ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅近くの奈川銀行本店横の小道にアートペイントが施されています。キニナルのはペイントと一緒に「長者町小唄」という歌の歌詞が書かれています。「川面に映るネオン街 歩めばはやる心うた(中略)異国...

    横濱マリーさん

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急の三崎口駅周辺の開発事業の際、三浦メダカの生息地の「三戸地区・北川」が埋め立てられました。油壷マリンパークで飼育しているようですが、もう天然物の三浦メダカは絶滅してしまった?(まさしさん)

はまれぽ調査結果

京急電鉄が三浦市内に所有するビオトープで暮らしているメダカがいる。稚魚も確認でき、メダカが生きていく上で必要な環境が整いつつある

ライター:田中 大輔 (2017年05月27日)

三浦メダカの唯一の自生地であった三浦市初声町三戸(はっせまちみと)地区にあった北川湿地は、2010(平成22)年4月に始まった京急電鉄による開発事業で消滅してしまった。

住みかを失った三浦メダカたちは、キニナルにある京急油壺マリンパークなど、いくつかの施設で飼育が行われているため、絶滅はしていない。
 


マリンパークでは飼育されている
 

しかし、「自然環境の中で暮らす三浦メダカ」はもう残っていないのだろうか、という今回のキニナル。神奈川県のレッドデータブックでは「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」とされている、三浦市の野生メダカの状況を取材した。



三浦メダカってどんなメダカ?

その前に、そもそも「三浦メダカ」とはどんなメダカなのか、という話を少しだけ。

現在の分類では、単に「メダカ」という種名の魚はおらず、日本にいる野生のメダカは「ミナミメダカ」と「キタノメダカ」の2種に分けられている。

2012(平成24)年以前は両方、一緒くたに「メダカ」とされていたので、知らない人も多いだろう。関東地方に生息しているのは、このうちの「ミナミメダカ」の方だ。
 


ミナミメダカ。どこにいたメダカかは後ほど
 

話題の三浦メダカも種としてはミナミメダカで、「三浦メダカ」という独立した種は存在しない。同様に、横浜メダカや藤沢メダカなどの地名を冠したメダカもミナミメダカだ。じゃあ何が違うのか、と言うと、その違いは遺伝子レベルの話になる。

これはメダカや魚類に限ったことではないが、同じ種の動物であっても離れた地域に住んでいると、遺伝的な特性が変化することがある。

見た目にはなんの違いも見当たらないけれど、遺伝子を分析すると、その場所に住んでいる個体たちだけにある「三浦らしさ」や「横浜らしさ」を持ったメダカが見つかるというわけ。
 


こちらが横浜メダカ。見た目には普通のミナミメダカ
 

こういった地域ごとのグループを難しい言葉では「地域個体群」と呼ぶため、「三浦市のミナミメダカ地域個体群」というのが三浦メダカの正体ということになるのだ。

ちなみに、小学校の授業などに登場する黄色がかったメダカは「ヒメダカ」というメダカで、人の手が入ったものだ。
 


学校やペットショップでよく見るのはこのヒメダカ(Wikimedia Commons)
 

また、野生メダカのことを俗に「クロメダカ」と呼ぶが、これはホッキョクグマを一般にシロクマと呼ぶのと同じこと。ただし、品種改良によって人為的により黒い色を出した「クロメダカ」もいるので注意が必要だ。



絶滅してない! 三浦メダカは池の中

さて、三浦メダカを取り巻く現状に話を戻そう。結論から言うと、野生環境に生きる三浦メダカは絶滅していない。
 


草の陰からコンニチハ。野生環境で暮らす三浦メダカ登場
 

前述の通り、2010年に始まった開発事業によって、三浦メダカの自生地だった北川湿地はなくなってしまった。開発事業の是非についてここでは触れないが、北川湿地にメダカが住めなくなってしまったことは事実だ。
 


赤丸のあたりが「北川湿地」と呼ばれていた場所(Googleマップより)
 

とは言え、京急だって何も考えずに動植物の住みかを人間用に造り変えているわけではない。

一般にはあまり知られていないが、京急では北川付近の所有地をビオトープ(=生物が住みやすいように環境を整えた空間)として整備して、北川生まれの動物たちを引っ越しさせることで保全する取り組みを行っている。

現在、そのビオトープは復元のデータを取る段階にあるため、一般には公開されていない。そのため詳細な場所も秘密ということで、悪しからず。
 


緑にあふれるビオトープ。池などが点在している
 

今回は、2017(平成29)年5月中旬に行われたビオトープでの調査に同行させてもらい、野生の三浦メダカたちの現状を追った。

調査の参加者は、神奈川県水産技術センター内水面試験場、三浦メダカの会、そして京急から現地の管理を委託されている新日本開発工業株式会社の三者。内水面試験場は、県水産技術センターの組織で淡水域に関する研究を行っている試験場だ。
 


相模原市にある同試験場(ホームページより)
 

この調査には主任研究員である勝呂尚之(すぐろ・なおゆき)さんらが参加。勝呂さんは京急が保全活動に伴い立ち上げた専門家委員会にも名を連ねる水産学のエキスパートだ。

三浦メダカの会は、三浦の魚を知る会を母体に持つ団体で、2000(平成12)年に北川の開発計画が持ち上がった際に専門家とともに調査を行い、その後三浦メダカの会として、三浦市内の野生メダカの保全や啓蒙を行っている。今回は同会から西垣さんら複数のメンバーが参加した。


海洋生物の宝庫!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事