検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

「吉田まちじゅうビアガーデン」のモヒート&グルメを一挙紹介!

ココがキニナル!

吉田町の恒例行事「吉田まちじゅうビアガーデン」の様子は? 初めて開催される「オリジナルモヒートコンテスト」の顔ぶれもキニナル!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

ビアガーデン開始直後からテーブルは常に満席状態の大盛況。趣向を凝らした各店舗の「オリジナルモヒート」で暑い夏を吹き飛ばそう!

  • LINE
  • はてな

ライター:大野 ルミコ

照り付ける太陽の下、街はすでにお祭りモード全開!(つづき)
 
そんな中、やっぱりキニナルのは各店の「オリジナルモヒート」の味。どうせならちょっと変わったモヒートを飲んでみたい――と、探す中、早速、目に留まったのが本格イタリアンバル「PORTO」の「モヒート・イタリアーノ(500円)」だ。
 


ピザの仕込み中・・・おじゃまします!
 

ホワイトラムにアマレットをプラスしたちょっと大人の「モヒート・イタリアーノ」
 

ホワイトラムにイタリアを代表する、ちょっと甘めのリキュール「アマレット」、そしてライムにミント・・・その組み合わせでどんな味になるのか、アマレットの香りはそのまま残っているのか、それがキニナル。
 


「PORTO」では、マルゲリータ(1000円)とトリッパの煮込み(500円)もゲット♡
 

続いて、「モヒート・イタリアーノ」に対抗して同じく、国の名前をカクテル名に掲げていた「SPADA」の「ジャマイカンモヒート(700円)」も購入してみた。いったい何が入っているのか、全く予想できないところもキニナル。
 


「吉田本通りでは一番新しいバー」だと語る「SPADA」
 

グレナデン(ザクロ)シロップの赤が映える「ジャマイカンモヒート」
 

グレナデンシロップの赤、レモンの黄、ミントの緑がカップの中で交じり合う、鮮やかな「ジャマイカンモヒート」。この“色の組み合わせ”にこだわったカクテル、「名前を先に決めて、内容や味は後から勢いで決めた(笑)」というのが面白い。
 


早速、山岸とともにいただきます!
 

「PORTO」の「モヒート・イタリアーノ」は、爽やかなミントの香りの後に、アマレットの香りが口の中に広がる不思議な感覚。しっかりと“リキュールの味”を楽しむことができる、まさに大人のカクテルといった感じだ。

そして、「SPADA」の「ジャマイカンモヒート」は、グレナデンシロップの甘酸っぱさが際立つ、非常に飲みやすいカクテル。だが・・・飲み終えてもしばらくラムの香りが残るくらいだから、かなり強めなのではないだろうか(たぶん)。ジュース気分でグイグイ飲んでしまうと、痛い目に合うかも(笑)。
 


「PORTO」のマルゲリータも激ウマだったなぁ・・・
 

今回のモヒートコンテストでは、基本材料として、サッポロビールが販売する「バカルディ スペリオール」、地元・坪井食品の「横浜オリツルサイダー」、キーストーンテクノロジーの「よこはまハイカラ野菜・ミント」を必ず使用するという決まりがある。
 


「地元・横浜ならでは」の材料を使って、各店舗がオリジナルの味を生み出す
 

そのため、いくら「オリジナル」とはいえ、そんなに味に違いが出ないのではないか・・・と、想像していたのだが、その予想は甘かったようだ。最初の2杯で「さすがバーの街!」と思わせるほど、その味も見た目も全く違う、まさにオリジナルの味を楽しむことができた。

そうなると、酒好き・山岸と筆者がたった2杯で満足するわけはない。さらに「キニナル」「飲んでみたい」オリジナルモヒートを求め、各店舗を巡った。
 


と、ここで「PIGGIETAIL CONNECTION(ピギーテイルコネクション)」の平松さんを発見!
 

