ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    もうすぐ横浜環状北西線のシールドマシンが発進するようです。発進式の様子や工事の進捗状況を調査してください‼️

    エビフライチャーハンさん

    大岡川お花見クルーズ,興味あります。行けそうもないので,代わりにレポートしてくれたら嬉しいです。http://www.keihinferry.co.jp/event/ohanami2017/

    ossangenerateさん

    そろそろお花見シーズンですね。昨年、大岡川を散策した時に外人さんのいる屋台を見かけました。今年もいるのでしょうか、最近の屋台事情をレポートしていただけませんか。

    miraiさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
10位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
11位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
12位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
13位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第2弾
14位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
15位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
16位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
17位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第4弾
18位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
19位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第3弾
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
22位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
23位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
24位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
25位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
26位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第5弾
27位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
30位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
町のかかりつけ医・関内編
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年3月

横浜のココがキニナル!

市営地下鉄の延伸計画が具体化してきたようです。どのような計画で延伸されるのか、延伸によって何が変わるのか(タイサンさん、なべっちさん、浜っ子五代目さん、miyukidさん、おまさん)

はまれぽ調査結果

まだ決定ではないが、事業化へ向け調査が始まった。事業化の判断時期は未定だが、川崎市との連携を取りながら計画は進行中!

ライター:田中 大輔 (2014年10月23日)

あざみ野駅から新百合ヶ丘駅まで延伸なるか。
2014(平成26)年8月ごろから各メディアでも取り上げられている通り、あざみ野-新百合ヶ丘間をつなぐ「高速鉄道3号線の延伸」計画に大きな動きがあった。

2014年7月22日に横浜市都市整備局から発表があり、8月から翌2015年3月まで基礎調査に着手するというのがその内容。
具体的に動き出したこの大計画。調査の進捗と今後の動静を探るべく、9月18日に都市整備局を訪ねた。


すでに開始された基礎調査

対応してくれたのは、都市整備局都市交通課の國本課長と村田係長のおふたりだ。
 


市庁舎で取材に応じてもらった國本課長(右)と村田係長

 
そもそもの計画の概要をおさらいすると、青葉区のあざみ野駅から川崎市麻生区の新百合ヶ丘駅までを結ぶ路線を作ろうというもの。

現在はバス路線でつながれた両駅だが、新路線が作られれば時間にして20分ほど短縮でき、新百合ヶ丘方面から横浜市街や新幹線駅である新横浜駅へのアクセスが向上するなどのメリットが見込まれている。

また、他社線に障害が発生した場合、例えば田園都市線がストップしてしまった場合の都心と横浜の行き来や、横浜線ストップ時の小田急線方面との行き来などの選択肢が増えることにもなる。
 


整備前と整備後の計画。延伸が実現すれば鉄道網は格子状になる
(画像提供:横浜市都市整備局※クリックして拡大)

 
この計画を実行できるかどうかを見極めるための調査が始まったわけだが、その内容は「概ねのルート検討」と「地質調査・空中写真測量」といったところ。
すでに「9月の第1週と2週でボーリング調査は実施した」とのことで、剣山公園とあざみ野三丁目東公園の横浜市内2ヶ所で地質調査が行われたそうだ。

空中写真による測量はまだ行われていないそうだが、今後、川崎市域も含めた撮影がされる予定となっている。
 


おふたりは熱心に計画について話を聞かせてくれた


今回の調査の目的のひとつとして、「概算事業費の正確性を高める」ことがあると國本課長は話す。
前述の7月の発表資料によると、概算事業費は1300億円から1500億円。この数字は、過去の地下鉄建設での経験を踏まえて算出されたものだ。

概ねのルートに当たりをつけられれば距離が、地質を知ることができれば採用すべき工法が見えてくるので、それによってこの事業費が現実的にどうなのかが検討できるというわけだ。
来年度以降も継続して調査は続くそうで、その中でより正確な事業費の割り出しやルートの検討が進められていくことになる。



しかし、事業化決定はまだ先

基礎調査が始まったことで延伸に向けて大きな一歩を踏み出しことにはなるが、これがイコール事業化決定ということではない。
現時点では事業化は決まっておらず、そこに向かうために調査を開始したという段階だ。
 


市営地下鉄あざみ野駅。ここから新百合ヶ丘に行けるようになるのはいつ?

 
基本的に市は事業化をするという前提で計画を進めているが、その決定時期については「今の時点でいつまでにというのは未定です」と國本課長。
したがって、地元の人にとっては大注目の新駅が作られる候補地も、取材時点では一切挙げられていない。

2020年の東京オリンピックに合わせて、という向きもあるかもしれないが、この時期までにというのは現実的ではないという。
「事業化決定から着工までに、都市計画決定の手続きや環境アセスメントの調査などがあり数年かかります。さらに工事期間もありますから」と村田係長が話すように、今すぐ事業化を決めてもオリンピックには間に合いそうにない。
 


五輪だけでなく「なにかのイベントに合わせてというのは考えていない」そうだ

 
また、事業化が決まったとしても、同じように市内で行われている相鉄線とJR線・東急線との直通事業の進捗を見定めながら進められるだろうという。
「ふたつ同時にやるのは財政的にも難しい」そうで、そちらの様子を見ながらの進行ということになりそうだ。

というわけで、基礎調査こそ始まったが、実際に我々がこの路線を利用できるようになるのはまだまだ先のことになるようだ。


横浜市の費用負担はいくら?川崎市はどう思っているの?・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

市営地下鉄の定期券割引率が他社線に比べて低いのはどうして?

横浜市営地下鉄関内駅に2番線と4番線しかないのはなぜ?

「地下鉄」に関するキニナル