ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今では外資や新規進出の方が目立つ横浜市内ホテル事情ですが、横浜で一番有名な地元老舗ホテルである「ホテルニューグランド」が19年4月から隣接複合ビルでパンの自社製造を始めると。確かに多くのホテルがホテル...

    よこはまいちばんさん

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

藤棚から野毛に向かう水道道の途中に「峠の茶屋」がある。たしかに坂の上だけど・・・峠って・・・。昔、旅人が休んだ所なんでしょうかねぇ。由来とか教えてください。(きいちさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

店名の由来に歴史的背景はなく、ずばり店の近くに急坂があるから!浅からぬ歴史を持つ老舗食堂として地域の人々に親しまれていた。

ライター:篠原 章公 (2012年05月28日)

「ハアッ・・・ハア・・・ハア・・・

今回の調査対象である西区西戸部町の「峠の茶屋」へ向かうべく、筆者は桜木町方面から藤棚方面へと続く水道道を歩いていた。

野毛山動物園を過ぎ、はまれぽの調査で西区ナンバー1の急坂に認定された通称「尻こすり坂」など、連続する坂道を何とか登り切ると、ついに目的の店舗に到着した。
 


坂には急勾配を示す標識が
 

ようやく「峠の茶屋」へ到着!




いざ店内へ
 


「茶屋」なのに「中華」!?


現地に着いて改めて看板を見てみると、やはりそのユニークな店名と、茶屋なのに中華料理をプッシュしている点などがキニナって仕方ない。いざ真相を調査するべく、ガラガラと戸を開けて中に入ると、愛嬌たっぷりの店主が迎えてくれた。
 


店主の石田容子さん


さっそく話を伺うと、「峠の茶屋」は1964(昭和39)年、東京オリンピックの年に容子さんとお父様の2人で始められたお店とのこと。お父様が中華の料理人だったことから、当初は中華料理がメインのお店として開業。出前も行っていたという。
 


店内はカウンターも含めて9席ほど


店名もお父様が付けられたとのことで、「旅人たちの憩いの場だった」というような歴史的背景はなく、「お店の近くに急坂が多いことから」という単純明快な理由が由来となっている。

峠というと字の示す通り山の頂上を指すのが一般的だが、そのあたりはご愛嬌と言う事であまり気にしない方がいいようだ。
 


甘味はないが、ドリンクのメニューは豊富


また、「茶屋」というとあんみつやお団子などの甘味が連想されるが、食堂として経営されていることとのギャップについて尋ねると、
「やっぱり『茶屋』っていうとそういうイメージがあるわよね。昔、お客さんに『甘いもの出せばいいのに』って言われたことはあるけど・・・ウフフ」と笑いながら話してくれた。
 


奥のテーブルは麻雀卓だった


―これ、雀卓ですよね?
「あら、あなた麻雀やるの?」
といった会話をきっかけに、話題はお店が一番繁盛していた時代の話に。



中華料理店として開業したが、その後スナックへと営業形態を変更!?キニナル続きは次ページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事