前回の取材で「キュウリを使ったモヒートを作る」と公言していた平松さん。やっぱりそのオリジナルモヒート(ブーブーモヒート/950円)は飲まないわけにはいかないだろう。
 


ホントにキュウリ! しかし、いつ見ても平松さんの仕事は丁寧だなぁ・・・
 

「途中でキュウリをつぶして味の変化を楽しんで!」と、箸付きで提供
 

一口飲んでみると、思った以上にキュウリの味が口の中に広がる。それは決して「青臭い」のではなく、驚くほど爽やかなのだ。途中、カクテルの中に入ったキュウリを食べながら飲んでみたが、それもまた不思議に美味しい。まさに“夏”を感じる、そんな味のカクテルだと感じた。

・・・そしてもう一軒。
 


「和BarreL」が提供する「アップルジンジャーモヒート(500円)」にもチャレンジ
 

「アップルジンジャーって、めちゃくちゃ美味しそう!」という、筆者の好みで選ばれたこちらのモヒート。リンゴ酒が入った飲みやすさも好評のようで、ビアガーデン開始後1時間で「一番注文が入っています」とのこと。
 


オリジナル「アップルジンジャーモヒート」の人気にこの笑顔
 

リンゴ酒が入っていることもあり「甘くて飲みやすいんだろうな・・・」と予想しつつ、一口。まさに間違いのない、安定の美味しさなのだが、最後に広がるミントの香りにはかなり驚かされた。これ、ミントエッセンスとか、使っていないですよね?
 


ミントはカクテルの上にのせているだけなのに・・・
 

聞けば、「ミントの葉を手のひらで叩いてからのせている」だからだという。そうすることで、「ミントの香りがふわっと広がる」のだとか。ちょっとした技でこの違い――うーむ、奥が深い。

会場内を歩いていると、ほかにも思わず「飲みたい!」と足を止めてしまう、オリジナルモヒートが勢ぞろいしている。例えば・・・
 


「Ω-Café(オーカフェ)」の「キウイモヒート」や
 


「yuran MAGNOLIA(ユランマグノリア)」の「新感覚ブルージュレモヒート」
 

「海風」のモヒートは、沖縄居酒屋らしくシークァーサーを使用
 

個人的にキニナった「WADACHI」の「男梅モヒート」など、各店の個性が光る!
 

出店した22店舗のオリジナルモヒートを1日ですべて飲み比べるのは難しい。でもご安心を。これらの味は、この「吉田まちじゅうビアガーデン」の会場だけでなく、ハロウィンまでのコンテスト期間中は、通常営業時にも各店舗で提供される予定だ。

また、期間中、各店舗でオリジナルモヒートを1杯飲むごとにスタンプが1個もらえる「スタンプラリー」も開催。スタンプがたまると抽選で景品がもらえるというのもうれしい。
 


各店舗を回ってスタンプを集めよう♪
 

また、「吉田まちじゅうビアガーデン」には出店していないが、各店舗でのみ味わうことができるオリジナルモヒートもあるという。ならば・・・やはり再訪して飲み比べをしてみなければ!
 


「ビストロノミー・ラトリエ1959」のように、通常営業時のみ味わえるお店もある
 

ちなみに・・・この「吉田まちじゅうビアガーデン」の会場で各店のオリジナルモヒートを1杯飲むごとに、抽選補助券が1枚もらえる。この補助券2枚で1回、ハズレなしの抽選会に参加できるという。
 


4杯飲んで2回の抽選に参加。シールをめくると結果が印字されている
 

「参加賞」に終わった筆者は、バカルディのストラップ。でもかわいいぞ♡
 

強運・山岸はD賞のオリツルサイダーをゲット! ちょっと重いけど(笑)嬉しい
 

ほかにもちょっぴりうれしい商品がいっぱい(内容は・・・お楽しみ♡)! 次回(8/27<土>)も、この抽選会はやっているそうなので、ぜひ運試しに一度いかがですか?
 


抽選はそば屋さん「角清」前に設けられた運営本部で開催。「お待ちしてます♪」



ビール、モヒート+α・・・真夏の一日「バーのある街」吉田町



もちろん、「吉田まちじゅうビアガーデン」では、この「オリジナルモヒートコンテスト」以外にも、イベントなど見どころが目白押しだ。
 


会場内、3ヶ所のステージではバンド演奏などが行われ・・・
 

夜には情熱的なタヒチアンダンスも。みなさんキレイ♡
 

すでに名物ともなりつつある、ポールダンスも大盛況!
 

