検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

7月14日、戸塚区「八坂神社」の例大祭当日の様子は?

ココがキニナル!

昨年、露店の出店が中止となった7月14日の戸塚八坂神社例大祭。昨年取材をして頂きましたが、今年は露店が復活するそうです。色々と気になるので、是非取材をお願い致します(みゆみゆさん)

はまれぽ調査結果!

例大祭と同日に地元有志が企画した「とつか夏祭り」を実施。露店の規模は2014年と同規模の約250店。来場者は「露店があるほうがいい」の声が多数

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

新しい祭り



横浜市の指定無形民俗文化財で、無病息災などを祈念して行われる戸塚区戸塚町「八坂神社」の祭礼「お札まき」が、例年通り7月14日に行われた。
 


「お札まき」が行われた八坂神社
 

ミュージシャンの川戸昌和(かわと・まさかず)さんの姿も
 

午後5時過ぎ、島田髷(しまだまげ)を被り、女装した踊り子が登場。踊り子を取り囲むように人の輪ができると、踊り子衆の音頭に合わせてお札がまかれた。
 


女装した踊り子衆
 


来場者の無病息災を祈る
 

無病息災を願い多くの人が詰めかけた「お札まき」

戸塚在住30年で、初めてお札まきに足を運んだという松本さん夫妻は金婚式を迎えた中学校の同級生。旦那さんが大病を患ったといい、「体が動くうちに来たいと思っていた。無病息災のご利益があるというし、元気ならば来年も再来年も来たい」と話してくれた。
 


来年もお会いしましょうね!
 

お祭りと言えば、焼きそばのにおいに金魚釣りや射的で遊ぶ子どもの笑い声が思い浮かぶ。

しかし、2015(平成27)年は戸塚警察署から道路使用許可範囲の縮小要請があったことなどもあり、露店を取り仕切る「横浜イベント商業組合」などが検討の末、露店の出店を取りやめた。
 


例年100店近い出店がある路地も閑散としていた(2015年7月14日撮影)
 

露店の出店取り止めを受け、地元の飲食店をはじめとする「戸塚宿ほのぼの商和会(千葉賢二〈ちば・けんじ〉会長)」の有志が自分たちの店の軒先で屋台を出店する「ほのぼの祭」を実施。千葉会長によると、約2万人の来場があった。
 


子どもたちは楽しそうだった
 

はまれぽの取材でも「地元の商店街が頑張ってくれるなら応援したい」「今までで一番の祭り」という来場者からの声もあったが、警察による道路使用許可を得ずに私道を利用しているため、車と歩行者がすれすれという場面が何度も見受けられた。
 


警備ボランティアは「いつ事故が起きても不思議じゃない」と話していた
 

一方、正午ごろ八坂神社に参拝に訪れていた70代の女性は「日にちを間違えたのかと思った」と話していたし、「露店がなくなるのは寂しい」との声も上がった。