検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

寿町は日本三大ドヤ街で有名ですが、飲食店やスナックなんかも結構目にします。格安定食屋もあるとか…ドヤ街グルメ&夜遊び事情がキニナル!!(むらさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

朝から飲めるマルキン商店、300円定食アリのさなぎの食堂、450円の弁当を売るセイワンなど、家庭的でリーズナブルな飲食店があった!

  • LINE
  • はてな

2014年09月20日

ライター:松宮 史佳

はまれぽでは何度も取り上げている寿町。だが、まだ現地に行ったことがない松宮。インターネットで情報収集を試みるが、“寿町の飲食店情報はほとんどなし”。

「寿町はどんな感じなんだろう?」「大丈夫かな・・・」と不安だが、やはりここは「突撃した方が早い!」

と、いうことで寿町に突撃!



朝飲みできる「マルキン商店」

・・・9月某日。早朝6時半から多摩川河川敷で馬の取材をした松宮。そのままJR石川町駅へ。徒歩5分ほどで寿町に到着。

時刻は午前9時半。「大丈夫かな・・・」と身構えながら歩く松宮。しかし、杖をついて歩く人や車いすに乗った人など、思った以上に年配者が多い。エプロンをつけたヘルパーさんが車いすを押す光景も見える。

 

朝の寿町は思った以上に静か
 

あまり人通りがなく、ひっそりとしている
 

ウロウロ歩いていると、スーパー&酒屋さんのような店を発見! ダメ元で取材交渉を試みると・・・「いいよ」と店主の男性。

 

取材をOKしてくださった「マルキン商店」の徳山さん
 

「マルキン商店」は創業約30年。営業時間は午前4時から午後9時まで。「なぜ早朝4時からオープンしているのか」と尋ねると、「新聞を買いに来る人がいるからね」と徳山さんが答えてくれる。客層は「簡易宿泊所に住んでいる人」。ちなみにこの辺りの簡易宿泊所の料金は「今も昔も1泊2000円ほど(by徳山さん)」。

“創業30年”というと、徳山さんは昔の様子もご存じのはず。「昔と今ではどのように変わってきたのか」と伺う。すると、「昔は飲む人が絶えなかったが今は減ってきた」とのこと。十数年前までは血気盛んな人も多く、「ケンカもあった」らしい。だが、今は寿町に住む人々の高齢化が進み、「生活保護を受けている人が多い」。そのため、ケンカもなく「特に苦労してることはないよ」と答えてくれる。

「朝はいつもこんなに静かなのか」と聞くと「今は昔よりも仕事をしている人が少なくなったから」と徳山さん。ちなみに寿町が一番活気づくのは日中の仕事が終わった後。「大体夕方ぐらいの時間帯」なんだそう。

店の人気商品はやはり酒類。「日本酒や焼酎が人気」らしい。取材中にも「赤」と徳山さんに告げ、焼酎を購入する年配の男性の姿も。

 

「タカラ焼酎(200円)」 慣れている人は“赤”“青”と色を告げ買って行く
 

工事現場などで使う“軍手を売っている”のは、寿町ならではなのかもしれない
 

店内を歩いて気づいたのは、「白いご飯が販売されている」こと。

 

「白いご飯(小:100円)」
 

丼タイプの「白いご飯」は200円
 

ふと、後ろの棚を見ると「レトルトカレーの数が減っている」。つまり、食事として「カレーを食べている人が多い」ということがわかる。

 

上から三段目の「レトルトカレー」はかなり減っている
 

そのほかに特徴的だと思ったのが“焼きそばや揚げ物、ミートボールなどのガッツリ系が多いこと”。「昔はとくに肉体労働に従事する人が多かった(徳山さん)」。なので、その名残としてガッツリメニューが多いのだろう。

 

ソースがたっぷりかかっている「焼きそば(250円)」
 

と、ナゾの揚げ物を発見した松宮。「これは?」と尋ねる。すると、「多分・・・クリームコロッケかな」と徳山さん。

 

串に刺さっためずらしい「クリームコロッケ(3本200円)」
 

ガラスケースを見ていると、「6Pチーズ」を発見! あれ!? 箱が空いており、いくつかチーズが無くなっている! つまり、バラ売りをしているのだ! 「6Pチーズ」は1個50円。“バラ売りをしている”ということは、「1人で食事する人が多い」「酒のつまみとして購入するのだろう」と想像がつく。

商品は「店の外で食べることができる(by徳山さん)」。と、いうことで懐かしい感じの「焼きそば」とユニークな串刺し「クリームコロッケ」、ボリューム満点の「ミートボール」を購入。早朝、ひと仕事終えた松宮。「今日は朝から飲んでいい」という、“自分ルール”を発動。

 

「大関ワンカップ(200円)」も追加で買うことに
 

レジに進むと・・・

 

「紋次郎いか(1本50円)」を発見!
 

これは・・・見たら買うしかない!

 

ふたを開けると「こ・れ・は! 懐かしい駄菓子のにおい!!!」
 

朝から1人で酒盛り
 

・・・時刻はまだ午前10時。

 

まだ仕事は続くが、「とりあえず飲む」
 

「んー!!!」と満足げにうなっていると、「朝から飲んでるの!?」と通りすがりのおじさん。「そう!」と飲みながら答える。と、おじさんは「好きだねー」と言い立ち去る。実は「朝飲み未体験」だった松宮。普段はできない、“ちょっとイケナイコト”をしている気分に。

 

続いて「焼きそば」を実食
 

・・・縁日で食べたような「焼きそば」の味がする。

 

「ミートボール(5個入250円)」も味はしっかりめ
 

一見ナゾな「クリームコロッケ」は食べてみると、中から豚肉+タマネギが出てきてびっくり!
 

「クリームコロッケ」というか、スナックな感じ。かなり独特でおもしろい。

 

「紋次郎いか」は“ザ・駄菓子”という味わい
 

駄菓子を食べながら“大関ワンカップ”を飲むようになるとは・・・「子どものころは思ってもみなかったなー」としみじみ。

徳山さんにお礼を言い、街へと繰り出す。



 

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 港南区から大和市へ引っ越して以来夜勤明けで朝から飲める酒屋、立ち飲み屋を探してはいるんですが、大和、...

  • 山下埠頭を見ると多くの倉庫が解体されていますが、未だに残っている建物があります。新たにIRを誘致する...

  • 「菅田羽沢農業専用地区」の広大なキャベツ畑の真ん中に、確か「緑の大地」という大きな石碑が立っていたと...

最近のコメント

アクセスランキング