検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

関内で澄んだ音色に酔える? トリニダード・トバゴ出身の世界的「スティールパン」奏者、トニー・グッピーさんに直撃!

ココがキニナル!

「スティールパン」という楽器がキニナル。演奏していたのは、トニー・グッピーさん。スティールパン奏者の第一人者である、トニー・グッピーさんとスティールパンの魅力について取材を!(ころすけさん)

はまれぽ調査結果!

トニー・グッピーさんはナショナル・スティールパン・ソロスキル・コンテスト優勝の世界的なアーティスト。スティールパンは多彩な音色が魅力!

  • LINE
  • はてな

ライター:ムラクシサヨコ

2オクターブ半の音が出る!



ところで、スティールパンって、どうやって音を出すのだろうか。丸い大きな金属を叩いて2オクターブ半も出せるとは驚きだ。

グッピーさんは、iPadのスティールパンのアプリを見せながら説明してくれた。(そんなアプリがあるとは!)
 


iPadで説明してくれたグッピーさん

 
円形の金属からなるスティールパンは、内側に、小さな円形の凹みがたくさんあり、場所によって出る音が変わる。
 


なるほど! こうなっていたのか!

 
アプリでは、音名がアルファベットで描かれているが、実際の楽器には描いていない。どの場所がどの音か、覚えるのが大変そうだ。「最初は楽器にシールを貼ったりするのかな」と思ったら「それはしません」と即答されてしまった。そういうことはしないほうが早く覚えるのだとか。
 


2本のスティックで叩いて音を出す
 

トニーさんの楽器は、著名なスティールパン製作者であるお兄さんがつくったもの

 
-ところで、グッピーさんは教室もやっているのですよね。
横浜市内を中心に教えています。初心者から上級者まで、どんなレベルでもOKですよ! 今のところ、自分の楽器を持っている人が対象ですが、楽器を買いたいという人には相談にも乗ります。レッスンは日本語で指導するので、言葉が不安だと躊躇している方もご安心ください。スティールパンに関することなら、自信を持って指導・お答えします。

では、スティールパンについて知った後は実際に音色に触れてみなければ! ということで、スティールパンのライブに潜入!



スティールパンのライブを聴きに



グッピーさんは普段は関内や鎌倉、都内などでライブを行っている。

これまで、関内では「barbarbar」「Kamome live matters」などでライブに出演。直近での関内のライブは12月11日の「Kamome live matters」で開催される予定。

今回は、東京都新宿区のライブハウス「SOMEDAY」のジャズライブにグッピーさんがリーダーのライブがあると聞き、お邪魔することにした。
 


演奏前のグッピーさん
 

胸元のネックレスはスティールパン!

 
この日の出演者はTONY SUGGS (ピアノ)、中村健吾(ベース)、小泉高之(ドラムス)。ゲストに島裕介(トランペット)という顔ぶれ。彼らは今をときめくトップミュージシャンだ。

筆者はジャズのライブにはよく出かけるが、スティールパンの音楽を聴くのは初めて。ジャズとスティールパンって合うんだろうか・・・。
 


新宿SOMEDAYでのライブ

 
演奏が始まると、5人のそれぞれの楽器が溶け合い「スティールパンが入っているから」といって、違和感がない。迫力ある演奏にぐいぐい引き込まれる。

スティールパンのソロ部分では、美しい独特の音色を堪能。明るいような哀しいような、趣のある音がふわりと漂う。グッピーさんが2011(平成23)年の東日本大震災の後、余震で揺れる中作ったというオリジナル曲『Crying Skies』は迫力満点の激しい演奏で「スティールパン=カリブの明るい音楽を演奏する」というイメージが一気に吹き飛んでしまった。