昼から夜まで、大にぎわいの街を支えるのは、やはり吉田町で店を構える飲食店のみなさん。この日のための“特別メニュー”は、どれも安くて高クオリティなうえ、道の両側から気さくに声がかかるので、あれもこれも・・・と購入したくなってしまう。
 


老舗鶏肉店「梅や」も、終日大盛況! 焼き鳥&唐揚げ・・・美味しそうっ
 

インドダイニング「SAFARI」では、本格カレー+ナンが500円。安い!
 

こうした各店の自慢の味を肴にモヒートを楽しむグループに声をかけてみた。
 


まずは「上大岡から遊びに来た」という男性2人組
 

もともと「野毛で飲もうと思っていた」そうだが、吉田町でビアガーデンが開催されているのを見て、すぐに「楽しそう!」と予定変更。「今日は天気もいいし、今日はこのままここで飲み続けます!」
 


「上司と部下」の間柄だという3人組。すでにいい顔色になってますね(笑)
 

次にお邪魔したのは、「よく吉田町で飲んでいるという上司に誘われて」やって来たという3人組。「オリジナルモヒートコンテスト」が開催されることは知らなかったそうだが「いろんな味が楽しめるのはイイネ!」と、充分に満喫しているようだ。
 


みんなが思い思いに夏の休日を楽しむ――こういう雰囲気好きだなぁ
 

結局、筆者も山岸も、夕方までモヒートやビールを飲みまくり、一度中座して再度、夜に訪れる・・・と、一日中、吉田町を堪能してしまった。
 


しまいには、モヒートを片手に街をブラブラ。でも、それもまた楽しい
 

確かにテーブル席を確保するのが大変だったり、日が高いうちは暑くて、席によっては日光浴になったりと、野外ならではの不便や苦労もあるが、こういうマッタリとした休日、たまにはいいかも。
 


8月27日に発表されるという「オリジナルモヒートコンテスト」の結果も楽しみ♪
 

次回、完全プライベートで飲みに来ようかな。
 


取材を終えて



いい感じに盛り上がり、そしていい感じにゆるいイベントだった――と思う。たった250メートルしかない通りを埋め尽くす人たちが、ひたすら飲み、イベントを見てワイワイ盛り上がる。あの光景は素直に「また行きたいなぁ」と思わせるだけのものがあったように思う。

そして、街全体、各店舗同士のつながりが強く、みんなが仲良し。改めて「いい街だなぁ」とも思った。
 


あちこちで飲食店同士の交流シーンも見かけた
 

じっくり半日、サクッと1時間程度・・・「吉田まちじゅうビアガーデン」はいろんな楽しみ方ができるイベントだ。ぜひ多くの方にあの“空気感”を味わってみてほしいと思う。
 

―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ヨコハマ経済新聞に載ってましたよ。http://www.hamakei.com/headline/9873/

  • このイベントを知りませんでした。「今週のオススメイベント情報」にのっていないのは、おかしいと思います。

おすすめ記事

横浜に世界一のバーテンダーがいる!?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

吉田町が独自に開発したという「多店舗警戒システム」とは?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

【編集部厳選】明日から家系ラーメン祭! でも、家系以外もおいしいよね!

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

こんな記事も読まれてます

味が想像できない!久地駅のオリジナルチーズラーメンてどんな味?

神奈川県内唯一の手焼きたい焼き移動販売「一丁焼このは」。手作りあんことパリパリ薄皮が絶品!

横浜のチャレンジメニューの店は? 8人前のナポリタンに挑戦!

「ねぎとろ番長」VS ライター松宮。横浜中央卸売市場にある竹家食堂のデカ盛りに挑戦!

コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!

崎陽軒のウェディングに出てくる「ジャンボシウマイ」はどんな感じ?

横浜にある「お得」で美味しいランチビュッフェが食べられるお店を教えて!

【編集部厳選】明日から家系ラーメン祭! でも、家系以外もおいしいよね!

新着記事