検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜の洋食文化をつくった老舗洋食店の料理人に密着取材する「横浜コック宝」。第3回は、ちょっと変!?な完璧主義者、福富町「レストラン タマガワ」店主、小澤栄太郎さん。

  • LINE
  • はてな

2015年04月04日

ライター:クドー・シュンサク

「美味しいって言ってもらえるなんてほどの幸せはないですよ。それが一番幸せ」

洋食の街、横浜。変わらない、穏やかで、それぞれの確かな思い出がつまった横浜の洋食の味。そして、その文化。
美味しい、嬉しい、いつもそばにある洋食を支え続けるコックさん。横浜が日本に、世界に誇る「横浜の洋食」を作るコックさんを、横浜の国宝としてその1日に密着し特集する「横浜コック宝」。
 


今回のコック宝は


第3回を迎える今回は、福富町「レストラン タマガワ」から愛すべきコック宝を選出。
純粋にも、こだわるにも、ぼやくにも、洋食にも、手を抜くことをしないコック、小澤栄太郎(おざわ・えいたろう)さんの1日に密着し特集。

横浜の風変わりな!? コック宝「レストラン タマガワ」3代目の愛すべきコック。小澤栄太郎さんの回です。



コック宝の1日

取材交渉の際、最初の電話は繁忙もあり「明日電話くれる? ごめんなさい」と丁寧に一方的に終話。翌日あらためて取材交渉の連絡を入れる。小澤さんは「え!? なに!?・・・コックのってねぇ・・・えー!?・・・あはは(笑)」

忙しいと話もする時間もないけど、迷惑になるかもしれないけど、それでもいいなら来てくださいとのこと。約束の日時、午前10時の少し早めに店へと向かい、コック宝がやってくるのを待つ。
 


待つこと数分
 

登場


おはようございます。昨晩、深夜1時を過ぎてから店を出たという小澤さん。少々お疲れの模様。お店に入り、密着開始。
 


ところが小澤さん


のんびり新聞を読みはじめる。くわえて「三面記事を読むんです、店では。ほかは家で見てきたんで」という、独自のルールをのんびり、何かをぼやきながら展開。

開店前は仕込みに追われるのが今までのコック宝。小澤さんはというと「必要な仕込みは前日にね、仕込んどく。でも、今日の方がいいやつは今日やる。朝より夜の方が集中力あるんでね。だから昨日も深夜まで厨房にいたんですよ」とのこと。
 


新聞を読み終え
 

仕込み開始


店に入り新聞を読んで一息。それから10時半を過ぎたころから仕込みと開店準備が始まった。それではあらためて、今回のコック宝、小澤栄太郎さんです。いつもと、趣向が違います。
 


なんでしょう


この小澤さんの風合い。肉をいきなりに持ち出すかんじ。あれ、もしや・・・ちょっとアレかなと思いつつ取材。いやはや、つかみどころ、ほぼなし。笑ったり、ぼやいたり、大丈夫かな? というのもそこそこに。いや、なかなかに。しかし、それは営業が始まるや否や、解消されることになる。それは、のちほど。
 


仕込みが
 

始まる


「レストラン タマガワ」の3代目コックである小澤さん。初代が祖父、先代は父と、親子三代で店を守ってきた「レストラン タマガワ」。小澤さんは高校卒業後に和食の道へ。先代から「戻ってきて1年でウチの店の味を覚えられるように」と言われ、6年間和食の店で修業。24歳の時に「レストラン タマガワ」へ戻り、翌年25歳から、3代目コックとして、ひとりで店を切り盛りすることに。
 


仕込み中は笑顔とぼやきが絶えない小澤さん
 

コック服に着替え、営業前の仕込みを仕上げにかかる
 

コック服になると
 

雰囲気が変わった


どちらかというと、タラリとしたのんびりムードの約1時間であったが、開店が迫りコック服に着替えてからはピリリとしたムード。らしく、コック宝らしく、コック宝然としてきた小澤さん。それまでは、ちょっと変なおじさん。
 


「レストラン タマガワ」
 

営業開始


ここからコック宝による、圧巻の厨房さばき。
 
 
開店直後から店内はほぼ満席に≫
 

おすすめ記事

「横浜コック宝」 老舗「洋食キムラ」編

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

「横浜コック宝」 真金町「トルーヴィル」編

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

GWも飲める野毛周辺の「穴場」スポットを教えて!

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

  • PR

横浜で楽しくビールが飲めるところはどこ?

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった8
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった189
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

走ることが自己表現だった、あの頃・・・当時のバイクをビンテージとして復刻する「スキャン」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

肉の聖地から直送される高級和牛を富士山の溶岩石グリルで提供「和牛&Seafood Micio」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント