樓」という記事中にて『聘珍樓は創業五十年の業績に普(あまね)く全国に知られた東邦最古の濱名物支那料理店』という記述があることから、同店の創業は1884年とされている。
その歴史、なんと128年である。

しかしながら、やはり聘珍樓も災害による瓦解や、それによるオーナーの移り変わりを経験しており、当時の資料などはほとんど持ち合わせていないため、詳細な歴史となると推測でしか語ることができない部分も多くあるのだそうだ。
以下、現在に伝わる話を中心に聘珍樓の歴史を追ってみようと思う。


聘珍樓の歴史

横浜開港資料館の発行による文献「開港から震災まで 横浜中華街」によれば、1880年代までの中国料理店は、居留地内に多数住んでいた中国人労働者のための簡易食堂的なものであったとされており、聘珍樓も創業当初はそのような形態だったのではないかと思われる。

その後、商売の対象を徐々に日本人へとシフトしていく中で、最初は中国語読みだった店名も、1910(明治43)年には現在の「Hei Chin Row(聘珍樓)」として記載されているのが、外国人居留地の会社年鑑・人名録である「ジャパン・ディレクトリー」に見られる。
 


明治~大正初期頃の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


そんな中で関東大震災を受け瓦解。この後オーナーは、創業した張(チョウ)家から鮑(ホウ)家へと変わっている。鮑氏により一時は200~300人ほどの人数を収容できる大広間を持つ大型店へと成長を遂げたものの、それもまた横浜大空襲により焼失してしまう。
 


昭和初期の聘珍樓外観(画像提供:聘珍樓)


創業当時から伝わる料理はある?総料理長へのインタビューは次のページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

中華街で車イスOK&リーズナブルで美味しいお店はどこ?

中華街の区画が斜めなのは、風水説ってホント?