ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月23日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
5位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
9位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
10位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
11位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
14位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
15位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
19位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
25位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
26位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
29位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
30位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戸塚区俣野町にスイス人のアーノルド・ウイトリッヒ氏が寄贈した森「ウイトリッヒの森」があります。アーノルド・ウイトリッヒ氏の日本での足跡を含めてご調査いただけないでしょうか。(まさしさん)

はまれぽ調査結果

ウイトリッヒ氏は戦前から戦後にかけて戸塚駅前から戸塚区俣野町にある「ウイトリッヒの森」へ引越している。戦前は農作業を、戦後は商社マンに!

ライター:関 和幸 (2017年08月20日)

「ウイトリッヒの森」は戸塚区の南西部に位置し、面積はおよそ3.2ヘクタール(野毛山動物園とほぼ同じ)の自然公園だ。横浜市のホームページによると、もともと1983(昭和58)年に亡くなったスイス人建築家のアーノルド・ウイトリッヒ氏が所有していた。

彼の死後、妻である津田ひ亭(つだ・ひで)さんが森を横浜市に寄贈し、それを横浜市が「市民の森」として整備したものだという。

 

横浜市のホームページ。森の概要が掲載されている

 
さっそく「ウイトリッヒの森」を管理する横浜市環境創造局に電話するも何も情報は得られず、ネットでも「ウイトリッヒの森」の散策記録のブログしか見つからなかった。これはもう、現地に行ってみるしかない。
 


戸塚駅に到着。ここから現地まではバスで15分ほど

 
 
 
謎の森、「ウイトリッヒの森」へ

戸塚駅西口のバスターミナルで藤沢ゆきのバスにのり、「聖母の園」バス停で降りた。GoogleMapによれば「ウイトリッヒの森」は、ここから徒歩で5分ほどの距離ということだったからである。
 


バス停前の国道1号線。この先が原宿の交差点

 
調査した当日は6月というのに真夏のような暑さで、そんな中住宅街を歩いていく。果たしてこんなところに森などあるのだろうか・・・そう思いつつ、先へと進んだ。
 


こんな住宅街を抜けると・・・
 

GoogleMapはこの先に進めと言う。とても公園の入口には見えない
 

本当に公園があるんだろうか・・・?
 

どんどん道は消えていく。足元もぬかるんでいく
 

ようやく整備された道に出た!

 
結局5分どころか15分以上は道なき道を歩かされたのだが、実は「ウイトリッヒの森」の本当の最寄りバス停は「原宿」または「国立病院前」。もし訪れてみようという読者はご注意いただきたい。さらに進むと次第に市民公園らしくなっていく。誰ともすれ違うことはなく、鳥や虫の鳴き声だけが騒がしかった。
 


休憩所。テーブルとベンチがある
 

正規の入口にあった看板。樹々に埋もれそうだ・・・
 

入口付近の公園案内図

 
ここから周辺の人に話を聞いてみることにした。まず公園案内図には「ウイトリッヒの森愛護会」と「横浜市南部公園緑地事務所」の名前がある。さっそく電話してみたが、ウイトリッヒの森愛護会は連絡がつかない(後日わかったことだが、同会はすでに解散していた)。また横浜市南部公園緑地事務所でもウイトリッヒ氏にまつわる情報はないとのことだった。
 
 
 
そこにあらわれた神の使い! だが・・・

そんな電話をしていると、目の前を二人のシスターが横切った。お話を伺うと、ウイトリッヒの森の横にある「マリアの宣教者 フランシスコ修道会 戸塚第一修道院」の方達だとのこと。ウイトリッヒ氏についてお話を聞くと、年配のシスターならなにか知っているかも・・・と言うことで、さっそく行ってみることに。
 


眩しくそびえる修道院

 
だが、院長先生など責任者の方々は会議中でお会いできなかった。やむなくウイトリッヒ氏のことを知りたいと伝え、後日電話でお話を伺うことに。結論から言うと、後日の電話でも特別な話は聞けなかった。

70代~80代のシスターでも生前のウイトリッヒ氏を知る人はいなかったそうで、90代以上のシスターが知っているかもしれないが、残念ながら話ができない状態で・・・とのこと。唯一伺えたのが、どうやらウイトリッヒ氏はニワトリを飼っており、その卵を修道院にくれたことがあったらしい・・・というエピソードだった。
 
 
果たして、ウイトリッヒ氏の謎は解けるのか?・・・キニナル続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事