検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

【ニュース】「積み木で作る横浜港」の常設展示場所が決定!

ココがキニナル!

2016(平成28)年3月まで大さん橋に展示されていた「積み木で作る横浜港」が2017年6月から都筑区の住宅展示場で常設展示へ

  • LINE
  • はてな

ライター:福原 麻実

はまれぽの過去に掲載した記事で登場する大さん橋に展示されていた横浜港の風景を積み木で表現した作品「積み木で作る横浜港」。
 


2016(平成28)年3月まで大さん橋の出入国ロビーに展示されていた


2016年4月の大さん橋の管理会社変更に伴い、同施設での常設展示は終了。その後、JR高崎駅やケニア共和国など国内外で期間限定展示され、多くの人の目を楽しませていました。

そして、2017(平成29)年6月より、横浜市都筑区にある住宅展示場「ハウスクエア横浜」内にある「住まいの情報館」にて常設展示されることが決定。

 


ブルーライン「中川」駅から徒歩2分(Googleマップより)


最新のモデルハウスの展示のほか、ドッグランもある住宅展示場


こちらが展示場所に決まった「住まいの情報館」


作品は同館1階に展示されることになった


ハウスクエア横浜を運営する株式会社日本住情報交流センターの髙瀬雅通(たかせ・まさみち)常務取締役は、同作品を展示する理由を「(ハウスクエア横浜は)木造住宅を多く扱う住宅展示場なので、同じ木でできた横浜の街というところに魅力を感じた」とコメント。

 


近くで見るとその精巧さに改めて感動!


同作品を手掛けた、うく・ぬーた代表の藤信規之(ふじのぶ・のりゆき)さんは、「展示場所が決まらず処分することを考えた時期もありましたが、どうにか残したいと保管場所の準備をしていた矢先に今回のお話をいただきました。横浜の街を表現した作品なので、横浜で展示してもらえることが一番いい。展示場所が決まってとても安堵しています」と現在の心境を教えてくれました。

いずれはこの「積み木で作る横浜港」を使って、「自分の建てる木造の家が横浜の街にある姿」をよりイメージしてもらえるようなワークショップなども考えていきたいそうです。

横浜ベイブリッジからみなとみらい21地区まで、5畳ほどのサイズに縮小された横浜港の風景を楽しむことができる「積み木で作る横浜港」。

ハウスクエア横浜まで足を延ばしてみてはいかがでしょう?

-終わり-

ハウスクエア横浜
住所/横浜市都筑区中川1-4-1
営業時間/10時~18時
休館日/毎週水曜日(祝日を除く)
電話/045-912-4110
http://www.housquare.co.jp/

木のおもちゃ うく・ぬーた
住所/群馬県桐生市広沢町4丁目1834-1
http://www.ukunuta.jp

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜駅の地下通路があちこちで雨漏りしている理由とは?

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

ぴおシティで火災発生!その後の現状は?

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

【ニュース】三和交通が今年も「心霊スポット巡礼ツアー」を実施!

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?

普通の人が輝ける職場を! チームで最高のサービスを提供する社会保険労務士法人「D・プロデュース」

  • PR

こんな記事も読まれてます

某街番組でも取材拒否!? 保土ケ谷区のとあるビルの上にある謎の岩の正体に迫る!

「未経験でも固定給が高めで営業職に優しい」横浜駅チカの不動産会社をレポート

京急線黄金町駅のそばに、撤去しようとすると心霊現象が起きる駐車場がある!?

地震体験もできる横浜市民防災センターってどんなところ?

磯子区の住宅街、東京モノレールの走行実験車庫の跡地があるって本当?

上大岡駅バスターミナルにある水が流れない男性用「無水トイレ」って一体何?

横浜市でも2棟のビルで免震基準に満たない東洋ゴム工業の製品を使用! その詳細は?

横浜駅の地下通路があちこちで雨漏りしている理由とは?

新着記事