『キャラバン』『柳よないておくれ』などのスタンダード、ゲスト島裕介さんのオリジナル曲などを演奏し、あっという間にライブが終わってしまった。
 


演奏中のグッピーさん

 
ところで、共演のミュージシャンの方々は、スティールパンについてどう考えているのだろうか。演奏後、お話を伺った。
 


ベースの中村健吾さん(左)、トランペットの島裕介さん
 

ピアノのTONY SUGGSさん(左)とドラムの小泉高之さん

 
グッピーさんとの共演が今回で2回目というドラムの小泉高之さんは「グッピーさんはスティールパンでどんな速い曲でも演奏するからキツイときもありますね(笑)。スティールパンが入ると、スペーシーな感じがうまれる。それがいいですね」。

たしかに、スティールパンは、空間の広がりを感じさせる音がする。緊張感がある曲でも、どこか広がりを感じるので、演奏を聴いていて、とても深みを感じる。
ベースの中村健吾さんは、「トロピカルな音で、聴いていて気持ちがあたたかくなりますね。曲によって静かだったり、強弱もいろいろで、いろんな音色があるのが魅力ですね」。
 


休憩時間中に楽器の説明をしてくださったグッピーさん

 
トランペットの島裕介さんは、「スティールパンはお好きですか」と聞くと「嫌いだったら共演してないよ!」とのこと。「スティールパンは明るい音色だけど、名手は哀しい音を出しますね。いろんな音楽にフィットする楽器だし、トニーさんはその曲に合う音を追求している。グッピーさんのそういうところに共感しますね」と言葉を継ぐ。

トランペットは明るく開放的な音のする楽器だが、名人のジャズトランペッターは哀しい音を奏でる。2つの楽器、共通するものがあるのかもしれない。グッピーさんとは今回が初めての共演だが、ほかのスティールパン奏者との共演はしたことがあるという。
 


演奏の後で、ポーズ!

 
グッピーさんは「ジャズもやるけれど、どんな音楽でも演奏する。自分がやりたいものが自分の音楽」と語る。もっといろいろな演奏を聴いてみたい! みなさまもぜひ。
 


グッピーさんの演奏はコチラ
※動画サイトにリンクしています※

 
グッピーさんは、グラミー賞受賞ベーシストのマーカス・ミラーとブルーノート東京公演で共演、高橋ゲタ夫(ベーシスト)、カルロス菅野、村上“ポンタ”秀一、チャー(ギター)など、ビッグアーティストとの共演も多いミュージシャン。

そんなスゴイ方なのに、気さくに取材に応じていただいて、感激しながら、ライブハウスをあとにした。



取材を終えて



インタビューは音楽の話で3時間以上。「スティールパンは特別な楽器じゃない!」「カリブのフェスティバルのためだけの楽器じゃない!」と何度も言っていたグッピーさん。迫力あるジャズの演奏を聴いて、その言葉に納得です。またライブに行きたいなぁ。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • スティールパンは透明な美しい音色ですね。ニューヨークにいた時いつもストリートのスティールパンの曲が遠い世界を奏でているように感じていました。

  • 実は習ってみたいと思っていました。でも、スチールパンを手に入れてから ですね。

おすすめ記事

綱島にある謎のホテル「大奥」の中は?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

かつて綱島は温泉町として有名だったって本当!?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食べられるお店を徹底調査!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

崎陽軒のシウマイ弁当、何から食べる?

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

こんな記事も読まれてます

早朝の多摩川河川敷で大量の走る馬を発見!? ライター・松宮が騎手と調教師、そして競走馬に密着レポート!

火・木曜日夕方更新! はまれぽ三面記事vol.06 『愛されていた黒猫』

今、横浜がアツイ! ロケ地巡り、2016年秋ドラマ編!

【編集部厳選!】終戦記念日特集2013

【編集部厳選!】横浜にある老舗店特集

2月3日に總持寺で行われた豪華有名人が来た節分イベントの様子をレポート!

こどもの国線は、かつて弾薬を運んでいたって本当?

崎陽軒のシウマイ弁当、何から食べる?

新着記事