検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

560円で米3合分の特盛海鮮丼が食べられる日吉の「魚臣」って?

ココがキニナル!

日吉駅の「魚臣」はランチの丼メニューが安くてボリュームがあって人気のようですが,メニューには書いていない「特盛」があり物凄い量だと聞きました.実際に食べてもらえませんか?(辛抱二郎さん)

はまれぽ調査結果!

通常510円のランチ丼に、たったの50円プラスで特盛に! ごはん3合の特盛ハーフ丼を約24分で美味しく完食!

  • LINE
  • はてな

ライター:平田 志帆

特盛を実食!

 
この日、安藤さんが用意してくれたのは「ハーフ丼」の特盛。ハーフとは、半量という意味ではない。ピザのハーフ&ハーフのようにネギトロ、マグロ、サーモンの中から好きな具材を2つ選ぶことができる人気のメニューだ。

 

 半分ずつ味わえるのがうれしい

 
調理過程を見せてもらったが、そのごはんの量に圧倒される。普通の丼の2倍ほどはあるのではないか。

 

 奥の黒い丼は通常サイズ。他店なら、これで大盛になりそうだ


「はい、特盛!」
威勢のいい安藤さんの声とともに、ドンっと重量感のある音を立ててテーブルに置かれた。

 

 マグロとネギトロのハーフ丼・特盛560円(税抜き)。17時以降は680円(税抜き)になる

 

 ICカード(スイカ)と比較してみる
 

 普通の丼と比較。特盛の盛りっぷりが際立つ
 

 180cm93kgの関本が持っても大きさが伝わらないので・・・

 

 167cm○kgの筆者が持ってみる。ズシリと重い

 
米だけで約3合。それに具材たっぷりが乗り、セットの味噌汁もジャンボサイズだ。味噌汁のいりこだしと生海苔の香りが食欲をそそる。

 

 やはり関本ではサイズが伝わらない・・・

 

 指を広げないと持てないくらいの大きさ

 

 こちらはランチの「旬の握り盛り合わせ」760円(税抜き)。安い!

 
筆者はランチの握りをいただきつつ、関本のチャレンジを見守る。
慶應の体育会系の学生だと、ペロリと平らげるらしい。
 
さあ、関本! 
柔道、野球、そしてクラシックバレエを経験してきた元・スポーツマンの意地を見せてみろ!

 

 勢いよくスタート!



「米が甘くてうまいです!」とごはんをかっこむ関本。
それもそのはず。安藤さんに聞いたところによると、使用している米は秋田産ひとめぼれ。お米屋さんが厳選した産地のものを使用しているという。
 
関本、体だけでなく舌も意外と肥えている。違いがわかる男だ。
 
ちなみに日吉店では、1日に70~80kgほどの米を消費する。慶應の学生の胃袋をしっかりと支えているのだ。

順調に箸を口に運ぶ関本だが、5分ほど経過した時点で異変が。
「減らないです・・・」

 

 丼の底にたどり着く気配がない・・・

 
さすが、来るものを拒むような特盛だ。

しかし、関本は大食いの百戦錬磨。
米の甘みを楽しむ余裕を見せながら、箸をすすめる。

 

 開始10分、ちょっと休憩
 

 大食いにとっての難所となる15分、若干表情が怪しいが・・・
 

 やっぱり美味しい!
 

 そしてついに、最後の一口
 

 約24分で完食!


関本は「今回の勝因は食べ応えのある“鮮魚”と、飽きのこない“酢飯”ですね。油物でこの量だったらかなり厳しかったです。あと、お味噌汁! お味噌汁がとにかく美味しくて胃にやさしい。通常の量でも大盛ぐらいありますが、夏バテ気味の方にもオススメだと思います!」とお腹も心も大満足だったようだ。


 

店内にキニナルものを発見


 
チャレンジを終え、お茶をすする関本と筆者。
ふと湯呑に目をやると、見覚えのあるイラストがあることに気づく。

 

 釣りキチ三平!

 
1970年代~80年代にかけて人気を博した、釣りをテーマにした漫画だ。なんとオーナーの吉崎さんと作者の矢口高雄(やぐち・たかお)さんは友人同士だそう。
吉崎さんが「店のロゴつくってくれない?」と依頼したところ、イラストまで描いてくれたという。ちなみに作品中に鮎川魚紳(あゆかわ・ぎょしん)というキャラクターが登場するが、魚臣とは無関係。画数や響きで決めた店名だ。
 

 店内はもちろん・・・

 

 店外にも三平が!


来店した際には、ぜひこちらもチェックしてほしい。


 

取材を終えて


 
魚臣の魅力は、ボリュームもさることながらそのコストパフォーマンス。
特盛が560円(税抜き)というのは破格ではないだろうか。

この特盛、慶應の学生以外ももちろん注文できる。
ただし、あくまで「食べ盛りの学生さんを応援したい」という店舗の好意で行っていること。
お残しは絶対にNGでお願いしたい。

 
―終わり―
 
 
店舗情報

江戸前回転寿司ぎょしん日吉店
住所/神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-12
電話/045-564-3480
営業時間/11:30〜22:00
定休日/無休

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ギョ(魚)、ギョ(魚)、ギョ(魚)!ですね。安い。特盛のどんぶりは醤油をやや多めにぶっかけてガリをてんこ盛りで食べたいな。オーナーが釣りキチ三平の作者とお友だちで湯呑み茶碗にロゴ?なんともまあ贅沢な運の良いお店だこと。

おすすめ記事

横浜で大盛りチャレンジメニューのあるお店は!?Vol.1

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

鎌倉・小町通り、超大盛の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

まだまだ暑いから! 2015年、横浜市内のおすすめビアガーデンをレポートvol.2!

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

横浜の老舗中華料理店で味わえる美味しい冷やし中華を徹底調査!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

こんな記事も読まれてます

イモひとすじ60年以上! お父さんが一人で切り盛りする野毛山の絶品「大学いも店」に突撃取材!

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「フレーバーから揚げ」編

5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!

横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?

横浜最古の酒場はどこ!?

瀬谷の屋台風ラーメン店「くわんくわん」に突撃!

へたれ返上!? ライター松宮がステラおばさんのクッキー食べ放題に挑戦!

まだまだ暑いから! 2015年、横浜市内のおすすめビアガーデンをレポートvol.2!

新着記事