ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

車橋から始まって、宮川橋、関内、杉田などに増え続けている「もつ肉店」。お店ごとの特徴やおススメメニューは何かなど、気になります!(miyukidさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

車橋もつ肉店のおいしさと安さを引き継ぎながらも、関内は2階まであり、BENTENは洋風、宮川橋はゆったりなど各店により特徴があった!

ライター:松宮 史佳 (2014年08月31日)

最近、横浜市中区を中心に増えているとウワサの「もつ肉店」。ちなみに店名は「場所+もつ肉店」となっている。店によって違いはあるの? 各店の関係は? 一体ナゼ増えているのか!? 

まずは「はまれぽ編集部」からもほど近い「関内店から行ってみよう」と思い立つ。
だがしかし! 調べてみると、店に電話がないのか、「電話番号の情報がない」。

・・・これは“必殺・突撃”しかない! と、いうことで「関内店」に突撃!



「関内もつ肉店」に突撃!

時刻は午後3時45分。JR関内駅北口から2分ほど歩き、店を探して右往左往していると、それらしき店を発見!

でも看板が見当たらない!
 


「本当にここでいいの!?」と迷っていると・・・
 

看板があった! よかった・・・


一人で“一喜一憂している間に時刻は午後4時に。店がオープンしたので中へ。開店直後なので松宮が一番ノリ!
 


壁に貼られたメニューの価格は「大体200円から300円台」


毎日通える“超庶民的な価格”。いいなあ・・・。

ここで松宮、意を決し取材を申し込むと、店長という若い男性が「いいですよ!」とさわやかに答えてくれる。
 


店長の井上慎太郎さん


井上さんによると、現在「もつ肉店」は本店の車橋・宮川橋・関内・BENTEN(旧“弁天橋もつ肉店”)・杉田の計5店舗。本店・車橋のオーナーが宮川橋も経営している」とのこと。他店は「すべて車橋で修業した方が独立し、店を作った」そうだ。

関内とBENTENは3人で共同経営。杉田はほかの方が経営している。“本店の味と超リーズナブルな価格”は受け継ぎながらも「店により雰囲気が違う」とのこと。
 


目の前で焼き上げられる品々を見ることができる「カウンター」は特等席!


支払いは前払い制。立ち飲みスタイルの「関内もつ肉店」は“和”の雰囲気が漂う。1人でも入りやすい感じ。客層は男性や女性の1人客から2~3人のグループ客まで。人数が多い時にはテーブルが広い2階がオススメ。お客さんの年齢層は「若者から60代くらいまで」と幅広い。店のこだわりは「すべてのお客さんに対して平等にする」。そのため、常連色は強くしない。その裏には「1人でも気軽に来れるように」との強い想いがあるから。
 


午後4時半を過ぎるころには1階は満席に!
 

グループで訪れる時は2階がオススメ!


店長の井上さんは本牧出身。もともとは別の仕事をしていたが、本牧の仲間に声をかけられて飲食業界へ。その後、関内店の店長になったんだそう。3年ほど前、関内店を開業したのは、同じ本牧の仲間で現在中区弁天橋にある「BENTEN」の店長を務める「茅野(かやの)さん」とのこと。
 


同じく「本牧出身」という通称“焼き隊長”が登場! お二人で楽しげに働く姿がステキ!




「関内店」のメニューを実食!

と、ここで「オススメのメニュー」という「もつ煮(300円)」を注文。食べながらお話を伺うことに。
 


ネギがどっさり! つゆもたっぷりな「もつ煮」
 

“具がもりだくさん”でびっくり! 「どうやって食べよう・・・」と悩む


・・・ひと口食べると、じゅわっとスープがほとばしる。ああ、しあわせ。こんなに食べごたえがあって300円とは・・・信じられない!

続いて「ポテトサラダ(300円)」もオーダーする。実は松宮、ポテトサラダが大好き! 飲みに行くと、かなりの割合でポテトサラダを注文してしまう。

登場した「ポテトサラダ」を見てびっくり!

 


ポテトの上にマヨネーズ&フライドオニオンが山盛り!


これは・・・初めて見た! とってもユニーク!!! どんな味なのか?

・・・“ポテト+マヨネーズ+フライドオニオン”が口の中で一体化される。おもしろい!!!フライドオニオンの食感がアクセントになり、美味。
 


人気の「シロ(150円)」左から味噌・たれ・塩


「シロ」は“ほわっほわ!”味噌はさらりと、たれはやや甘めで香ばしい。塩は一番、素材そのものの味を楽しめる。

井上さんに「他店舗も取材したい!」と言うと、早速「BENTEN」に連絡を取ってくれる。お礼を言い、会計をして早速「BENTEN」へ!
 

他店の様子は?
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事