検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

夏なのでおいしいうなぎが食べたいのですが、横浜市内でおすすめの老舗のうなぎ屋さんはありますか??(海苔巻き大臣さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

うなぎ坂東太郎を扱う新横浜の「スズキ」とオープン直後からかば焼きが売れまくる磯子の「小島家」へ突撃

  • LINE
  • はてな

2016年07月17日

ライター:カメイアコ

さぁ来たる7月30日。今年もこの日がやってくるのかと待ち遠しい人もいるのではないだろうか。そう、土用の丑の日である。一説によると名コピーライターの平賀源内氏が暑い日に「う」のつく食べ物を食べて精をつけよう、と宣伝したのがきっかけで生まれた江戸時代から続く習わしなのだそう。
  


「精をつけよう」by平賀源内(フリー画像より)
 

そこで、今回は横浜市にあるうなぎ屋さん2店舗をご紹介。駅から少し離れた穴場の名店、1948(昭和23)年から続く老舗店「小島家」と、養殖うなぎの最高峰と呼び声高い“坂東太郎(ばんどうたろう)”を扱う「スズキ」に突撃取材を行った。
 


歌舞伎役者ですか? いいえ、うなぎです
  


新横浜駅から徒歩5分
 

本当にこんな場所にうなぎ屋さんがあるのだろうか
 

坂を上り、住宅の多い道を通り抜けると、お目当てのうなぎとスッポン料理を提供する「スズキ」が見えてくる。なんでも、新幹線に乗って同店のうなぎを食べにくるというお客さんもいるほど超人気店らしいのだ。
  


御食事処「スズキ」
 

うなぎ坂東太郎???
  

1989(平成元)年開業の同店は、坂東太郎という養殖ブランドうなぎを扱っている。天然に近い味になるようにストレスのない環境で、えさにこだわり育てられる。天然うなぎが獲れにくい昨今、この坂東太郎は救世主。ファンも多いという。
   


店主の鈴木ケイジさんとユキコさん
 

ケイジさんは開店から閉店まで、ずっと炭と板の前で作業を続ける。ウナギうなぎを捌(さば)いて串に刺しては、焼きを繰り返す。ウナギうなぎとスッポンを扱う店で修業をし、ウナギうなぎ歴は40年以上という職人だ。
   


黙々と作業し、美しい開きがどんどん出来上がる
 

店内には掘りごたつのテーブルが6つ
 

昼も夜も予約客でいつもいっぱいになるという。お店に伺う際は、電話予約をしてからがベターである。そして、ランチタイムの注文は午後1時5分まで! うなぎは注文を受けてから捌くため、テーブルに着丼するまでに40分はかかるのだ。うなぎ好きであれば、この待ち時間すらも醍醐味である。
  


一品料理の提供もある
 

ランチの「うな丼」のうなぎは坂東太郎ではを使用していないため、手軽にウナギうなぎを食べられる。坂東太郎を食べたい場合は、「坂東太郎のうな重」で注文しよう。
  


注文が入ってから、ユキコさんが生け簀から坂東太郎を取り出す
 

ようこそ、太郎さん。よろしくね
 

そしてこのうなぎをご主人の元へ連れて行き、職人技ですばやく捌いていく。うなぎ包丁の刃を入れると、うなぎが天に昇る龍のようにのけぞる。すっかり切り身になってしまった後でも、頭や肝は動いているほど生命力が強い。なるほど、これがうなぎは精が付くという所以なのか。
 


紀州備長炭の上で、まずは白焼に
 

そして、身をしっとりふっくらさせるために蒸しの作業へ移る。最後に秘伝のタレをつけて焼いて完成だ。
 


壺に入った秘伝のタレ。これだけでご飯いける・・・
 

こうして手間ひまかけて焼かれた坂東太郎が、こちらのテーブルにやってくる。
 


坂東太郎のうな重(梅)肝吸い付、2570円
 

太郎先輩、めっちゃ輝いてるっす!
 

箸を入れた瞬間から、身のふっくら感がわかる
 

うわーやられたー
 

もうね、おいしいよ。おいしい。太郎さん、めっちゃおいしいって。それしか言えないよ。身がしっとり、ふっくら、ドロ臭さもない。歯なんか使わなくても、舌の上でとろけていく。身の詰まりがよく、隙間も一切ない。もうびっしり。びっしり詰まってんの。

編集部・山岸も「あぁ、太郎さんが『俺を食べて、仕事頑張れよ』って言ってくれている」とうっすら涙を浮かべていた。
 


肝吸いもゆずの香りが良く上品
  

このボリュームで2560円とちょっと心配になるくらい安い。これで「しかも普通サイズ」だ。この上に更に「、大」「、極厚」と続く。ウナギうなぎの仕入れ状況で大きなサイズは注文できない場合もあるのでそこは臨機応変に楽しんでほしい。
  


ランチの白焼丼(1250円)
 

わさび醤油をかけていただく
 

お米は新潟産コシヒカリを使用。大盛り注文も可能だ。白焼丼は初めて食べたが、香ばしく焼かれた皮目とわさび醤油で箸が進んだ。さっぱりしたものを食べたいけど、元気出したい! なんて日は白焼丼がおすすめだ。
  


生簀の太郎さんたちに御礼を言ってお店を後に
 

同店のうなぎを食べて、本当の意味で「ごちそうさま」を言えた気がする。坂東太郎。すごくおいしかった。また食べに来るよ。ありがとう。


磯子のお値打ちうなぎ!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

うなぎの老舗「横濱八十八」が復活したって本当?

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

横浜で50年以上続く老舗うなぎ屋さんを教えて!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

三渓園のとなり合うおでん屋さんのおでんの味が全然違うってホント?

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった34
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった32
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

終電を逃しても安心! 温泉、サウナ、宿泊、朝食がついて3080円の湘南平塚「太古の湯」で極楽を

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント