検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市内の駅そばで、変わったメニューやこだわりの店はあるの?

ココがキニナル!

駅蕎麦(駅前の立ち食い蕎麦含む)が好きなのですが、市内の駅蕎麦で、特にこだわりのあるお店や、変わったメニューのあるお店を教えてください。(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

今回は、新横浜の「戸隠(とがくし)」、横浜の「星のうどん」、桜木町の「川村屋」をご紹介します。

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

4時間で3杯、完食ロケのはじまり



駅そばというと、忙しい時にチャッチャと済ませてしまうイメージがあり、味や質までは問わないことが多い。ところが中には、手間をかけたり工夫を凝らしたりと、なかなか普段お目にかかれないような駅そば店もある。

そこで、今回はそんな3店舗をご紹介したいと思う。
選んだ基準は、ある程度乗降客が多い駅で、駅の構内にあること。

そしてこの中から、変わったメニューやこだわりのある店を探してみることに。
また、「そば」だけでなく「うどん」も含めることにした。
 


お店の人に頼まれた、サイン中のホズミン


取材当日(2011年11月28日)はFMヨコハマ平日午後の番組「E-ne! ~good for you~」との連動企画にて、DJホズミンと一緒に調査。その模様は、生放送でOAされたので、お聞きになった方もいらっしゃるだろう。

ここでは、当日の様子やもう少し詳しい内容をお伝えしていこうと思う。



揚げたそばに和風あんがかかった「すごもり」



一軒目は、新横浜にある「戸隠(とがくし)」にお邪魔した。

何でも、「すごもり」というメニューが人気なのだとか。
 


篠原口飲食店街にある「戸隠」の外観
 

揚げた日本そばに、和風だしのあんがかかっている


先々代の社長が、そばを使って何か新しいことができないかと考案したのが、この「すごもり」。

その様子が鳥の巣に見えることから、「巣ごもり」という意味で名付けられたそうだ。
お値段は1,000円。早速、頂いてみよう。
 


パリパリの新食感に、ホズミンもビックリ?


箸で押さえるとパキパキと音がする麺。

その上にはカツオの香りが濃厚なあんがかかり、やがてシンナリしてくる食感の変化が楽しめる。
中華風の固焼きそばとは別モノで、味も香りも完全に日本そばだった。

ボリュームも結構あり、まだ一軒目なのに、すっかり満腹になってしまった。
 


取材に応じてくれた、木下店長


木下店長によれば、店名の「戸隠」は、そば粉の仕入れ先にちなんで名付けられたのだとか。

伊勢佐木町に本店を置き、磯子にも支店がある。
もちろん「すごもり」は、どの店舗でも頼むことができる。

ほかにも、ザル・ナメコ卸し・山かけの3つのそばが小鉢に分けられた「戸隠連山(900円)」や、新横浜店限定の「和風マヨネーズそば(800円)」など、ユニークなメニューは数多い。



キツネとタヌキの化かし合い「だましあいうどん」



二軒目は、相鉄線横浜駅構内にある「星のうどん」に伺った。

ここはどうやら、うどん専門店のようだ。
「だましあいうどん」というメニューが気になったので、頼んでみることにした。
 


藤島店長と店舗外観
 

天カスと油揚げが両方楽しめる「だましあいうどん」


先代の社長が考案したという「だましあいうどん」は、370円。

体にやさしい博多風薄口の汁が特徴で、麺にはコシがあり、シャッキリとカドが立っている。
 


シコシコした喉越しに目を細めるホズミン


藤島店長によれば、すりおろした生姜を加えると、さらにおいしくなるのだとか。