検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

立ち入り禁止区域に潜入! 横浜赤レンガ倉庫前の水が流れる巨大な四角い4つのオブジェの正体は?

ココがキニナル!

赤レンガ広場の横にあるガラス張りで水が流れている4つの四角いオブジェ。網が張ってあり、下から風が出ているようなのですが、単なるオブジェでなく、重要な機能がある?(イルカさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

オブジェの中には赤レンガ倉庫内に設置できなかった電気やガス、空調の設備、機械室などがあり、倉庫内を快適に保っている。オブジェの名前はない

  • LINE
  • はてな

ライター:藤井 涼子

オブジェの中はどうなっているの?



本多さんの説明で、4つのオブジェの存在理由はよく分かった。

でも・・・
 


ここの中身がキニナル!
 

本多さんからは「供給施設の内部は撮影禁止です」との通達。

・・・そうですよね、もちろんそうですよね。

先ほど見た時にも、下からの排気により持ち上がっていた網が見えた。つまり、エネルギー供給設備から、オブジェは吹き抜けになっているということのようだ。

「鳥などの侵入を避けるために網が張ってあります」とのこと。

どうしても「上からのぞきたい!」という衝動にかられる。取材に同行していた編集部・松山氏にこっそりと「はまれぽの事務所が近いんだから、脚立を持ってきて上から写真撮って」と伝えていると、本多さんが「1号館の3階のテラスからなら、上から見えるかもしれません。許可を取ってきます」と笑顔で確認しに行ってくださった。

無事に許可が下り、1号館の3階のテラスへ。
 



イベント時以外、3階は一般の方は立ち入り禁止なので入れません
 

上から見た様子はこちら。
 


おお! 中にいろいろな設備があるのが見える
 

ふわりと網が持ち上がっていた、左から2番目のオブジェの上。
 


四角いものが排気口だろうか?
 

左から3番目。四角い排気口? は2番目のところにあるものと同じに見える
 

こちらは一番右
 

なるほど、上からの様子は分かった。

でも・・・

上から見ているものが一体何なのか? そこまでは分からない。

たびたび確認するも「施設内の撮影は禁止」とのこと。

しかし、松山氏のしつこい交渉が実を結び? 最終的には筆者と松山氏は本多さんと一緒にエネルギー供給設備のある場所に立ち入らせてもらえることに!

写真を撮ることはできないので、後日、本多さんが撮影してくださった資料写真をいただいた。



エネルギー供給設備の内部の様子



エネルギー供給設備への入り口は、1号館を背にして一番左のオブジェとなっている。側面に扉があり、中に入れるようになっていた。
 


入口がある左のオブジェ
 

扉から入ってすぐに階段がある。そこから5~6メートルほど、30段程度の階段を降りて地下室へ入ることができる。

4つのオブジェの下は、すべて地下でつながった一つの大きな空間になっていて、さまざまな設備が並んでいた。

網がふわりと持ち上がっていた左から2番目と3番目、4番目のオブジェの下には、それぞれ同じ冷却塔が計3個あった。このうち1個が1号棟用、2個が2号棟用の設備だという。
 


巨大な冷却塔(画像提供:横浜赤レンガ倉庫)
 

3階のテラスから見えた部分。ここは冷却塔の上部だった!(画像提供:横浜赤レンガ倉庫)
 

夏場には、ここで冷やされた空気が地下の配管を通って、1号館と2号館にそれぞれ供給される。
 


四角いオブジェの中で、外気を吸排気している(画像提供:横浜赤レンガ倉庫)
 

地下には空気の配管設備が通っている
 

赤レンガ倉庫の中には、あちこちに吹き出し口があり、室内温度が快適に保たれている。
 


倉庫内の壁に吹き出し口がある
 

設備は24時間365日稼働している。機器にもよるが、点検については毎日使用するものなので、ほぼ毎日確認をしているそう。整備、メンテナンスに関しても短いものだと1週間おきに行っており、これまでに供給設備で大きなトラブルは特にないとのこと。

地下室には、電気の配電盤もあった。
 


冷却塔の横には、電気をコントロールする部屋も(画像提供:横浜赤レンガ倉庫)
 

空気を温めたり、冷やしたりしている(画像提供:横浜赤レンガ倉庫)
 

4つのオブジェそのものと、オブジェがある場所は、特に名前はないそうだが「『芝生エリア』と呼んでいます」とのことだった。
 


気候が良い日には、芝生の上でのんびりくつろげそう
 



取材を終えて



オブジェの中が吹き抜けになっていて、すぐ下にさまざまな設備が配置されていたのに驚いた。上に網をかけているだけの状態なので「ごみとか投げ込まれたりしないんですか?」と聞いてみたところ「そういうことは、特にないですね」とのことだった。当たり前のことだけれど、日本人はマナーが良くていいな、と思ったりした。

ちなみに「このオブジェは何ですか?」という問い合わせは、過去には無いそうだ。取材にご協力いただき、ありがとうございました。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • こうやって公になっちゃうと、蓋ほしいような。ふたがないからむしろ中がみえて安全なのかな。

  • 日本人はマナーが良い、というのは誇るべきことだね。

  • 前から気になっていました。冷却装置かと思っていましたが、地下設備があったとは!^_^

おすすめ記事

赤レンガの「世界一の朝食」は本当にそれだけの価値があるのか?

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

赤レンガが主人公のクレイアニメーション「ハーバーテイル」

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

横浜ランドマークタワーの上層階と地上で合図を送り合うことは可能?

ズバリの鑑定結果に思わず絶句。横浜元町のタロット占いで仕事や恋愛を占った結果・・・

  • PR

かつて近代化の象徴だったが入居者がどんどん減って閉鎖された、山手の「竹の丸団地」は今後どうなる?

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

東日本大震災で誤報があった「震度測定器」が新しくなったが今までと何が違う?

日産スタジアム近くにある水門の小部屋。その正体とは!?

鶴見のめがね橋は目が一つしかないけどなぜめがね橋なの?

「2016年1月31日までの営業」といわれていた横浜駅西口ビブレ前のおでん屋台は本当に姿を消すのか?

開業わずか12年で廃駅になった鶴見臨港鉄道「本山駅」について教えて!

大豆戸町あたりにある神社の社跡のようなものは一体なに?

行き止まりにごみが散乱しているという謎の橋、第三京浜の上にかかる「小机橋」の正体を徹底調査!

横浜ランドマークタワーの上層階と地上で合図を送り合うことは可能?

新着記事