検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

5月30日(土)、31日(日)、6月2日(火)と3日間開かれた「第34回横浜開港祭2015」。最終日の様子はどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

約4000発の花火が「第34回横浜開港祭2015」のフィナーレを美しく飾った!

  • LINE
  • はてな

2015年06月03日

ライター:吉田 忍

5月30日(土)から31日(日)、6月2日(火)と全3日間行われていた「第34回横浜開港祭2015」。最終日の目玉は何といっても約4000発の花火ということで、わくわくしながら臨港パークに向かった。



最終日の様子は?

 

前日まではすごく暑かったが、当日は風もあってさわやかな一日
 

花火は後半に写真でたっぷりとご紹介。まずは会場をひとめぐりしてキニナったブースや、素敵な来場者をご紹介しよう。

2015(平成27)年も美人ぞろいの横浜開港祭親善大使のみなさんから。

 

何も言わなくても、並び方、ポーズ、笑顔がバッチリ決まる。すばらしい
 

次に見つけたのは、ゆるキャラ。

 

左から「キャプテンなみ丸」「海月七海(うみづきななみ)」「サニーラダー」
 

J-CREWプロジェクトというブースで、海運業の船員を増やそうという目的で船乗りの仕事をアピールしている。
実際の船員さんたちがスタッフだとのことなので、女性の船員さんにインタビュー。

 

二等機関士のこずえさん
 

こずえさんは、オーストラリアから石炭や鉄鉱石を運ぶ船の二等機関士。海が好きで機械も好きだったので、この仕事に就いたという。
 
「自分が担当する機械が決まっていて、その整備計画からメンテナンスまで全て自分がやるので、とてもやりがいがある仕事です」
 
6ヶ月間連続で乗船勤務して、その後3ヶ月休みというような勤務形態なのだそう。
「洋上では夕日や星がとってもきれいなんです」とこずえさん。

こんな話を幼少期に聞くと、船乗りという職業に夢を抱いたかもしれない。

続いて、今回初めて開港祭に参加した茨城県をアピールするブース。

 

いばらき夢ガイドの菊池結衣さん
 

「今の時期、茨城県で行ってほしい場所は『保和苑(ほわえん)』です。紫陽花(アジサイ)が見事ですよ」とのこと。おすすめの食べ物は生産量日本一のメロン、海の幸、そしてもちろん納豆。

菊池さんに、逆に横浜の魅力を聞いたら「観光地がぎゅっと集まっていて、ショッピングもできて楽しいところですね」との嬉しいお言葉をいただいた。

お次はビール。

 

横浜ベイブルーイングのナオちゃんとまーちゃん
 

毎年チェコに行って本場の味を学び、チェコスタイルのビールを作っているという、横浜ベイブルーイング。

まだ4年目の会社だが、チェコのビール大会で優勝したとのこと。
中区福富町に醸造所を兼ねたビアパブがあるので、飲んでみたい方はぜひ。

会場を取材して回っている間、メーンステージではずっとライブが行われているのだが、耳を奪われる曲が聞こえてきた。

 

大勢の観客を前にずっと続いているコンサート
 

耳を奪われたその歌詞は「シューマイ、おいしい、シューマイ、おいしい・・・」
「シュビドゥバ」というミュージシャンのようだ。「恋はシウマイ」「I LOVE シューマイ」という曲があるらしい。

 

シュビドゥバのステージ
 

聞いているとシューマイがどうしても食べたくなってきたので、崎陽軒のブースへ。

 

崎陽軒のシウマイ弁当を購入
 

今日だけで約1000個の弁当を用意しているとのお話だった。
 
 
 
ステージでは思わぬサプライズが!

筆者はシウマイ弁当の杏は最後に食べるタイプ。甘い味をゆっくりと楽しんで一息ついていると、ステージからこんなアナウンスが。

「50万円の協賛金を払って、この場所で公開プロポーズする方がいらっしゃいます」

なに? それは近くで見なければ。

ステージで、勇気ある男性ハギワラさんが公開プロポーズをすることが紹介される。

「生まれてから31年間この街に住んでいます。海が好きで、彼女も海が好き、それで応募しました」とハギワラさん。
「お相手の方には、事情を伝えず来てもらっている。今、はじめてプロポーズされることを知ってびっくりしているはず」と司会者。
会場のわきで「こちらにいらっしゃいます」との声。

係員に誘導される彼女。驚きのあまり顔に手を当てて呆然としながらステージに。
会場の空気はいきなりヒートアップし、どよめきが起こる。そして・・・

 

片膝をついて愛の言葉をささげるハギワラさん
 

「愛してます。結婚してください」
 
固唾を飲んで見守る数千人・・・

「はい、よろしくお願いします」
 
会場はどよめき、大騒ぎ。

 

指輪を彼女の指に
 

「彼女は料理が上手なんです。いつも優しく支えてくれる存在です。出会った時から結婚を意識していました。明るく楽しく、笑顔あふれる家庭を築きたい」
 
「プロポーズまだかなぁと思っていました。うれしいです」公開プロポーズを受けたのはミホさん。
 
会場からは、お決まりの「キス、キス」の大合唱。すると・・・

 

まあ、なにも言うことなしですね。 お幸せに・・・
 

さて、シウマイ弁当も、公開プロポーズもご馳走様でしたというところで、残すは花火・・・なのですが、花火と言えば浴衣美女。夏の花火大会に比べると少なかったけれど、見つけた浴衣カップルをご紹介。

 

ユウキ君(左)とビビちゃん
 

ビビちゃんはイタリアから日本語を勉強するために留学中。バイト先でユウキ君と出会ったという。

「ユウキは、とても優しくて、イケメンでしょ」とビビちゃん。3度目のご馳走様です。

 

フミヤ君(左)とまゆちゃん
 

一緒に選んだ浴衣で来たふたり。付き合って2年の学生さん。

そろそろ薄暗くなってくると、市長と千人コーラス隊による横浜市歌の合唱。

 

市長と千人コーラス隊(一部)
 

さて、そろそろ暗くなってきてお待ちかねの花火。


 
 

はまれぽ編集部のイチオシ

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング