ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

9月17日にオープンした日清の「カップヌードルミュージアム」はどんな施設ですか?(なち☆さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

子供たちが「クリエイティブシンキング」を体験できる、体験型食育施設です。
自分だけの「マイカップヌードル」なども作ることができます。

ライター:河野 哲弥 (2011年09月17日)

「メイド・イン・ジャパン」。

そんな言葉を久しく聞くことのできなかった日本で、世界に誇ることのできる食文化を発信する体験型食育施設が、9月17日、みなとみらい地区にグランドオープンしました。

それが、「カップヌードルミュージアム」。

はたしてどんな施設なのか、見どころは何なのか…。
そこで、一般公開に先駆けて16日に行われたレセプションの様子をレポートしてみます。

これから行こうとしている方も、まだどうしようか悩んでいる方も、是非参考にしてみてください。
 


中区新港2丁目にオープンした、同施設外観




その目的は、未来の発明家を育てること

内覧に先立ち、運営元である日清食品ホールディングス株式会社(以下、「日清」) による合同記者会見が開かれました。
 


冒頭の記者会見で施設の目的を話す、同社CEOの安藤宏基氏(左)
 

同施設をプロデュースした、佐藤可士和氏


施設を貫くコンセプトは「クリエイティブシンキング」。
未来の日本を担う子供たちに必要なのは創造的思考なのだとか。

このため、特に小学生を中心とした子供たちに、今や世界で年間約1,000億食が消費されているインスタント麺の発明者、「安藤百福(ももふく)」氏のようなベンチャーマインドを身につけてほしいと建てられたのが、この「カップヌードルミュージアム(正式名称:安藤百福発明記念館)」なのです。

その詳細は、館内の様子を見ながらご説明していきます。



2Fは「クリエイティブシンキング」のフロア

一階の受付を終えると最初に通るのが、この「インスタントラーメンヒストリーキューブ」。
 


約3,000食のカップラーメンなどが並ぶ「ヒストリーキューブ」

 
1958年に初めて作られた「チキンラーメン」を皮切りに、日清 の製品以外のものも年代順に並べられています。
その数はなんと3,000食。一年の間に誕生する新製品は日清だけでも約300種、他社でも約800種あ り、これでもほんの一部なのだとか。
 


「チキンラーメン」が誕生した「発明小屋」
 

大胆な発想の源、「クリエイティブシンキング ボックス」


さて、インスタント食品の生みの親安藤百福氏は、誰もが考えつかなかった大胆なアイデアを、どのようにして実現したのでしょうか。そのヒントとなるのが6つのキーワード。

「まだないものを見つける」からはじまり、「なんでもヒントにする」、「アイデアを育てる」、「常識にとらわれない」、「タテ・ヨコ・ナナメから見る」、最後に「あきらめない」と続きます。

2Fには、そのそれぞれをモチーフとした展示が繰り広げられています。
 


一見、カップヌードルのオブジェのようだが・・・
 

メッセージが隠されている(着色は画像処理)


この「creative (クリエイティブ)」の他にも数々の単語が発見できるはず。

他にも触ると陰が動き出す仕組みや、「NEVER GIVE UP」の精神を発揮した世界の有名人のコーナーなど、五感で体験できる6つのボックスがあります。


手作りチキンラーメンやマイカップヌードルに挑戦!次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事