検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

鶴見区にある「生麦」の地名の由来ってなんですか?

はまれぽ調査結果!

諸説あるようですが、一番の有力説は岸谷にある龍泉寺のお墓に書かれていた「生麦の碑」が何か関係しているようです。

  • LINE
  • はてな

2011年06月25日

ライター:河野 哲弥

またまた新説登場、生貝のむき身で生むき村?(続き)

氏によれば、実は三説あるそうです。

1つめ:家康の入国時に道がぬかるんで悪かった為、麦の穂を敷き詰めて道を整備した説。
2つめ:この地でよく獲れたミル貝などの生貝を、むき身にして生計を立てていた家が多く、「生むき村」となった説。
3つめ:岸谷にある竜泉寺のお墓に書かれている「生麦の碑」と何か関係しているのではないかという説。
 


貴重な資料に囲まれた、浅海武夫氏


史実でいうと、1と2の説は江戸時代以降のもの。
ところが「生麦の碑」は1601年以前にもあったことが確認できているそうです。

詳細な年代こそ分からないのですが、少なくとも「生麦」という名前は、かなり昔から存在していたことになります。
もしこれが庄屋などの実力者のお墓だとすれば、例えば生麦郷などと呼ばれていた土地があったとしても不思議ではありません。インターネットでの定説を覆すかもしれない、意外な事実が判明しました。



「生むき村」の元になった現場は、「貝殻浜」として今でも残っていた

一方、個人的に面白いと思ったのは「生むき村」説。
さっそく「貝殻浜」の場所を教えてもらい、その足で向かってみました。
 


鶴見線国道駅に近い、貝殻浜


「麦」か「貝」か…結局、真実は貝殻の底に埋もれて見えてこなかったのですが、ともあれ、身近な土地の名前に、意外な歴史が詰まっているのが驚きでした。

また、冒頭にWebで調べた情報が、現場では確認できなかったのも印象的でした。
実際の現場を見ずに、情報を鵜呑みにしてしまうことの危険性を感じた、今回の取材でした。
 


そこには見渡す限りの貝殻が


浅海氏によれば、竜泉寺説は歴史的にも最も古いものであり、他の説と比べて「生麦」の字が実際に使われている点でも有力のようです。

確認の為、龍泉寺の住職に「生麦の碑」と書かれたお墓に関して聞いてみたところ、ある日、東大の研究チームがお寺にやってきて、裏山から例の墓石を発見したそうです。

そんな訳で、研究の為になればということで、墓石はそのまま預けてあるとのこと。しかし、東大に問い合わせたところ、当時(明治末期)の研究に関わった人が、今はいないために真相は謎のままとなりました。

もし、どなたかこの件について、より詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非はまれぽ編集部までご一報下さい。一緒に生麦の謎を解き明かしていきませんか。

―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 生麦については、櫻井澄夫著(横浜市市民局刊)の『横浜の町名』(昭和57年)に、地名学的な考察がある。ムギには「崖、段丘、砂丘などのむき出しになっている地形」であり、ナマムギは砂丘のなめらかな形状を表した地名、と書いている。また新編武蔵国風土記稿には、生麦村が、「礫交じりの砂場」であると書いている。こういう記述を学習して、反映すべきであろう。徳川家康とか、近所で貝殻が多く見られるとかは、民間の語源説であり、貝殻の見られる地が「ナマムギ」という地名になるなど、まさに荒唐無稽で地名という言語の発生事情を知らない乱暴な説。

  • 東大に預けた墓石は、今も研究者不在のまま東大のどこかに保管されたままということなんでしょうか・・・?

  • 岸谷だと龍泉寺では?龍泉寺の過去帳では明応3年1494年に生麦太郎兵衛ってのがって話は検索レベルで出てきます調査不足では?

もっと見る

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選!】2014年ツイてなかった人! いろんなものにあやかって、今年は幸せになろう特集

【編集部厳選】いよいよゴールデンウイーク! こんな感じで旅したい!

随時更新!横浜市地域別花見スポットの開花状況![第3弾]

福富町のぼったくり店のウラ事情を覆面インタビュー!

横浜のマリンガール、DeNAベイスターズの女性限定ユニホームって?

2018年の横浜DeNAベイスターズの戦いが始まる! 開幕戦の様子は?

横浜の梅がきれいなスポットと、今年の開花状況は?

京急線日ノ出町―戸部にある“屋根のないトンネル”の正体とは!?

おすすめ記事

「横浜」の由来って何?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

鶴見のめがね橋は目が一つしかないけどなぜめがね橋なの?

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

京急線日ノ出町―戸部にある“屋根のないトンネル”の正体とは!?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜市最南端の駅でどんな出会いが!?はま旅Vol.33「六浦編」

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • そうてつstyle(https://sotetsu.net/)が2019年10月31日(木)15時に...

  • 台風19号で、箱根はすごい雨が降りましたが、被害が気になります。なかなか情報が入ってこないのは、被害...

  • 台風19号の影響で、相模湖駅周辺は八王子方面の国道20号、津久井方面の国道412号いずれも通行止めで...

最近のコメント

アクセスランキング