ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
23位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
26位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

野毛に『珍獣屋』という珍獣料理?が食べられる店があるのですが、どんな料理が出てくるのか非常にキニナルので突撃してきてください!(スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ウーパールーパー、ヤモリ、ワニなど、普段食べないものがいっぱい!一口食べるまではかなりの気合が必要でしたが、意外に美味しかった!

ライター:松宮 史佳 (2012年05月04日)

4月某日。GW直前の夜。携帯が鳴る。…まさかまたあの男か!?
恐る恐る電話に出ると、やはりあの男=編集部・吉田氏からの電話。

吉田:お前、今度は珍獣を食べろ!
松宮:・・・珍獣ってなによ?
吉田:明日取材しろ!
松宮:え!?
吉田:ユーザーさんがお前を指名してるから!じゃっ頼むぞ!
松宮:えぇ!? ちょっと!頼まれてないから・・・

ガチャッ!

・・・了承した覚えは一切ないのだが、「じゃっ頼むぞ!」といういつもの言葉で電話を切る吉田氏。
3秒で切らないと吉田氏の電話は爆発するのだろうか
・・・。

吉田氏の相変わらずの突然&問答無用ぶりに茫然とする松宮。が、突撃ライターの名にかけて取材せねば! 「珍獣」とはどんなものなのか。

電話で取材を申し込み、いざ「珍獣屋」へ!



「珍獣屋」に突撃

取材当日。JR桜木町駅から「珍獣屋」に向かう。
 


JR桜木町駅から野毛の柳小路へ
 

味わいのある「珍獣屋」看板


「珍獣屋」という店名からアヤしげかと思ったが、店内はお洒落な雰囲気で驚く。
 


“大人の隠れ家”という感じ
 

店内にはオーナーが弾くというギターも


店長の福岡勲さんから「『珍獣屋』のオーナーは以前ここでバーをやっていた」とお話を伺い、だからバーのような造りなのかと納得。
 


オーナーよりお店を任されている店長の福岡さん  


「珍獣屋」のオーナーはフレンチのシェフで、食材としてジビエ(野生の鳥獣)を取り扱っていた。食材を探すうち、“もっと変わったモノを”と珍獣に辿り着き、2009(平成21)年12月に「珍獣屋」をオープン。
 


珍獣以外のメニューも充実


客層は20代から40代。来店した人のTwitterなどを見て店に来る人が多いそうだ。最初は皆“怖いモノ見たさ”で来店するが、「うちにしかないモノを目当てにまた来てくれる」と福岡さん。なお、特別なルートがあるため、季節や仕入れ状況により「価格は変動しない」とのこと。

人気のメニューはクセがなく食べやすい「ラクダ」や「カンガルー」。が、残念ながら“本日は売り切れ”!
 


仕入れ状況により異なるのでメニューは“黒板に手書き”


と、いうことで他のメニューを考えることに。


この世に食べれないものなど無いッ!と意気込んでみたものの・・・見た目のビジュアルに挫折?≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事