検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

朝からやっている川崎駅前の居酒屋「丸大ホール」ってどんな店?

ココがキニナル!

川崎駅前にある「丸大ホール」っていうお店を取材してほしいです。居酒屋なのに朝8時半からやっているみたいです。どんなお店なんでしょう?(イッシーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

長年変わらない味とサービスを守り続ける女将と、おふくろの味を求める常連客で賑わう懐にも優しい大衆居酒屋だった!

  • LINE
  • はてな

ライター:石元 優

丸大ホール本店の歴史



しばらく酒を楽しんでいると女将登場!
取材を申し込むと、私と同じテーブルに腰を下ろし「何が聞きたいの?」と笑顔で問いかけてくれた。
 


丸大ホール本店3代目女将、野中通子さん(84歳)


女将によると、ご飯類と麺類は先代の頃から提供しているメニューで、今も変わらない味を守っているとのこと。
ただ、酒のつまみは季節を通して旬のものを提供しているので常時変わるのだとか。

この日、壁一面に貼られたメニューの数を数えてみるとなんと127種類(3/7現在)!
客の中にはメニューを見上げて何にしようか迷っている姿もあった。

「やっぱりもつ煮込みが一番人気。あじフライやシメサバもよく出るわね。シメサバが人気なのはうちで手作りしているからなのよ。サバを下ろすところからこだわって手作りしているの。」それを聞いてすぐさまシメサバを注文してみた。
 


手作りのシメサバ400円


身がとても厚く新鮮なサバ。酸っぱすぎないしめ方が私には丁度いい塩梅。わさびをたっぷりつけてペロリと頂いた。

女将の野中さんは丸大ホール本店の3代目。初代はお舅さん、2代目は女将の旦那さん。
そして3代目として受け継いでからおよそ30年が経つという。営業時間の訳を尋ねると昔は10時開店だったが、時間前に常連さんがいつも来ていたらしく8:30開店に変えたそうだ。

ちなみに店舗名に“本店”とつく理由は「先代がつけたことだからわからない」とのことだが、店舗はここのみらしい。

女将「値段が安いだけではなく、量が多いのも合わせてこの店の特徴かしら。お客さんが喜んでくれたらそれで構わないのよ」と笑っていた。



少しずつ賑わいだす店内



ここで女将を尋ねてきたとある男性客一人が来店。5年ほど前に店内を改装した同店だが、改装前によく訪れていたというこの男性。店に入るなり「変わらないなー」と嬉しそうな一言。
 


久しぶりの再会を喜ぶ元常連の男性


女将「店内の造りを変えなかったのはお客さんの要望よ。改装前に隅々まで写真を撮って、変わらないように比べながらやったの。それもお客さんのため」。

女将の口癖は“お客さんのため”。初めて来店したにも関わらず、居心地がいいと感じたのはきっとその心意気のせいかもしれない。元常連客は「いつまでも元気でお店を続けなきゃダメだよ」と言い残し帰っていった。

さらに客足は途絶えない。湯豆腐をつまみに熱燗をクイッと2合飲み干す男性客や、瓶ビールとおつまみを頂き30分ほどで退店したスーツ姿の男性客。生中と玉子丼を片手に持参した小説を楽しんでいる若い男性客と続くが、100%の確率でお酒の注文が入っている様子に、筆者は驚くことすら忘れて楽しんでいた。



ランチタイムに突入



時刻は11時半。スーツ姿のオジサマ5人組来店。初めてご飯のみの注文が入った!
しかし、「半ライスで」とわざわざ伝えるオジサマ。

「ここは量が多い。普通に頼むと多すぎて食べられないからね」
「俺はこのためにめちゃめちゃ腹を空かせてきたよ」
「昨日からあじフライが食べたくて」
と、この店の味が好きで何度もランチに利用しているようだ。

 

昼前にはほぼ満席!
 

ランチ客に人気のチャーハン


ここで常連さんと杯を交わしてみることに。
 


女将と仲良く相席し会話を楽しむ常連男性


女将によると一番付き合いの長い常連さんで毎日のように来られているとか。
「酒のない人生はつまらん!朝から飲んで楽しく生きなきゃ!」と語る男性。

その男性いわく、女将や従業員と共に過ごした時間が宝物なのだそう。
何十年と通い続け、この店を一緒に見守っている仲間なのだ。

ランチタイムのピークを迎えていた13時過ぎ、筆者は店を出た。レジで初めて気づいたのはお通し代が無料だということ。
ランチ客には別のお通しが無料でサービスされている。常連さんはその心意気も、この店の魅力なのだと話してくれた。
 


まさに大衆酒場といった趣きだった




取材を終えて



この日、ランチタイムを迎えるまで全ての客がお酒を注文。筆者は生中5杯ともつ煮込み、シメサバで4時間半の滞在となった。
これで3,500円という安さは、さすが大衆居酒屋と掲げているだけあって良心的。

「お客様は神様です」と笑顔で話す女将が、大切に守り続ける丸大ホール本店。
そんな女将と気軽な一杯を楽しむ客が作り出す店内の雰囲気は、何とも言えない温かさに包まれていた。


―終わり―

◆丸大ホール本店

住所:川崎市川崎区駅前本町14-5
電話:044-222-7024
営業時間:8:30~22:00
定休日:土曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  •  店内が見えないから、10ン年前から気になる店でした! このレポートは参考になりました(笑) 是非、夜勤明けに行ってみたいですね!!

  • 孤独のグルメで同じようなお店が取り上げられてたなぁ何も予定の無い日に朝から行ってずっと飲んでみたい

  • 徹夜明けに行って見たくなりました。

もっと見る

おすすめ記事

内装が銭湯!?「居酒屋ごっつあん」はどんな店?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

戸部の居酒屋「二度と来るよ!」は本当に二度と来たくなるのか?

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

「居酒屋ひょうたん」が掲げる「防衛価格」ってどんな意味?

特典あり

大口商店街でワンコインのマルゲリータを食べてきた。自家製の窯で作る本格ナポリピッツァは絶品の味!

  • PR

江の島名物たこせんべいに使用されるタコは1日何匹?

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

こんな記事も読まれてます

湘南で最近よく見かける「牛乳ラーメン」、その誕生秘話とは?

チャーハンが絶品だった港南台のラーメン店「マツヤ」の味が壱六家で食べられるって本当?

崎陽軒の創業110周年、シウマイ誕生90周年の記念企画が開催!

ズボラさん必見! 週末グルメ案内! 年納め、最後に贅沢してみない? 中区・高級鍋特集! 3店

横浜エクセルホテル東急跡地に登場した屋台村の正体とは?

横浜で楽しめる秋の味覚特集!食欲の秋を楽しもう!【編集部厳選】

横浜でガッツリみそラーメンが食べられるお店ってどこ?

江の島名物たこせんべいに使用されるタコは1日何匹?

新着記事