検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

アンデスメロンを開発したサカタのタネは、ほかにも多くの野菜や果物の品種を開発しているそうですが、どんなものがあるのかレポートしてください。(hiwochanさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

2013年に創業100周年を迎えるサカタのタネ。創業者・坂田武雄の情熱を受け継ぎ、さまざまな花や野菜の品種の研究開発に取り組んでいる。

  • LINE
  • はてな

2013年03月26日

ライター:ほしば あずみ

世界で活躍するタネ屋さん

横浜市営地下鉄仲町台駅のそばに本社を置く株式会社サカタのタネ(資本金135億円、売上高約470億円、従業員数1850人、東証1部上場)。

サカタのタネは、今年2013年で創業100年になるという種苗会社で、おもに野菜や花のタネや苗を扱っている。種子の売上は日本一、世界でも野菜種子5位、花種子2位だという(2012年5月末)。
 


仲町台駅そばのサカタのタネ本社
 

本社周辺はオープンスペースになっていて誰でも通る事ができる
 

植えられている花はサカタのタネが開発した品種がほとんど


投稿にある「アンデスメロン」をはじめ、どんな品種が開発されてきたのか、100年の歴史とともに聞かせてくださったのは淡野一郎広報宣伝課長。
 


産経新聞や相鉄のフリーペーパー等で種苗に関するコラムの連載もしている淡野課長

 
まずはアンデスメロンの開発のいきさつについて。
「アンデスの前に、まず1962(昭和37)年に発売を開始したプリンスメロンの開発がありました。

メロンが高価なのは、ガラス温室で栽培する必要があり、支柱を立てて蔓(つる)をからませ1つの蔓に1つの果実しかつけない、手間とコストのかかる青果だからです。

これをビニールハウスや、ビニールトンネルを使い支柱を立てずに土の上を這わせる栽培でも収穫できるようにし、さらに1つの蔓に2玉つけるようにしたのがプリンスです。これによりコストが下がり、メロンがより身近な果実になりました」
 


大衆向けメロンの草分け的存在のプリンス
(画像提供 サカタのタネ:以下同)


この開発は、創業者の坂田武雄氏がフランスに出張した際に食べたメロンがきっかけだという。その美味しさに感動し、食べながらひそかに紙で包んだタネを手紙と共に日本へ送り、日本にもともとあるマクワウリと掛け合わせて生まれたのがプリンスだった。

「時々“皇太子の御成婚にちなんで名付けられた”と解説される事がありますが、本当は横浜の青果商の若旦那たちのグループ『プリンス会』に試食してもらい太鼓判を押してもらった事に由来しているんです」と淡野課長。
 


創業者・坂田武雄氏(右)。非常に研究熱心な方だったようだ

 
高級フルーツだったメロンを身近な存在にしたプリンス。だが、収穫時期の見極めが難しく、熟れ頃を外すと美味しくないという欠点もあった。また相変わらず表面がネット状になった「ネットメロン」は高級フルーツのまま。
栽培も収穫時期の見極めも容易なネットメロンが開発されたのは、プリンス発売から15年後。それがアンデスだ。

「“作って安心、売って安心、食べて安心”の『安心です』。メロンは芯をとって食べる果物なので、アンシンのシンをとって『アンデス』、これが名前の由来です」
 


高級フルーツだったネットメロンを身近な存在にしたアンデス。南米の山脈とは無関係


2011年には、庭やベランダでも手軽に作ることができる画期的なメロン「ころたん」も誕生。サカタのタネのメロンへのあくなきこだわりは今なお続いている。
 


てのひらサイズの「ころたん」
  

「ころたん」なら緑のカーテンでメロンを収穫できる!

 
 
 
サカタのタネ100年の歴史とは?
 
創業者・坂田武雄氏は、明治政府の農商務省(現在の農林水産省)が募集する海外実業練習生の農業部門に合格して国費でアメリカへ留学、さらに自費でヨーロッパへも留学した。帰国後の1913(大正2)年、六角橋に「坂田農園」を設立。

 
社名はその後、朝日農園、坂田商会、坂田種苗と変わり、1986(昭和61)年、サカタのタネとなる。(※「サカタのタネ」の商標登録は1938(昭和13)年)

 
本社の場所も横浜公園前、西平沼町、反町、井土ヶ谷と変遷し、現在の都筑区仲町台へ移ったのは1995(平成7)年の事だ。

 


1920年頃の本社。米国販売代理店のハーブスト氏(左)と坂田武雄氏
  

1928(昭和3)年、平沼本社の様子

 
 
・・・次のページ≫ 
 

神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 京急で自動音声があるのに、あえて肉声で英語のアナウンスをする車掌さんを発見(発聞?)聞きに乗って下さ...

  • 浜マーケットの小島屋さんが9月28日でクローズしてしまうらしい。。歴史もあるあのお店が無くなってしま...

  • 2016/9/1掲載の三浦虎二郎さん投稿記事京急安針塚を降り、JR横須賀線の田ノ浦踏切の傍らにある「...

最近のコメント

アクセスランキング