ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅髙島屋・ジョイナス周辺に、昔からディラン(なだぎ武が真似しているビバヒルのキャラ)のような恰好をしたおじいさんがよく歩いています。メリーさんがいた頃ともかぶっているので、少なくとも30年以上前か...

    Dixhuitさん

    ”新百合ヶ丘駅周辺に牛丼やお弁当チェーン店が一件も無いこと”が謎です。駅周辺に牛丼屋などを作らせないようルールがあるという噂を聞きましたが、裏付けるような情報はネットに載っていません。新百合ヶ丘とよく...

    pacificaさん

    川崎ギョーザを是非とも取材して下さい!23、24日午前9時半から午後4時半まで、川崎競馬場にて「全国餃子まつり」が開催され、浜松、宇都宮、川崎を含む9団体が、また個別に全国で各地の餃子店が参加、焼きそ...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
6位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
7位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
8位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
9位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
10位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
11位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
12位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
13位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
14位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
15位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
16位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
19位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
20位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
21位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
22位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
【はまれぽ名作選】桜木町に「人間性回復のチャンス」という看板が!これは何?
25位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
30位
【I☆DB】仕事中もバレずに横浜DeNAベイスターズの試合経過が分かるって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戸塚区俣野町にスイス人のアーノルド・ウイトリッヒ氏が寄贈した森「ウイトリッヒの森」があります。アーノルド・ウイトリッヒ氏の日本での足跡を含めてご調査いただけないでしょうか。(まさしさん)

はまれぽ調査結果

ウイトリッヒ氏は戦前から戦後にかけて戸塚駅前から戸塚区俣野町にある「ウイトリッヒの森」へ引越している。戦前は農作業を、戦後は商社マンに!

ライター:関 和幸 (2017年08月20日)

再び戸塚駅 旧ウイトリッヒ邸へ

森周辺の住宅街に人影はなく、話を聞くことはできなかった。やむを得ず戸塚駅に戻り、もう一つの手がかりである「旧ウイトリッヒ邸」へ向かうことにした。これはウイトリッヒ氏が「ウイトリッヒの森」へ引っ越す前に住んでいた家だと言われている。

 

横浜市のホームページ。旧ウイトリッヒ邸の概要が掲載されている

 
旧ウイトリッヒ邸は戸塚駅から徒歩10分ほどの場所にあり、横浜市の歴史的建造物の認定を受けている(横浜市ホームページより)。事前に都市整備局に連絡したところ、現在はウイトリッヒ氏とは関係の無い方が所有しているが、その方とは連絡がつかない状態にある・・・とのことだった。
 


戸塚の急坂を登っていくと・・・
 

あった!
 

歴史的建造物として認定された銘板
 

カーテンが降ろされ、人の気配はない・・・

 
通りかかった方に聞いてみると、旧ウイトリッヒ邸の現在の住人と親しい人が近所にいると紹介された。その方は周辺の地主で、昔からこの土地に住んでいるという。期待と不安を胸に教えられた家へと向かった。
 
 
 
ついにウイトリッヒ氏を知る人物を発見・・・!?

突然の訪問にも関わらず、大変親切に話をしてくれたのは脇田耕作(わきた・こうさく)さん。1940(昭和15)年生まれで今年76歳だと言う。さっそく旧ウイトリッヒ邸のことを聞いてみた。

 

建築関係のお仕事をされていた脇田さん。ご自宅の庭にて撮影

 
「戦前のころ、旧ウイトリッヒ邸の周辺にはうちも含めて個人の住宅は4軒しかありませんでした。あとは日本光学の社宅が少しあっただけで。子どもだったのであまりウイトリッヒ氏の記憶は無いのですが、とても山が好きな人だ・・・という話は聞いたことがあります。そして戦後、急速にこの辺に家が建ち始めると、その人ごみを嫌って引っ越された・・・らしいです」

また旧ウイトリッヒ邸はウイトリッヒ氏が引っ越された後は10年近く空き家だったそうで、のちに日本光学の社長が購入。現在はご家族が相続されている、とのことだった。

戸塚周辺での現地調査ではこれ以上の情報がつかめなかったため、その後、ウイトリッヒ氏の資料がないか図書館で調べてみることに。だが、残念ながら出てきたのは1989(平成元)年に刊行された『横浜外人の森殺人事件』というウイトリッヒの森を舞台にしたミステリー小説だけであった。
 


ウイトリッヒの森を舞台にしたミステリー小説


本文中には森の詳細な地図も

 
このままではウイトリッヒ氏の人柄がさっぱり分からない。そこで後日、もう一度ウイトリッヒの森周辺に住む方達に取材を行った。何軒も空振りが続いた後、畑で農作業していた方にこんな話を聞くことができた。

「うちの子ども達がまだ4歳くらいで小さかったころだけど、ウイトリッヒ氏の森に勝手に入ったら、猟銃のようなモデルガンで『勝手に入るなー!』って追い払われたらしくてね。それ以来、なんだか『怖い人』っていうイメージだったよ」

そしてこの方から「原宿(ウイトリッヒの森の東側)」にウイトリッヒ氏の知り合いがいるかもしれないという話を聞き、また何軒もの家を訪問した。そしてついに、生前のウイトリッヒ氏を直接知る方達に出会えたのだ。
 
 
まさかの事実が!? ウイトリッヒ氏は「建築家」じゃなかった

 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事