検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

昔、戸塚区鳥が丘で、鳥葬という葬儀が行われていたという話を聞いた事があります。本当にあったのか事実解明と、歴史について知りたいです(てるさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

鳥が丘で「鳥葬」、またはそれに近い「野葬」が行われていた史実はないが、戸塚周辺地区には古代の埋葬地としての歴史があった

  • LINE
  • はてな

2013年04月23日

ライター:坂本 嶺

鳥葬とは?

「鳥葬」は「チャトル」と呼ばれ、おもにチベットで行われている。チベット仏教の「魂を肉体から分断し解放する」教義のためにハゲワシに遺体を食べてもらう、という埋葬法だ。現在の日本では、刑法190条の「死体損壊罪」に触れるので禁止されている。

では、日本ではこの「鳥葬」が行われていたのだろうか。

貝原益軒(かいばら えきけん) 著「続和漢名数(ぞくわかんめいすう)」などによると、江戸時代前期まで行われていた「遺体を野に捨て置く」埋葬方法である「野葬」から発生したものであるとされている。まずはこの絵を見てもらいたい。
 


「九相図(くそうず)」(画像提供:河鍋暁斎記念美術館)


「筆に遊び、時代を描ききった天才絵師」といわれる画家・河鍋暁斎(かわなべきょうさい)が描いた「九相図」である。

暁斎が生まれた江戸時代までは、自然下に遺体を葬る野葬があった、とされている。野にさらされた遺体は動物にとっては単なる「エサ」となり、犬や猫、もちろん鳥にも食べられていただろう。

しかし、その野葬の始まりや所作を詳細に記した資料はほとんど残されていない。骨すら残らないからである。
 


「九相図 下絵」(画像提供:河鍋暁斎記念美術館)。鳥が遺体をつついている


江戸時代以降、「墓石を立てて埋葬をする」という文化が浸透し始めたことにより、「野葬」という文化がなくなった、といわれている。この絵から推測すると、かなり「鳥葬」のイメージに近い。日本でも「野葬」というかたちで「鳥葬」に近い文化があったのだろう。
 


なぜ鳥が丘で鳥葬が?

では、実際に戸塚区鳥が丘で「鳥葬」は行われていたのだろうか。

かつて、平安時代の平安京(京都)には「京都七墓」と呼ばれる広大な埋葬地があり(江戸遺跡研究会編「墓と埋葬と江戸時代」参照)、その中に「鳥野辺」と呼ばれた場所があって、土葬や火葬などさまざまな埋葬が、行われていたが打ち捨てられた遺体もあったそうだ。「鳥」の字がつけられた地はかつて埋葬の地であったという話を耳にしたことがあるし、鳥が丘には戸塚斎場がある。

だが、「横浜の町名」によると「鳥が丘」の由来について、次のような記述しか見つからなかった。一つは、以前この地に「大鳥ヶ谷」「鳥ヶ谷前」と呼ばれる町名があったということ。もう一つは、鳥が丘周辺の開発を行った土地区画整理組合の名称が「鳥ヶ谷」であったことから「鳥」の字を用い、新しい町として印象づけようとしたこと。地名からは埋葬に関する手がかりを見つけることができなかった。
 


「町名の由来を解説した「横浜の町名」

ここで、実際に戸塚地域に鳥葬があったかどうかを聞きに、戸塚斎場を管理する横浜市役所へ行くことに。
 


横浜市役所7階へ


対応していただいたのは施設課の荻沼(おぎぬま)舞子さんと楠田(くすだ)祐司さん。
 


「・・・鳥葬?」と驚いた表情をされていた

「鳥が丘で“かつて鳥葬”があったと聞いたのですが、ご存知ですか?」と聞くと、お二人とも「まったく知らない」とのこと。

鳥が丘は1978(昭和53)年に土地区画整理事業で誕生した新しい土地で、戸塚斎場は1980(昭和55)年に設置されたが、設置前も火葬場であったそうだ。実際に足を運んでみれば火葬場としての歴史の手がかりをつかむことができるかもしれない。
 
 

いざ、鳥が丘へ足を運んで「鳥葬」があったか確認!・・・次のページ! 
 

 

おすすめ記事

横浜にある著名人のお墓はどこ?

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

たたりを恐れられているらしい「泣塔」ってまだあるの?

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

バリエーション多彩! 横浜にある七福神を完全網羅! vol.4

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

戦争遺跡である京急線の「旧平沼駅」は復活するのか?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

新着記事

横浜赤レンガ倉庫に「レモンサワーフェスティバル2018」がやってくる!

    • 面白かった46
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年08月16日

かつて栄えていた西区の平沼商店街。にぎわいを取り戻すための施策とは?

    • 面白かった113
    • 面白くなかった5
    • コメント6
  • 2018年08月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市家庭用ごみ分別を市民は正しく把握・実行出来ているのでしょうか?分別収集開始当初に比べて再生シス...

  • 夢が壊れそうですがキニナル。ピカチュウの中の人。暑さ対策や苦労話。劇団やダンサーの卵なのか一般人のバ...

  • 日産スタジアムにある聖火台、果たしてラグビーワールドカップや東京オリンピックにて聖火が灯されるのか?...

あなたはどう思う?

8月中もまだまだ行われる花火大会。どの花火大会を見る?

最近のコメント