検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

江の島の参道奥にできた、「ネコ店長」のカフェが味わい深い

江の島の参道奥にできた、「ネコ店長」のカフェが味わい深い

ココがキニナル!

江の島を取材中に見つけた、ネコがかわいい定食カフェの魅力とは?

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

とある取材で江の島を散策中、ネコがねころんでいた。
 


気持ちよさそうに日向ぼっこ

 
江の島にはネコが多いので、野良猫を見るのも珍しくない。ところが、このネコの場合はさながら「招き猫」のように人だかりを作っている。
 


人だかりができているのは
 

こちらのお店の正面

 
場所は江の島の参道の階段を頂上まで上りきり、山二つを過ぎた先。江の島の奥の方という印象だ。
ネコに誘われるように、店内にお邪魔することにした。



オープンしたての「島舎(とうしゃ)」は懐かしい雰囲気
 


古民家を改装した店内は落ち着いた雰囲気


外光を取り入れた明るい店内に通され、「ご自由な席にどうぞ」と案内される。
 


どの席もいいな・・・

 
テーブルや椅子はどれもアンティーク、というよりも、昔懐かしい雰囲気のもので統一されており、迷った末に窓際の席に腰を落ち着けた。

ブレンドコーヒー(594円/税込・以下同)とチョコレートケーキ(496円)を注文。セットで100円引きになるそうでお得だ。
 


手作りのやさしい味わい。しっかりボリュームがあった

 
真新しいはずのお店なのに、慣れ親しんだような居心地の良さがある。夫婦で経営しているというこちらのお店、店主の冨永誠(とみなが・まこと)さんにお話を聞くことにした。



島の奥で手作りのお店を

「表のネコは、たぶんこのお店を開く前の民家に居ついていたネコのようです。お客さんは『店長』なんて呼んでくれています」。

そう教えてくださったオーナーの冨永夫妻は、2017(平成29)年11月にこのお店「島舎(とうしゃ)」をオープン。「島」の字は、「鳥」の下に「山」がついた異体字を使っている。「江の島の特徴を表した字でしょ?」というのがその理由だそうだ。
 


確かに、江の島っぽい!
 

フリーディレクターという顔も持つ冨永さん
 

このお店を開くために、冨永夫妻は東京都目黒区から藤沢市鵠沼に移住。夫の誠さんはテレビ番組などのフリーディレクターをしており、料理はもっぱら飲食業界の経験がある妻の絵美(えみ)さんが行っているという。
 


日替わりの定食メニューも自慢。次は食べる!

 
こだわりの内装は誠さんがプロデュースしたが、「このあたりには車が入ってくることができないので、内装工事の時には材料をすべて手で運ぶ必要があり、大変でした。周りの家など、一体どうやって作ったんだろうと思います・・・」と苦労を話してくれた。


さらに実はこのお店には「地下室もある」のだという。

現在は物置としても使っているということで中の写真はNGだったが、階段を降りるとひんやりとした空気が漂う地下室が現れる。ところが、大きな窓からは青空がのぞくという不思議な空間だ。

もともとお店は大正時代に斜面の近くに建てられた民家だったが、建築後に海風で地盤が削られていった。昭和になってから、地盤の補強も兼ねて地下室が作られたという経緯があるんだとか。そのため、海に開けた窓が設けられているようだ。

このちょっと不思議な地下室は、現在客席に改装中。ゴールデンウイークごろには利用できるようになるとのことなので、楽しみにしてほしい。
 


お見送り(してない)は、別のネコ

 
江の島を訪れた際には、必ずや再訪したいと思う。


ー終わりー


取材協力
㠀舎 TO-U-SHA
住所/藤沢市江の島2-6-10
電話/0466-66-6252
営業時間/午前10時~L.O.午後6時30分(定食は10時30分から)
定休日/不定休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ボードのメニューの横のメニュー?の説明書きも拡大してほしかったです~

おすすめ記事

牛乳なのに辛い!? 「ミルク麺」があるという幻の台湾料理店に突撃!

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

関内にある屋根のない謎のバーに突撃!

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

チョコの中には洋酒爆弾!? 1玉で酔えるラムボール「酔寿」で横浜バレンタイン

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【はまれぽ3周年特別企画】限界を超えろ!関内二郎でニンニクチョモランマ超えにチャレンジ!

横浜のクラフトビールが飲める醸造所があるって本当?

戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?

祝・開館25年!「新横浜ラーメン博物館」の今

学食グランプリ1位は神奈川大学! おいしさのヒミツは?

スーパープレミア日本酒がごっそり、ぴおシティ寿司処「かぐら」に突撃!

昭和の風情を残した飲み屋街、横浜駅西口「狸小路」に突撃!

牛乳なのに辛い!? 「ミルク麺」があるという幻の台湾料理店に突撃!

新着記事