検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

異色のご当地ラーメン!? 平塚タンメンとは?

ココがキニナル!

ご当地ラーメンの平塚のタンメン。野菜が沢山入ったタンメンではなく、スープにお酢が入ったとてもシンプルなラーメン。老郷とラオシャン2つの系統がありますが、何故2つ。調べて下さい。(さいぞ~さん)

はまれぽ調査結果!

老郷とラオシャンは別のお店。老郷本店の元祖タンメンは味もやさしい、体にもやさしい手間をかけた分だけ、おいしさをきちんと感じられる一杯だ

  • LINE
  • はてな

ライター:酒井 明子

お待ちかねのタンメン&餃子



お店のこだわりなどを教えてもらっている間に、注文したメニューが完成! お腹空いた~!

 

餃子&湯麺がお目見え!

 
湯麺には麺、ワカメ、刻みタマネギ、メンマが入っている。ちなみにメンマも岩間さんが目利きした国産ものを使用している。さっそく湯麺からいただくことに・・・。

 

見よ! この麺の白さ!

 
油などを練りこんでおらず、無添加、無着色のオーガニック麺ならではのこの白さ! とにかく麺が白い! ラーメンというと黄色い麺のイメージだったが、小麦粉と塩だけだと麺は白くなるのだ。

 


まずは麺から!

 
この麺! とにかくもちもちで柔らかい! コシはあるものの、喉の通りがよい! スープはタマネギの甘みが効いているのか甘い・・・。そして具材もすべてさっぱりとしているため、とにかく食べやすく箸が止まらない・・・。個人的には胃腸が弱っているときや飲み過ぎた次の日にも、これなら食べられると思った。
 


ラー油を入れるのもおすすめ

 
ちなみに途中からはラー油を入れて味を変えるのもおすすめ。ラー油は自家製で、辛みと香りのある2種類の唐辛子を使って作ったもの。入れるだけで香ばしい香りが漂い、味もピリッと引き締まった。お客様の内、10人中9人はラー油入りが好きと答えるくらい、人気の味だそうだ。
 


さらに酢を入れて味を変えても!

 
テーブルには酢も置いてあり、スープに入れるとさっぱりしてかなりおいしい。個人的には酢入りはかなり好みだった。ちなみにお店の酢はミツカンの超特急酢というもので、高級な寿司屋さんや京都の料亭などで使われている最高級のものだそうだ。

 

自家製の手作り餃子をいただきます!

 
続いて餃子をもぐもぐ! パリッとした皮の中からは、タマネギなどたっぷりの具が登場! 具はとにかくタマネギの割合が多く、重さを感じない味わい。

タマネギはすべて手切りのため水分を多く保持することができる。手間はかかるが、水分を多く含んでいるので甘みをしっかりと残せるらしい。肉はハーブ豚を使用しているとのことだった。
 


熱くてびっくり!

 
ちなみにこの餃子、冷めてから食べても皮のパリッと感が残っていて、おいしさが続いているのがすごいと思った。旨みを凝縮するために一気に焼き上げるので、提供直後は熱々なので要注意!



これからも続く変わらぬ味



以前は支店が横浜や都内にもあったが、現在は平塚市宝町にある店舗のみに。支店が多いころはアルコール類など提供する店舗もあったが、「餅は餅屋」という信念で本店は湯麺と餃子だけで勝負している。

値段も創業から大きくは変えず、いい食材、こだわった作り方で、お客様に満足してもらうのがモットー。手間がかかる・・・などは二の次だという。
 


調理器具にもこだわりあり!

 
調理器具も抗酸化作用や抗菌能力の強いものを選び、劣化せず清潔感を保てるものを使用。カウンター席から調理場がしっかり見えるようになっているのも、お客様に安心を与えたい・・・という思いからだった。



取材を終えて



平塚で生まれた独自のタンメン。想像とはまったく違ったが、とにかく食べやすくておいしい! 生まれてはじめて食べたであろう無添加の麺は、体にはもちろんだが味もとにかくやさしい・・・。そしてタマネギの甘みで作られた餃子は、餃子なのに重くないという不思議な味わい・・・。手間をかけるということは、それだけきちんと成果があることなのだと感じられた。都内在住の身としては、ぜひ支店を身近に・・・と切望したい気持ちになった。

―終わり―
 

老郷(ラオシャン) 本店
住所/平塚市紅谷町17-23
電話番号/0463-21-3658
営業時間/11:00~23:00
定休日/月曜日

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 老郷とラオシャンを比べていない。食べ直しを命ずるレベルの記事。平塚タンメンなんて言葉を作るな。湯麺は湯麺であり、他で置き換えができるモノではない。

  • 駅近の本店に行っただけで取材終了ってお粗末過ぎませんか?しかも平塚ラオシャンは駅近に絞ったってもう1店舗あるでしょ?せめてそこに行ってくださいよ!花水店と今回取材した駅近の本店が決別したのは、相続問題で揉めた時に分裂したからです。平塚市民ならかなりの割合で知っていることですよ。周辺で聞き込みすらしなかったのかな?「とりあえず平塚行ってみて駅降りてすぐの本店行けばいいっしょ!」っていう味の薄い記事で大変残念ですね。

  • 取材ありがとうございました。と言いたいところですが…私の知りたかったのは、別々のお店なのにどうして同じようなメニューを提供しているのかってところです。老郷とラオシャン。せっかく平塚に来ていただいたのなら、両方を比べた意見がほしかったです。

もっと見る

おすすめ記事

タンメンの老舗店2店舗で異なる味わいを堪能!

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

川崎の中華料理店「天下一まずい店」の料理は本当にまずいの?

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

「蒙古タンメン中本」、神奈川初上陸の川崎店に突撃!

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

中華街のお粥専門店「謝甜記」のトレードマークがサンタクロースなのはなぜ?

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

こんな記事も読まれてます

【ニュース】スリーエフで神奈川県の名産品を中心にした夏ギフトの受付開始!

野毛に現れる台車を引いたお菓子屋さん? の正体は!?

西横浜の藤棚商店街近くにあるくじら専門店にライター松宮が突撃!

ランドマークタワー「みらい横丁」にオープンした「世界のビール博物館」ってどんなとこ?

【編集部厳選】追っかけてでも食べたい! 横浜ならではの「屋台の味」!

東神奈川の中華料理店「山海楼」、看板の似顔絵がオーナーに「激似」というのは本当か?

関内駅近くにオープンした1杯1000円の「青汁」を出すという謎のバーを調査!

中華街のお粥専門店「謝甜記」のトレードマークがサンタクロースなのはなぜ?

新着記事