ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    羽沢横浜国大駅が出来る前に、駅からの路線バスの開通がどうなるか気になります!

    majestyさん

    横浜市は災害時に亡くなられた方を納める用に段ボール製の棺を準備しております。区のスポーツなど各区特定の場所に保管していると防災訓練などで役所の担当者がお話されています。どの様な棺が保管されているのか凄...

    choberyさん

    横浜市立大学で31歳の教授が誕生したそうです。どんな研究をしているのか医学部の武部貴則准教授を取材して下さい。

    nobaxさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戸塚区俣野町にスイス人のアーノルド・ウイトリッヒ氏が寄贈した森「ウイトリッヒの森」があります。アーノルド・ウイトリッヒ氏の日本での足跡を含めてご調査いただけないでしょうか。(まさしさん)

はまれぽ調査結果

ウイトリッヒ氏は戦前から戦後にかけて戸塚駅前から戸塚区俣野町にある「ウイトリッヒの森」へ引越している。戦前は農作業を、戦後は商社マンに!

ライター:関 和幸 (2017年08月20日)

再び戸塚駅 旧ウイトリッヒ邸へ

森周辺の住宅街に人影はなく、話を聞くことはできなかった。やむを得ず戸塚駅に戻り、もう一つの手がかりである「旧ウイトリッヒ邸」へ向かうことにした。これはウイトリッヒ氏が「ウイトリッヒの森」へ引っ越す前に住んでいた家だと言われている。

 

横浜市のホームページ。旧ウイトリッヒ邸の概要が掲載されている

 
旧ウイトリッヒ邸は戸塚駅から徒歩10分ほどの場所にあり、横浜市の歴史的建造物の認定を受けている(横浜市ホームページより)。事前に都市整備局に連絡したところ、現在はウイトリッヒ氏とは関係の無い方が所有しているが、その方とは連絡がつかない状態にある・・・とのことだった。
 


戸塚の急坂を登っていくと・・・
 

あった!
 

歴史的建造物として認定された銘板
 

カーテンが降ろされ、人の気配はない・・・

 
通りかかった方に聞いてみると、旧ウイトリッヒ邸の現在の住人と親しい人が近所にいると紹介された。その方は周辺の地主で、昔からこの土地に住んでいるという。期待と不安を胸に教えられた家へと向かった。
 
 
 
ついにウイトリッヒ氏を知る人物を発見・・・!?

突然の訪問にも関わらず、大変親切に話をしてくれたのは脇田耕作(わきた・こうさく)さん。1940(昭和15)年生まれで今年76歳だと言う。さっそく旧ウイトリッヒ邸のことを聞いてみた。

 

建築関係のお仕事をされていた脇田さん。ご自宅の庭にて撮影

 
「戦前のころ、旧ウイトリッヒ邸の周辺にはうちも含めて個人の住宅は4軒しかありませんでした。あとは日本光学の社宅が少しあっただけで。子どもだったのであまりウイトリッヒ氏の記憶は無いのですが、とても山が好きな人だ・・・という話は聞いたことがあります。そして戦後、急速にこの辺に家が建ち始めると、その人ごみを嫌って引っ越された・・・らしいです」

また旧ウイトリッヒ邸はウイトリッヒ氏が引っ越された後は10年近く空き家だったそうで、のちに日本光学の社長が購入。現在はご家族が相続されている、とのことだった。

戸塚周辺での現地調査ではこれ以上の情報がつかめなかったため、その後、ウイトリッヒ氏の資料がないか図書館で調べてみることに。だが、残念ながら出てきたのは1989(平成元)年に刊行された『横浜外人の森殺人事件』というウイトリッヒの森を舞台にしたミステリー小説だけであった。
 


ウイトリッヒの森を舞台にしたミステリー小説


本文中には森の詳細な地図も

 
このままではウイトリッヒ氏の人柄がさっぱり分からない。そこで後日、もう一度ウイトリッヒの森周辺に住む方達に取材を行った。何軒も空振りが続いた後、畑で農作業していた方にこんな話を聞くことができた。

「うちの子ども達がまだ4歳くらいで小さかったころだけど、ウイトリッヒ氏の森に勝手に入ったら、猟銃のようなモデルガンで『勝手に入るなー!』って追い払われたらしくてね。それ以来、なんだか『怖い人』っていうイメージだったよ」

そしてこの方から「原宿(ウイトリッヒの森の東側)」にウイトリッヒ氏の知り合いがいるかもしれないという話を聞き、また何軒もの家を訪問した。そしてついに、生前のウイトリッヒ氏を直接知る方達に出会えたのだ。
 
 
まさかの事実が!? ウイトリッヒ氏は「建築家」じゃなかった

 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事