検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜・アソビル うんこの次は深海!?「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」を体感してきた!

横浜・アソビル うんこの次は深海!?「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」を体感してきた!

ココがキニナル!

横浜駅直結の「アソビル」でうんこミュージアムの跡地にネイキッドが企画する深海展ができるらしい。どんなコンテンツなのかキニナル!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」は、うんこミュージアムにも負けない、カラフルな極彩色の深海世界を体感できる没入型エンタメコンテンツだった。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

プロジェクションマッピングショーへのカウントダウン!


 
本展のメインコンテンツとなる「PARADAISE」では、プロジェクションマッピングショータイムを約5分おきに実施。海の中で最も大きな生物であるくじらが水先案内人となり、深海を旅するファンタジックなショーが楽しめる。このために制作されたという壮大なサウンドにも注目だ。
 


ショーまでのカウントダウン
 

案内役のクジラが出現
 

そこにいるだけで、深海の世界を漂っているような不思議な感覚に
 

海の底の極彩色の世界

 

ショーの冒頭1分を動画でお楽しみください!

 
ショーの最中には、深海をイメージしたという香りの演出や、小型海洋生物の死骸などが深海まで降りてくる“マリンスノー”を表現した雪の演出も実施。全感覚を刺激されるようなまさに体感、体感型のエンターテインメント。ゆえに画像や動画ではなかなか伝えられないのがもどかしい!
 
 
 

深海から浅瀬へ


 


AREA7 「Deep Sea Tunnel」

 
海の生物たちの楽園を抜けると、深海から浅瀬へ向かって泳ぐ際に差し込こんでくる光をイメージした「Deep Sea Tunnel」へ。光のトンネルをくぐり抜けて、海上へと上がっていく様子をレーザーで立体的に表現している。
 


AREA8 「SURF ’N’ REEF」

 
最後のエリアとなる「SURF ’N’ REEF」は、自然が生み出す波のトンネル“チューブライディングをバーチャルで表現。いつまでもこの深海世界に浸っていたいが、何でも終わりはやってくる。夢から目覚めるようにこの幻想的な波の中を通り抜け、海の中から陸上へ上がっていくのだ。
 


出口側から撮影すればフォトジェニックな1枚を狙える

 
 
 

オリジナルグッズやドリンクも充実


 
神秘的な海の世界を抜けても、「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」は終わらない。出口を抜けた先にすぐあるのが物販エリア「Seacret Beach」。浜辺を表現したショップにはオリジナルグッズが勢ぞろいしている。
 


ここでしか買うことができないオリジナルグッズ
 

子どもたちも喜びそうなグッズがたくさん!

 
はまれぽ編集部のオススメは、実際に深海の香りとしてショーで使用されている「エアミスト」。そう、これさえあれば、いつでもどこでもあの楽園のような世界に浸れるのだ。
 


エアミスト(2種) 各1800円/税別

 
流行のオリジナルタピオカドリンクもオススメ。フォトジェニックな壁面の前で写真を撮ってSNSにあげちゃおう!
 


「OCEAN BY NAKED オリジナルフルイドタピオカ ボトル」1000円(税込)

 
また、こちらのショップのほかにも、アソビルの各所でオリジナルグッズやオリジナルドリンクが販売されている。3階「MONOTORY(モノトリー)」では、カラフルでキュートな深海生物をスタンプしてオリジナルトートバッグを作る、オリジナルワークショップが開催されている他、地下1階「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」では、オリジナルカクテルも販売される。
 


自分だけの深海世界のトートバッグを作れる

 
 
 

取材を終えて


 
ネイキッドが企画、演出を手掛けているだけではなく、あの一大コンテンツとなった「うんこミュージアム」の跡地で開催されるという部分でも注目されている「オーシャン バイ ネイキッド 光の深海展」。今回実際に体験してみて、複合型エンターテイメント施設「アソビル」が持つ大いなる可能性を感じることができた。コンテンツが期間限定で変更され、いつ来ても新鮮な気持ちで楽しめる「アソビル」は、これからも横浜から最先端のエンタメの拠点になっていくにちがいない。“うんこ”のビルから、“神秘的な深海”のビルに様変わりした「アソビル」へ、ぜひ足を運んでいただきたい。
 
 
ー終わりー
 
 
「OCEAN BY NAKED 光の深海展」
■期間:2019年10月11日(金)~2020年1月27日(月)※会期中無休(12/31、1/1、1/2は除く)
■開催時間:10:00~21:00(最終入場20:30)
■会場:横浜駅直通「アソビル」2階「ALE BOX」内
■入場料金
<平日デイパス(入場時間10:00〜17:30)>
大人 1700円、高校・大学生 1500円、小学・中学生 1000円
<平日ナイトパス(入場時間18:00〜20:30)>
大人 1500円、高校・大学生 1300円、小学・中学生 1000円
<土日祝ホリデーパス(入場時間10:00〜20:30)>
大人 2000円、高校・大学生 1800円、小学・中学生 1000円
※小学生未満無料
※チケットは全て税込。
※空き状況次第ではアソビルで当日販売あり。
https://ocean.naked.works/

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜駅東口「アソビル」の魅力を徹底紹介!3月15日オープン!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜にあった「うんこミュージアム YOKOHAMA」とは?

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

横浜駅アソビルの「プチュウ!」をレポート!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

横浜駅アソビルの丿貫(へちかん)新店「煮干蕎麦」レポ!

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【ニュース】「港の見える丘公園」スケッチ会参加者を募集!

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年1月24日~1月30日)

ラグビーワールドカップの熱気を体感!「横浜ファンゾーン」での開幕の様子をレポート!

歴史ある魚市場で舌鼓。はま旅Vol.34「国道・花月園前編」

横浜の古道を歩く 柏尾通り大山道その3 ―長後街道界隈編―

横浜で配達されている読売新聞に地域欄が複数存在!その理由は?

仲木戸にある「24時間喫茶エデン」は今も24時間営業している?

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年3月18日~3月24日)

新着記事