検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

今や横浜の顔『みなとみらい21』は一般公募で決まった名前だそうですが、いったい誰が応募したのですか? (きよたんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

元防衛施設庁に勤めていた、横浜市在住の荒井さんという方が命名。仕事柄、多様な施設の設計をすることが多く、その手法で通勤中に思いを巡らした名称

  • LINE
  • はてな

2014年12月13日

ライター:河野 哲弥

モノのはじまりは「名」から

突然誕生したり、ほかから切り分けられたりしたモノは、名前のない限り、「ソレ」としか認識されない。呼び名を付けることによってはじめて、他者との明確な区別ができるのである。
 


「横浜みなとみらい21」地区を命名したのは、誰なのか


さて、投稿の件を調べてみると、2012(平成24年)11月7日付「朝日新聞デジタル」の記事に、その回答があった。それによれば、かつて防衛施設庁(現・防衛省に統合)に勤めていた、荒井眞一郎(あらい・しんいちろう)さんという人が名付け親であるらしい。

同省に取材の趣旨を説明し、紹介いただけないかお願いしたところ、ご本人から「一度、お目にかかりましょう」との連絡が。そこで後日、横浜市営地下鉄「センター南駅」で待ち合わせることになった。



横浜は、「ポート」じゃないだろ、「みなと」だろ

「通勤している電車の中で、ふとひらめいたんですよ」
「みなとみらい21」のネーミングについてそう話すのは、紺のブレザーでさっそうと駅に現れた、荒井さんご本人。落ち着いて話せる場所へ移りましょうということで、ご自身が参加されているNPO法人「都筑里山倶楽部」のレストハウスへ案内していただくことになった。
 


この方が名付け親の荒井さん


「日本の各地で再開発の話が持ち上がってきた70年代から80年代というと、同じ港町でも、神戸に注目が集まっていましてね。ただし向こうは、『ポートアイランド』に『ハーバーランド』といった横文字でしょ。ここはどこなんだ、日本じゃないのかって話なんです」

端的な口調が印象的な荒井さんは横浜育ちで、小さなころから、横浜港を出港する船を見るのが大好きだったという。特に、ブラジルなどに向けた移民船がテープカットをしながら旅立つ光景には、「悲哀が強く心に残った」と話す。
 


今では、大型客船が離着岸するようになった「大さん橋」


そんな思い入れの強い横浜に、カタカナは相いれない。また、21世紀を間近に控え、未来になっても愛される街になってほしい。「横浜みなとみらい21」というフレーズが思い浮かんだのは、こうしたイメージが結晶化した瞬間であった。

それにしても、シンプルにして十分なメッセージ性があるネーミングだが、着想のヒントはどこにあったのだろう。そうたずねてみたところ、「普段の仕事でも、同じようなことをしていたんですよ」と話す。かつて勤めていた「防衛施設庁」のことだろうか。さらに詳しい話を伺うことにした。



今までに、付けた名前は数知れず

離岸する船を見送った帰り道。日本大通り周辺に点在する建築物に「重厚な雰囲気を感じた」と話す荒井さんは、憧れから建築を学び、防衛施設庁に入庁した。

「『名は体を表す』というじゃないですか。施設の機能を満たし、その目的を的確に表現するような名称や構造を考えるのも、設計の過程に含まれるんです」
 


ざっくばらんな中に、どこか筋の通った真剣さを感じる


それに、名前はよほどのことがない限り、変更されることがない。流行語などは使わず、本質をズバリと突くのが、ネーミングのコツなのだとか。

実は、横浜市営地下鉄の「ブルーライン」と「グリーンライン」の名付け親も、同じ応募が多数ある中、そのひとりが荒井さん。
この場合、他線と区別する意味や外国人利用も考慮して「ライン」が思い浮かび、そこに海辺を走る「ブルー」、緑の多い丘陵地を走る「グリーン」をかぶせていった。
 


横浜市営地下鉄は、名付け親である荒井さんの子ども!?

 
 
では、どうやってネーミングが決まったのだろう!?・・・キニナル続きは次のページ
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜の給食パンといえば「かもめパン」! 名前の由来を教えて!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

大さん橋の「象の鼻パーク」。名前の由来とできた経緯を教えて!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

【編集部厳選】GWに向けて節約! 「お得」を集めました

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【新春特別合作企画】横浜市内に猿が出たらどうなる? 

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった15
    • コメント3
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった122
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

美女は目でキマる! 「まつ毛」で”オンナ”を上げたいあなたは上大岡へ

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング