検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜にこんなすごい会社があった! 第2回は日本で初めて「固形コンソメ」を開発した、富士食品工業株式会社をご紹介!

  • LINE
  • はてな

2013年09月03日

ライター:吉田 忍

世界一や日本一、日本でここだけという企業が横浜にもたくさんある。世界に名だたる有名企業もあれば、知る人ぞ知るという会社もある。
そんな企業を訪ねて、一番やここだけの製品や技術を紹介するシリーズ。「横浜のすごい会社」第2回は、スープに関して世界初や日本初の開発を行った食品会社をご紹介。



日本初の固形コンソメを開発

横浜市港北区大豆戸町(まめどちょう)に本社がある富士食品工業株式会社(資本金3735万円、従業員数1100人)。主力商品は業務用の調味料だが、一般向けに売られているものもいくつかある。中でも、ラベルに「蠣味醤(はおみじゃん)」と書かれた「富士オイスターソース」は主婦ならスーパーなどで見かけたことがある人も多いはず。
 


富士食品工業のオイスターソース「蠣味醤(はおみじゃん)」
 

国産カキから作られたカキエキスを使用した「オイスターソース極」


富士食品工業株式会社は、第二次世界大戦後いち早く日本初の固形コンソメを開発。その後も、世界で初めて麺用の粉末スープの素を作ったというスゴい会社。

しかもその開発秘話は、とてもドラマチックなものだった。
 


会社の歴史や製品について、いろいろ教えてくれた営業企画部の西川正之さん




捕虜生活の中で出会ったコンソメスープ

富士食品工業株式会社は、初代社長である松倉賢治氏が、東京・蒲田で1938(昭和13)年に粉末醤油や味噌などの非常用食品製造をはじめたことがルーツになっている。

第二次世界大戦がはじまると、松倉氏は徴兵され、東南アジアに出兵。終戦後はシンガポールで捕虜生活を送ることになった。

そこで出された食事に松倉氏は深い感銘を受ける。「コンソメスープとパン」というシンプルなメニューだった。スープのおいしさに「こんなに旨いものを食っている軍隊に勝てるわけがない」と思ったそう。

しかも、スープの作り方を見ていると、固形のものをお湯で溶くだけという簡便さ。お湯さえあればこれほど旨くて栄養のあるものを、いつでもどこでも食べられるということに松倉氏は圧倒された。
 


本社に松倉賢治氏の銅像があった


今でこそ、日本は世界をリードするインスタント食品文化が花開く国。顆粒(かりゅう)のコンソメやかつおだしだけでなく、インスタントのスープもおなじみだが、その当時、お湯で溶くだけでスープになる固形コンソメは日本人にとって、驚くほど画期的なものだった。

「なんとかしてこれを日本で再現したい」そう思った松倉氏。帰還できることになったが、固形スープの持ち出しを許してもらえなかったため、なんとかこっそり持ち出せないかと思案を重ねた。

「どこに隠したと思いますか?」西川さんがいたずらっぽく笑いながら聞いてきた。

まったく見当がつかなかったので伺うと、「実はパンツの内側なんです」と西川さん。脇腹のあたりに手を添えて、「パンツの横腹部分の内側にしっかり固形スープを塗りつけて持ち帰るという方法を思いついて、それを実行したそうです」と続ける。

確かにそこだったら、ちょっと折り返しておけば肌に触れないし、見つかりにくそうだ。

こうして固形スープを密かに隠しつつ無事に日本へ帰還した松倉氏は、さっそく持ち帰ったスープを分析し、研究を重ねる。そして、1952(昭和27)年、とうとう国産初となる「固形コンソメ」の開発に成功した。

一般向けの固形コンソメスープ発売では大手に出し抜かれたが、スープやソース、そばつゆなどの分野で研究を重ね、1958(昭和33)年、現在地に富士食品工業株式会社を設立。オイスターソース、粉末そばつゆ、コンソメスープの発売を開始する。
 


 

コンソメスープをもとにできたオニオンスープ


そしてこの年、世界で初めて麺用の粉末スープを開発し、特許を取得。1961(昭和36)年には、即席ラーメン用別添スープを開発し、国内メーカーへの技術援助をはじめた。

この時代、インスタントラーメンはすでに発売されていたが、それはチキンラーメンに代表される、麺自体にスープの素が染み込ませてあるもの。富士食品工業の粉末スープ開発で、ラーメンにはじめて別添スープの素というものが登場することになったのだ!

スープにこれだけ情熱を注いだ松倉初代社長はどんな方でしたかと西川さんに伺うと、「入社して40年近いとはいえ、設立当初のことはわかりませんが」と前置きして、「戦中・戦後と、松倉社長は食べ物で苦労したからでしょうか、ケーキをみんなで食べるようにと社員全員(当時180人)分のケーキ代をそっと渡してくれることが何度もありました。そういう人柄から、社員に広く敬愛されていたんですよ」と懐かしそうに話してくれた。

社員みんなにケーキをごちそうしてくれる社長さん。なんだか家族みたいに温かく、ほんわり優しい雰囲気が伝わってくるエピソードだ。



会社設立時、とある景色から社名が付けられたという衝撃のエピソードが!!・・・次のページ≫
 

おすすめ記事

西横浜の老舗企業「岩井の胡麻油」、その歴史に迫る!

90年以上続く酒販店で、豊富な日本酒や焼酎を試せる。酒蔵の心を伝える「福屋尾崎商店」

  • PR

横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

『太陽経済かながわ会議』、第1部の様子は?

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

新着記事

新横浜駅に暴力団の「武器庫」!? 問題のビルや周辺の様子は?

    • 面白かった9
    • 面白くなかった21
    • コメント0
  • 2018年06月21日

被害者の前に姿を現さず。振り袖業者「はれのひ」社長、異例の債権者集会欠席

    • 面白かった13
    • 面白くなかった108
    • コメント2
  • 2018年06月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

基本を理解することで、学力が伸びる。生徒と並走し、きめ細やかな個別のケアも行う学習塾「ケイスクール」

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

町の記憶を今に伝える心地良い空間に今宵も常連客が集う。南区にあるにぎわいの名店「仙や」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市営バスの平戸行きは何で片道しか運行しないのですか。帰りはどうすればいいのか。あとはどういう人が...

  • 最近海の公園や野島でアマモ?がたくさん打ち上げられているのを見かけます。今年は特にその量が多いと思い...

  • 神奈川県は自転車の損害賠償保険加入を義務付ける条例を年度内に制定を目指す方針と発表しました。確かに全...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント