検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

相鉄KSビルの前にある銀の玉のオブジェは一体何?

ココがキニナル!

相鉄KSビル前に、銀の玉が2つくっついたオブジェが置いてあります。一体なんなのか知りたいです(chaxkin さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

相鉄KSビル前のギンタマは、芸術家の高橋秀さんによって制作されたステンレス製の芸術作品で、12年前に相鉄KSビル前に設置された。

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

ギンタマのプロフィール等(つづき)

調べてみるとこのギンタマ、タテ×280cm、ヨコ×260cm、奥行き×150cmというサイズ。

彫刻通りとも呼ばれる市道182号線沿いにある大きなギンタマは、広島県出身の芸術家で、昨年に倉敷芸術科学大学の名誉教授となった高橋秀(たかはし・しゅう)さんの手によって制作された。ステンレス製の造形作品で題名は『上昇』。1992(平成4)年に制作され、同年の12月に、ここ相鉄KSビル前に設置された。
 


ヨコギンタマ
 

ギンタマの裏側


このピカピカのギンタマの所有や管理について、相鉄KSビルに問い合わせたところ、「ウチでは管理も何もしておりません。相鉄アーバンクリエイツの所有なので、横浜駅西口事業部まちづくり推進課の方に聞いていただけますか」との回答。

聞いたことのある名前が出たので、そぞろと相鉄アーバンクリエイツに取材交渉をし、お話を伺いに行った。



ギンタマの諸々
 


相鉄アーバンクリエイツのあるムービルへ


今年の2月に掲載となった“横浜西口のキャラクター「にっちい&ぐっちい」はどうしてあんなことになってしまっているんですか?”の記事でお世話になった、相鉄アーバンクリエイツ横浜駅西口事業部まちづくり推進課の方々。

現在はエキニア横浜からここムービルに移転したとのことで、早速、前回もお世話になったあの方にギンタマの話を伺いにあがった。
 


相鉄アーバンクリエイツ横浜駅西口事業部まちづくり推進担当課長の茂木さんに聞く


お久しぶりといった会話も早々に、ギンタマの話を茂木さんが切り出した。

「正直、制作者とタイトルとあと諸々をちょっとくらい。それくらいの情報しかまったくなくてね」とのこと。

所有に関してはここだと相鉄KSビルの方に聞いた、と伝えると
「いやいや、ウチじゃないよ。この作品を取得して設置したのが横浜木材さんで、所有も横浜木材さんになっているはずだから」とのお答え。

横浜駅西口界隈設置物によくある、管理・所有者不明の風合いが立ちこめた。
 


横浜木材から送付されたギンタマの資料を解説してくれる茂木さん


管理・清掃においては民間企業によってされているという。
そして、制作意図や、なぜギンタマを設置したのかという経緯を含む諸々についてはまったくのところ資料も何もないという(今回は、制作した高橋さんにもコメントをいただくことができなかった)。
 


苦悶でこんなポーズになる茂木さん


横浜木材にも、相鉄ビルマネジメントの方々にも調べていただいたにもかかわらず、これ以上情報が何も出てこなかったギンタマ。

最後に、ギンタマのある相鉄KSビルの土地は横浜木材の土地であり、彫刻通りを銘打っての市道182号線の整備事業において、商業地域とは一線を画す落ち着きがある文化性の高い街づくりのために、多くの彫刻や造形作品が設置されたという。



取材を終えて

物珍しく異風な佇まいと、ピカピカで存在感のある輝き。そんな相鉄KSビル前のギンタマ。
通りがかる人達もちらほら写真を撮っていた。

これ以上の詳しいギンタマの情報は存在しないようだが、芸術作品に必要量以上のコンセプトや理念めいたことは無い方がいいと思う。

そしてギンタマは、ぶら下がらずに“上昇”。といったところでしょうか。


―終わり―

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 横浜駅周辺には意味不明なものが多すぎる。このギンダマなるものがあるからといって、待ち合わせの目印にでもなるのか?

  • 東急東横線日吉駅前にもこんなのありましたよね・・・?

  • ギンタマの所有者の横浜木材の者です。当時いろいろと彫刻の候補はありましたが、購入価格検討も含めて「上昇」に決定しました。毎月業者さんにお願いして磨き上げています。

もっと見る

おすすめ記事

神奈川県警本部前の不格好な銅像は誰が作ったの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

ほこりだらけの「太陽とこども」のレリーフ、いつ掃除してるの?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

保土ケ谷区の和田町の由来は和田義盛って本当?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

みんな知ってた? 横浜の動物園で暮らす動物たちの不思議 ~キリンの歩き方~

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

こんな記事も読まれてます

山下公園ができる前の海岸線の様子は!?

中村川は元町と山下町を分けるためにできたって本当?

横浜市内を縦横無尽に走る路線バスに1日乗り続けるとどうなるか? 

【随時更新】2011-2012カウントダウン!横浜市内各地の様子をお届け!

【横浜・川崎・湘南で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(4月18日~4月24日)

住みたくなる&絶景を愉しめる、はま旅Vol.82「東白楽編」

矢沢永吉ファンの熱すぎる店主のいるラーメン店と焼き鳥店に突撃!

保土ケ谷区の和田町の由来は和田義盛って本当?

新着記事