検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜でしか食べられない!? 美味しい「鍋料理」が食べられるお店を教えて!

ココがキニナル!

お鍋の美味しい時季になりましたね。横浜で美味しいお鍋や変わったお鍋を食べられるお店の取材をおねがいします。(ほっけさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

味良し、そして横浜でここでしか味わえない鍋。野毛「友楽」の焼鍋(横浜鍋)と、山下町「おさ亭」オリジナルの鴨鍋「鴨鉄」を紹介。

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

日本で探してもここだけ。山下町「おさ亭」の鴨鉄



「これは、やられた。いや、見つけた」というのが食べた感想でした。「鴨鉄」、出会えて幸せでした。
 


みなとみらい線元町・中華街駅から歩いて2分ほどの路地にひっそり佇む「おさ亭」

 
2003(平成15)年にオープン。街の裏通りにこだわり、3年前からは鴨鍋の専門店としてその味にこだわる名店「おさ亭」。店を訪れるお客さんは皆さん、おさ亭のオリジナル鴨鍋「鴨鉄」をいただきに山下町の裏路地にやってくる。
 


おさ亭の店主、小澤さんにお話を伺う

 
「鴨の脂、その味をどう生かせるかというところからはじまりました」と、おさ亭の看板鍋「鴨鉄」の全容のお話が始まる。鉄の鍋でまず、じっくり弱火で20分、鴨の脂身をじりじり焼く。鴨の脂が出きったところで脂の出ガラを取り出し、まずは野菜をそこで焼いていただく。鴨の脂で野菜を焼くのが鴨鉄のイントロ。
 


その斬新な発想については

 
「そこまで大がかりなものでもなくて、鴨の味をどうやって美味しくいただくかを考えていろいろ試した結果、今のカタチになりましたが、これが・・・美味しいカタチになってくれまして(笑)」
 


「たぶん日本でもここでしかないと思います」

 
新しい発想や創作に、その主が威張っているとどうも萎える。その類がまったく感じられない力の入っていない風情に、さらに期待がふくらむ
注文は2人前から。今回も2人前で出していただいた。
 


鴨鉄はじまります
 

まずは鴨の脂身を焼く

 
ネギの青みとショウガと一緒に脂身を弱火でじっくり20分、よく焼いて脂をしっかりと出す。時折、こげないように箸で動かしながらじっくりと焼く。
 


じっくり焼く
 

焼きが終わるまでの間、こちらをいただく

 
小松菜とキノコのおひたし(500円)。カニのほぐし身がのる。さっぱり上品なダシのおひたし。ほのかに柚子が香る。美味い。
 


脂が焼けてきました
 

ここで春菊と椎茸が運ばれてくる

 
脂身の出ガラを取り出し、塩をかけておつまみとしていただくのも良いとのこと。
鴨の脂がでた鉄鍋に春菊と椎茸。脂で2種の野菜を焼いていただく。
 


さっと火を通して
 

たっぷりの大根おろしと合わせ醤油でいただく

 
これがとてつもなく美味い。春菊の香りと青み、鴨の脂のコクが見事な相性。それを合わせ醤油とたっぷりの大根おろしがさっぱりとしめる。口の中でさまざまな旨みが混ざり合い、最後はさっぱりと美味い。美味い。顔がほころんでくる。椎茸は春菊よりも脂を吸い、濃厚な鴨の脂のコクを楽しめる。
 


野菜を楽しんだ後は鴨ガラと昆布からとったスープを注ぎ
 

鴨肉のしゃぶしゃぶと
 

鴨のつくねに水菜とえのきを鍋でいただく

 
ここまでのセットでお値段は1人前2800円。契約有機農場で育てた鴨、しゃぶしゃぶでさっとコクのあるスープで火を通していただきます。
 


では
 

では

 
適度な身のしまりと噛むとほどける旨みとコク。やはり、このおろし醤油がうまさを引き立てる。こんなに美味い鴨の食べ方は初めて。何枚でもいきたくなる至福の味わい。
 


鴨の脂のコクがでたスープで煮たつくねと野菜は文句なしの絶品
 

最高です
 

シメはスープで「棒ラーメン(別料金、330円)」をさっと煮て
 

鴨ダシラーメン

 
体中が「美味い」と言いました。おさ亭の鴨鉄、最高です。



取材を終えて



取材を終えて思いました。36歳独身の冬に、とてもあたたまる美味しい鍋、早く将来の嫁になる女性を見つけてまた食べに行きたいと。
今回の2つのお店、横浜でここでしか味わえない味はおすすめです。是非一度ご賞味ください。メガネくんも大絶賛でした。


―終わり―

友楽
住所/横浜市中区野毛町2-70
電話/045-262-3101
営業時間/17:00〜24:00
定休日/無休


おさ亭
住所/横浜市中区山下町98
電話/045-663-8891
営業時間/17:00〜22:30(スープがなくなり次第閉店)
定休日/日曜日(4〜10月は月曜も休み)
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 横浜鍋、大変美味しくいただきましたが。イベリコぶたです少し肉の量が少ない気がしますが。もう少しボリュームつければ、もっとたくさん来ると思いますが!!

  • 友楽は行ったことがあります。お肉が本当に美味しくて、この価格でも安いと思える味でした。おさ亭・・・食べたいです。クドーは将来の嫁とか言い始めてしばらく経ちますけどねぇ(笑)

  • 鍋、そして締めおいしそう! おいしく食べるためのアイデア良いですね!あ、メガネ君も一緒だったんですね。

もっと見る

おすすめ記事

2014年午年、横浜でウマい馬肉料理を食べられる店はどこ?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

横浜発祥の「牛鍋」と「すき焼き」の違いは何?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

【編集部厳選】明日から家系ラーメン祭! でも、家系以外もおいしいよね!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

今年3月に閉店した関内の野菜カレーで有名な「カレーハウスキッチン」が移転して「キッチンY」として復活したって本当!?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

こんな記事も読まれてます

限定の「焼きたて焼焼売」!? 崎陽軒の「シウマイBAR」が中華街にオープン!

12月1日に「支那そばや」がラー博を卒業!【現場レポート第1弾】

横浜の個性的なスープのラーメン店って?

知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?

無料で高級イチゴも食べられる、横浜赤レンガ倉庫の「ストロベリーフェスティバル」をレポート!

【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017

陸の孤島・本牧で「グルメマップ」が作れるか? vol.03! 冬に身体を温める、熱々スープカレーと土鍋麻婆豆腐を実食!

【編集部厳選】明日から家系ラーメン祭! でも、家系以外もおいしいよね!

新着記事