ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ニュースなどでどきどき話題になっている「こども食堂」。身近な所にもあるのかな?と調べてみたところ元住吉に「木月こどもキッチン」武蔵新城に「てらこみーる」があるみたいです。残念ながら私には子供がいないの...

    ぴろさん

    横浜の地元企業:日産自動車が新スポーツカーブランド「オーテック」を立ち上げ、近日中に第一弾としてセレナを発売すると。しかしこれまでも日産はスポーツカーブランド「ニスモ」があり、オーテックも特装車や福祉...

    よこはまいちばんさん

    中区相生町に古くからある、立ち食い蕎麦「相州そば本店」が気になります。数年前に道路向かいにチェーン展開する蕎麦屋ができても、タクシー運転手等で店のにぎわいは変わらないように見えます。田舎風の蕎麦が早く...

    boyoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
2位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
3位
林文子市長の名入り生花は公職選挙法違反?
4位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者の投開票結果!
5位
横浜市の住民税って高いの?
6位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
7位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
10位
横浜市職員の給料は高いのか!?
11位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
12位
横浜刑務所ってどんなところ? 矯正展の様子は?
13位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
14位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
15位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
16位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
17位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
18位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
19位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
20位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
21位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
22位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
23位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
24位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
25位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
26位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
27位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
30位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

黄金町にあった『ちょんの間』街って、今はどうなっているんですか? 売春婦は一掃されたのですか?(まさとしさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

現時点で売春婦は追い出され、空き店舗の再利用が
図られているけれど、解決すべき問題はかなり根深い。

ライター:木全 圭 (2011年02月24日)

春をひさぐ女性たちが大挙していた町

「オニーサン、アソビ? ヨッテッテヨ」
「サムイデショ。ワタシモサムイ。ナカデアッタマロー」

平戸桜木道路と大岡川に挟まれた一角、初黄(初音町と黄金町の総称)・日ノ出町地区には、少し前までそんな誘い文句を投げてくる女性が大勢居た。彼女らが立つのは、赤い照明に彩られた間口2m足らずの店先。

それが通称「ちょんの間」である。

ちょんの間は、戦後の混乱期を契機に、全国の主だった歓楽街に出没し始めた風俗店だ。その出自は、売春防止法施行前でいう青線(許可されていない売買春街)に属するものがほとんど。

ゆえに、外観は呑み屋や小料理屋、旅館を装っていて、営業の届出もそのように為されている。新聞やニュースで「特殊飲食店」「小規模店舗」などと呼ばれているのは、こういった事情によるものだ。
 


誘蛾灯のような照明がちょんの間の目印。その下で女性が
通行人を誘う(画像提供:『俺の旅』編集部/ミリオン出版)


もちろん、今現在は完全な違法風俗店である。

しかし、全国的にいまだしぶとく現存している業種で、年齢を問わず愛好者も多い。「ちょんの間で初体験を迎えた」という話も、地方ではよく耳にする。

なかでも横浜のちょんの間街は、大阪・飛田新地、沖縄・真栄原社交街と共に「三大ちょんの間街」に挙げられていたほどの名所であった。
 


横浜のちょんの間街(ピンク)は大岡川沿いに存在
生活道路とは思えぬ路地(青い線)も多かった

 

加速する多国籍化 夜が深まっても狂騒は続く

情事の時間はわずか20~30分、料金の相場は1万円。
店頭に立つ女性と直接交渉し、カウンター席の奥または階上の座敷へと案内される。

早朝に売れ残った女性だと値切りも可能だったことから、街の喧噪は日の出直後まで続いていた。
 


座敷は布団を敷くだけで精一杯の広さ

 
『消えた横浜娼婦たち』(檀原照和著/データハウス刊行)によれば、女性たちは、昔は日本人がほとんどだったという。

が、バブル景気の波に乗って、昭和50年代には台湾から、60年代にはタイやフィリピンからの出稼ぎ組が増え始めて以降、中国、韓国、さらには南米や東欧からの女性が街を席巻するようになる。

日本人女性が川向こうの曙町へ・・・
つまり、より安全で稼ぎの安定した合法風俗街に流出したことも、この変遷の要因だ。
 


かつてこの大岡川の西岸は、まさに不夜城の様相だった



 
前代未聞の完全包囲網で街から人影が消えた夜

伊勢佐木警察署歓楽街総合対策本部の担当官にうかがったところ、15年程前、最盛期の店舗数は250軒強。

1店舗には1~3人の女性が待機していて、8時間交代で24時間営業していたと言うから、単純計算でも1,000人以上の売春婦が居たと推測される。

ちなみに2000(平成12)年時点での初音町と黄金町の人口は約1,100人。つまり、ちょんの間が存在した当時、街に居た2,000人超のうち約半数が外国人売春婦だったという計算になる。
 


通称「パフィー通り」には、文字通りちょんの間が軒を連ねていた


 
地域住民の怒りは臨界点に…ついにバイバイ作戦発動! 次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事