ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜の中華街に美女と野獣のカフェ&レストランが出来たらしい/すごく素敵なお店らしく、フランス童話なのに何故中華街?というツッコミは置いといて是非とも取材して欲しい(eglさん/黒くてもシロッコさん)

はまれぽ調査結果

中華街のレストランカフェ「Beauty & the Beast」では、入店した瞬間から童話『美女と野獣』のヒロインになりきれる。カジュアルフレンチも絶品。

ライター:山崎 島 (2016年11月23日)

多くの女性は幼いころ「大きくなったらお姫様になるんだもん!!」とおしゃまなことを言っていたんじゃないでしょうか。山崎の小さなころの夢は「世界を思い通りにしたい」。七夕の短冊に書いて母をドン引かせたそうです。地味で暗いので説得力があったのでしょう。

世界征服の夢は難しいが、お姫様になる夢なら中華街にかなえてくれるレストランがあるらしい。なんでもフランス童話の『美女と野獣』の世界に浸れるとのことで、やたら気合いを入れている編集部・小島と行ってきた。



私はベル私はベル私はベル・・・
 


JR根岸線石川町駅から徒歩約5分


今回調査するお店は、こちらのビルの地下1階
 

看板も出てますね

 
新築なのかひときわ明るく清潔な建物だが・・・果たして本当にこの地下に童話の世界が広がってるの? 見慣れた中華街の景色の中、突然さあ物語の入り口です、って言われても・・・でも『おむすびころりん』のおじいさんもそこら辺の穴に落ちたらすごいことになってたし、小島もずっとそわそわしてるし、いざゆかん。
 


緩やかにカーブした階段を下りると


 
べ、別世界への入り口? 何かが始まる予感が溢れんばかりのドアが立ちはだかる。地上の喧騒も遠く、扉の向こうからかすかな音楽が聞こえてきて、これは、これは・・・!?

 

扉の前にはこんな文章が

 
「あなたはベルです」、きっぱりと言い切ってくれている。これは『美女と野獣』のヒロインのベルになり切って入らないと罰が当たる気がする。「私はベル私はベル私はベル・・・」と自分に言い聞かせながら扉を開けると・・・

 

おおお


別世界

 
そこは確かに別世界でした。ヨーロッパの古い石造りの建物を彷彿とさせるエントランス、その奥にはまた違う雰囲気の部屋が続いている。何よりも扉を開けると我々が来るのを知っていたかのように出迎えてくれる店員さんが存在感大で、ふっとこのお店の物語に誘ってくれるよう。取材の旨を告げると「野獣の部屋」へと案内された。

 

こちらが「野獣の部屋」

 
豪華だけどもどことなく寂しい印象の個室。入り口には「100年もの間、野獣が孤独に過ごした部屋」という物語がかかれたポスターがかけられていた。

 

部屋のいたるところに細かい工夫があり、物語の雰囲気を醸し出している

 
細部まで作り込んだ空間に圧倒されていると、この日お話をしてくれるオーナーさんがご登場。

 

神山洋幸(かみやま・ひろゆき)さん

 
物語の中から抜け出してきたんじゃないですか、というようなすらっとした見目麗しい神山さん。一方・・・

 

ちょっとあんた何してくれてんの!!

 
エントランスを撮影しに行ったはずの小島が全身金タイツで帰ってきた。なにこれ聞いてないよ!! 「いやあ、ギャップがあった方が良いかと思って」とはにかむ小島。いやいや、お店に申し訳ないから。

なんかごめんなさい・・・必死に謝ると神山さんは「大丈夫ですよ。面白い編集部ですね」と笑ってくれた。

 

こんな格好の小島にもやさしく対応してくれる、心が広い神山さん

 
申し訳なさを通り越し怒りすらこみあげてきたが、小島には後で編集部の偉い人から制裁を加えてもらおう。さっそくお店についてお話を聞いた。

同店がオープンしたのは2016(平成28)年8月10日(野獣の日)。フランス童話『美女と野獣』をモチーフにしたカフェレストランとして開業した。元々グラフィック関係の仕事をしたり郵便局に勤めたりしていた神山さんだが、「自分の飲食店を持つ」というのが長年の夢だったそう。

その夢が膨らんで2年前に海老名市の飲食関係の会社へ転職し、お店を出すにあたっての修行を始めた。修行をしながらお店の構想を練り、いろいろと準備をしていたという。

 

ふむふむ、ふふうふふ

 
何故『美女と野獣』を取り上げたのかと聞くと「日本には物語や映画をコンセプトにしたレストランはたくさんあるのですが、“美女と野獣”のお店はまだありませんでした。とても人気がある物語なので、僕はこれで行こうと思ったんです」とのこと。

お店の方向性が決まって間もなく、ディズニーで『美女と野獣』の実写映画や遊園地内のアトラクション化が決まった。「ここはあくまでもフランス童話をモチーフにしているのですが、ディズニー版の作品を求めてこられるお客さんのイメージを壊さないようにしています」と神山さん。

 

ディズニーファンも裏切らないような小物を置いている

 
「小さなテーマパークのようなお店にしたかった。モットーは『Give the dream in food』、食事の時だけでも現実を忘れ、夢の世界を過ごしてほしい、という願いを込めています。ストレス社会の中で、ここに来ればワクワクとドキドキを思い出せる、そんなレストランにしたいです」と神山さん。

お店の造りからスタッフさんの対応まで、全て徹底しているのには、そんなあたたかい思いがあるのですね。

 

部屋のベルを鳴らすとスタッフが来てくれる
 

でも何故、中華街にフランス童話なんでしょう。「もともと横浜で物件を探していて、たまたまこの物件を見つけたんです。この店はコンセプトがかなりはっきりしているため、通りがかりに寄る、というよりもここを目指していらっしゃる方が多い。中華街で観光し、ワクワク感を高めてからご来店なさるのは、2倍楽しいのでは、と思います」

「それに、この物件は昨年リノベーションしたばかりで、とても明るくて雰囲気が良く、中でも階段が気に入っています。地下へ降りるにつれて、物語の世界へ入るような感覚になってもらえるのでは」とのことだった。なるほど合点です。
 
 
こだわりが光るフロアに、おいしいディナー・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事