ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧山頂公園は、ひそかに心霊スポットとしても知られていますよね。実際、霊感のある人がたまたま夕方~夜に歩いて「二度と行きたくない」と言ったという話を聞いたことがありますし、毎年のように「また自殺者が出...

    濱俊彦さん

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
キュートな花柄が似合うセクシー系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編】
4位
「ピカチュウ大量発生チュウ!」のイベント名に偽りなし! ポケモン開発者と歩くイベントレポート2017!
5位
『ポケモン』開発者、横浜・東戸塚出身の増田順一さんにクリエーターの原体験をインタビュー!
6位
透明感ある美白美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編】
7位
意外な穴場を発見? 県外の人に横浜を案内するならどこ?
8位
芸者が働く「花街」が井土ヶ谷の住宅地にあったって本当!?
9位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
10位
こんがり焼けた肌が健康的な水着美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第2弾】
11位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
12位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
13位
【はまれぽ名作選】ゆずの「夏色」に出てくる「長い長い下り坂」って本当に長いの?
14位
まさかの展開!? 横浜DeNAベイスターズ夏の一大イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」をレポート!
15位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
16位
今年の夏、横浜赤レンガ倉庫がサバンナに変わる! きょうから始まる「RED BRICK Paradise」をレポート!
17位
【編集部厳選】穴場? 隠れ家? お盆で人がいない今がねらい目なグルメスポット!
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
色鮮やかな水着を着こなすセクシー系女子が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第2弾】
20位
高さ13メートル! 横浜・八景島シーパラダイスに誕生した日本最大級の立体迷路を体験!
21位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
22位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
23位
横浜のソウルフード・崎陽軒のシウマイで、目指せギネス世界記録(TM)! 「シウマイリレー」にチャレンジ!
24位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫で炎と水の噴水ショー!
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
27位
【はまれぽ名作選】京急日ノ出町駅の近くに滑走路があったって本当!?
28位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
【編集部厳選】あのぉ、ここ、お店ですよね?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急の三崎口駅周辺の開発事業の際、三浦メダカの生息地の「三戸地区・北川」が埋め立てられました。油壷マリンパークで飼育しているようですが、もう天然物の三浦メダカは絶滅してしまった?(まさしさん)

はまれぽ調査結果

京急電鉄が三浦市内に所有するビオトープで暮らしているメダカがいる。稚魚も確認でき、メダカが生きていく上で必要な環境が整いつつある

ライター:田中 大輔 (2017年05月27日)

三浦メダカの唯一の自生地であった三浦市初声町三戸(はっせまちみと)地区にあった北川湿地は、2010(平成22)年4月に始まった京急電鉄による開発事業で消滅してしまった。

住みかを失った三浦メダカたちは、キニナルにある京急油壺マリンパークなど、いくつかの施設で飼育が行われているため、絶滅はしていない。
 


マリンパークでは飼育されている
 

しかし、「自然環境の中で暮らす三浦メダカ」はもう残っていないのだろうか、という今回のキニナル。神奈川県のレッドデータブックでは「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」とされている、三浦市の野生メダカの状況を取材した。



三浦メダカってどんなメダカ?

その前に、そもそも「三浦メダカ」とはどんなメダカなのか、という話を少しだけ。

現在の分類では、単に「メダカ」という種名の魚はおらず、日本にいる野生のメダカは「ミナミメダカ」と「キタノメダカ」の2種に分けられている。

2012(平成24)年以前は両方、一緒くたに「メダカ」とされていたので、知らない人も多いだろう。関東地方に生息しているのは、このうちの「ミナミメダカ」の方だ。
 


ミナミメダカ。どこにいたメダカかは後ほど
 

話題の三浦メダカも種としてはミナミメダカで、「三浦メダカ」という独立した種は存在しない。同様に、横浜メダカや藤沢メダカなどの地名を冠したメダカもミナミメダカだ。じゃあ何が違うのか、と言うと、その違いは遺伝子レベルの話になる。

これはメダカや魚類に限ったことではないが、同じ種の動物であっても離れた地域に住んでいると、遺伝的な特性が変化することがある。

見た目にはなんの違いも見当たらないけれど、遺伝子を分析すると、その場所に住んでいる個体たちだけにある「三浦らしさ」や「横浜らしさ」を持ったメダカが見つかるというわけ。
 


こちらが横浜メダカ。見た目には普通のミナミメダカ
 

こういった地域ごとのグループを難しい言葉では「地域個体群」と呼ぶため、「三浦市のミナミメダカ地域個体群」というのが三浦メダカの正体ということになるのだ。

ちなみに、小学校の授業などに登場する黄色がかったメダカは「ヒメダカ」というメダカで、人の手が入ったものだ。
 


学校やペットショップでよく見るのはこのヒメダカ(Wikimedia Commons)
 

また、野生メダカのことを俗に「クロメダカ」と呼ぶが、これはホッキョクグマを一般にシロクマと呼ぶのと同じこと。ただし、品種改良によって人為的により黒い色を出した「クロメダカ」もいるので注意が必要だ。



絶滅してない! 三浦メダカは池の中

さて、三浦メダカを取り巻く現状に話を戻そう。結論から言うと、野生環境に生きる三浦メダカは絶滅していない。
 


草の陰からコンニチハ。野生環境で暮らす三浦メダカ登場
 

前述の通り、2010年に始まった開発事業によって、三浦メダカの自生地だった北川湿地はなくなってしまった。開発事業の是非についてここでは触れないが、北川湿地にメダカが住めなくなってしまったことは事実だ。
 


赤丸のあたりが「北川湿地」と呼ばれていた場所(Googleマップより)
 

とは言え、京急だって何も考えずに動植物の住みかを人間用に造り変えているわけではない。

一般にはあまり知られていないが、京急では北川付近の所有地をビオトープ(=生物が住みやすいように環境を整えた空間)として整備して、北川生まれの動物たちを引っ越しさせることで保全する取り組みを行っている。

現在、そのビオトープは復元のデータを取る段階にあるため、一般には公開されていない。そのため詳細な場所も秘密ということで、悪しからず。
 


緑にあふれるビオトープ。池などが点在している
 

今回は、2017(平成29)年5月中旬に行われたビオトープでの調査に同行させてもらい、野生の三浦メダカたちの現状を追った。

調査の参加者は、神奈川県水産技術センター内水面試験場、三浦メダカの会、そして京急から現地の管理を委託されている新日本開発工業株式会社の三者。内水面試験場は、県水産技術センターの組織で淡水域に関する研究を行っている試験場だ。
 


相模原市にある同試験場(ホームページより)
 

この調査には主任研究員である勝呂尚之(すぐろ・なおゆき)さんらが参加。勝呂さんは京急が保全活動に伴い立ち上げた専門家委員会にも名を連ねる水産学のエキスパートだ。

三浦メダカの会は、三浦の魚を知る会を母体に持つ団体で、2000(平成12)年に北川の開発計画が持ち上がった際に専門家とともに調査を行い、その後三浦メダカの会として、三浦市内の野生メダカの保全や啓蒙を行っている。今回は同会から西垣さんら複数のメンバーが参加した。


海洋生物の宝庫!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

三浦市の風情ある水族館「油壺マリンパーク」に突撃!

うさぎ山公園にある「滝の川」の源流が水源として復活する?

横浜の河川は自然を意識して再生されるのか?