検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

三崎下町商店街で「港の麺フェス」開催! 三崎マグロや三浦野菜を使った麺料理が集結!

ココがキニナル!

三崎下町商店街で開催される「港の麺フェス」。参加店舗とキニナルメニューをご紹介! 当日、はまれぽ編集部も参加するかも!?

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

2018(平成30)年4月14日~15日の2日間、マグロの街として有名な三崎下町商店街で「三崎 港の麺フェス」が開催される。

「三崎 港の麺フェス」は三崎下町商店街(日の出通り・入船すずらん通り・三崎銀座通り・西銀座通り)で実施される「MISAKIぐるぐる春まつり 2018」の一環として、三崎マグロやアカモク、三浦野菜といった三浦の“うまいもの”を使った、多国籍な麺料理を全9店舗で限定販売するイベントだ。
 


「三崎 港の麺フェス」参加店舗店主一同

 
参加店舗は、「えきめんや 三浦ご当地食べ比べ対決」で勝者となった「まぐろ親父」山田芳央(やまだ・よしお)さん率いる「くろば亭」をはじめ、三崎下町商店街を代表する各店。
提供するラーメンは一杯300~500円という価格で、いずれも食べやすいハーフサイズとなるため食べ比べができるのが嬉しい。
 
 
 

三崎 港の麺オールスターズ


 
三崎の魅力を楽しめる9店舗がこちら。うどん、そば、ラーメン、フォーなど、さまざまな麺料理が集結! ハーフサイズであれば、全9店舗制覇できそうだ!
 


えきめんや三崎下町店 by くろば亭「まぐろ親父のとろ天そば(300 円/税込・以下同)」


中華ポパイ「オリジナル鮪炸醤麺(500円)」


充電食堂まったり庵「懐かしの下町風ソース焼きそば(300円)」


うどん はるかぜ「三浦産パクチーとチキンのスパイスカレーうどん(450円)」


中華料理 牡丹「春限定あさりラーメン(500円)」


三崎港ラーメン「三浦野菜ちゃんぽん(400円)」


手打蕎麦 葉山商店「限定あかもくせいろそば(500円)」


港楽亭「三浦キャベツのアッサリ春さ麺(300円)」


タイ料理 トムヤンクン「まぐろトムヤムフォー(500円)」

 
さらに、50年以上営業している三浦市唯一の製麺所、「丸清製麺」による「みさきまぐろラーメン」「城ヶ島ラーメン」など、おみやげ麺の販売会も実施されるそうだ。

イベント当日、はまれぽ編集部も参加するかも!? ブルーのはまれぽ腕章をつけてマグロのように街をぐるぐると回っていたら、ぜひお声がけください!
 
 
ー終わりー
 
 
三崎 港の麺フェス
日時/2018年4月14日~15日、午前10時~午後6時
場所/三崎下町商店街

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

三浦市にある江戸時代から続く県内唯一の「大漁旗」の染物店とは

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

三崎港のドリンク持ち込み自由で試食できる太っ腹な干物店に直撃

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

三崎の海南神社が作ったパロディーっぽい「解難」お守りってなに

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

廃棄野菜と迷惑生物が三浦半島の「新名物」!? 話題の「キャベ

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

いよいよ横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 後編

【ニュース】お得なサービス満載の「野毛通手形ラリー」が今年もスタート!

港南区初のビール醸造所「ロトブルワリー」が上大岡ビールを解禁! そのお味は?

女性一人も大歓迎? 軍艦好きが集う戸部の「軍艦居酒屋 NAGATO」とは?

お客のいないラーメン屋「風の子」って本当に美味しくないの?

「イチゴ」を横浜で楽しみたい!【編集部厳選】

井土ヶ谷にある「チャイナ飯店」のデカ盛り「鳥肉チャーハン」を実食!

中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!

新着記事