検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

野毛山動物園のクジャクはなぜ放し飼いなの?

ココがキニナル!

野毛山動物園のクジャクはなぜ放し飼いなのですか?来園者としては、神出鬼没のワクワク感を楽しんでますが、飼育上の理由や園外に逃げ出したことがあるか知りたい。(harunawarasawaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

放し飼いの理由は、繁殖期のオス同士の喧嘩防止と、自然に近い状態のクジャクを見せるため!過去に園外への脱走はあるが無事捕獲したそうだ。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

野毛山動物園の見どころのひとつでもあるクジャクの放し飼い。

しかし、なぜ放し飼いなのだろう?また、放し飼いにすることで園内から脱出してしまわないのだろうか。そこで現地の様子を調査しに野毛山動物園へ向かった。

 

野毛山動物園外観






神出鬼没(?)なクジャクとの遭遇



インターネットで仕入れた事前情報によると、なかよし広場方面での遭遇率が高いようだ。
 


まずは園内案内図をチェック


園内に入り、道なりに右手へ進み、なかよし広場方面に向かうと・・・
 


いた!


投稿にあった神出鬼没(?)といわれるクジャクと早速遭遇してしまう。
これはたまたま偶然なんだろうか?少々動揺しながらもう少し歩いてみたところ・・・
 


またいた!


周りに人がいても物怖じせずに、マイペースで園内を練り歩いている。
どうやら人間にも慣れているようだ。
 


トコトコと
園内を歩きまわっていた


檻の中で飼われるよりは、外で放し飼いしたほうがクジャクにとっては恵まれた環境だろう。しかしなぜ放し飼いにしているのだろうか。そこら辺の事情を知るために、野毛山動物園の担当者に話を伺った。



放し飼いにしている理由とは?



今回、取材に応じてくれたのは、クジャクの飼育担当である植竹さんと広報の加藤さん。
 


飼育員の植竹さん(左)と広報の加藤さん(右)


現在、野毛山動物園で飼っているクジャクの種類は「インドクジャク」のみで、合計10羽を放し飼いにしているそうだ。
余談だが、白いクジャクは白色個体と呼ばれるもので、これでも立派なインドクジャク。
 


これでも立派なインドクジャク


ここでいよいよ本題。放し飼いの理由、それはオス同士が喧嘩してしまうのを防ぐためとのこと。
なんでも繁殖期になると、メスを奪い合う為に喧嘩してしまうんだとか。

また、餌場を3ヶ所に分け、各所ごとにオスを1羽とメスを数羽ずつ配置することで、オス同士が近づかないようにしているという工夫もなされている。


また、危険な動物ではないので放し飼いにすることで、より自然に近い状態のクジャクを見せることができるという理由もあるそうだ。



クジャクが園外へ脱走したことは?



放し飼いにしている理由は分かったが、放し飼いすることで園外へ逃げだしたりしないのだろうか?
実は4、5年前にメスのインドクジャク1が園外へ脱走するというハプニングが発生したんだそう。

その際は近隣住民から連絡があり、野毛山動物園から200~300m離れたところで無事捕獲したとのこと。
 


それ以来は大人しくしているそうだ


また、放し飼いにしていることに関して、来場客からの評判は上々だという。

実際、お客さん数名に話を伺ったところ、初めはびっくりしたけれども、こんなに近くで見る機会もなかなかないし、危害さえなければむしろ放し飼いは嬉しいとのことだ。
 


野毛山動物園にはよくいらっしゃるというTさん親子




終わりに



植竹さんいわく、クジャクと会える条件としては、天気がよく気温が高いときだそう。特に3月から8月は繁殖シーズンでクジャクの動きも活発のため、なかよし広場での遭遇率は高いとのこと。
なお、雨の日は木や屋根の下で雨宿りしているようだ。
 


運がよければ求愛しているクジャクの姿を見れるかも?


これから行楽シーズンとなり、外出の機会も多くなってくる。
その際には野毛山動物園へ足を運んでみてはいかがだろうか。
クジャクの恋の行方を見物するのもなかなかオツなものかもしれない。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • はい。くじゃくさん 実家の屋根に飛んできました!明け方は野毛山動物園の動物達の鳴き声がすごかったです。無料なので 野毛山動物園は遊び場でした

  • 飼い易い鳥なら、一度は飼ってみたいですね。マクジャク、インドクジャクともに。

  • 40年前はニワトリも放し飼いでしたよ、ポップコーンをこぼして歩いていた私は追いかけられました。(笑)

おすすめ記事

野毛山動物園、閉園の噂はホント?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

野毛山動物園の小動物は、他の動物のエサになっている?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横須賀・ドブ板通りで生まれたスカジャンの歴史

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

【編集部厳選!】自然を拝む日本人の心! 新年を迎え、初日の出や富士山が見えるスポット特集

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

こんな記事も読まれてます

『石川町駅に異変』 はまれぽ三面記事vol.26

【横浜・川崎・湘南で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(7月3日~7月9日)

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年7月29日~8月4日)

岡野新田の開発に携わった岡野良親さんってどんな人?

『GIANT KILLING』最新刊登場! 有隣堂 週間BOOKランキング 10月19日(日)〜10月25日(土)

日本最大級!「カワサキハロウィン2018」は年齢・境遇関係なく楽しめるイベント!

横浜駅西口のバレンタインの風物詩!?「ギブミーチョコ男子」の「今」がキニナル【編集部厳選】

横須賀・ドブ板通りで生まれたスカジャンの歴史

新着記事