ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コスモクロックは横浜を象徴する建物のひとつだと思います。市民としては『どんな時は消灯しているのか』『どんな風にメンテナンスするのか』『灯りの色が変わる時があるのか』くらいは 説明出来るようにしておきた...

    たかし君さん

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内にある「大盛り」や「激辛」などのチャレンジメニューのあるお店を特集してください。(かにさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

総重量2㎏! メガヘル盛りという山のようにそびえ立つ、ぶっかけうどんを出す「うどん工房さぬき 伊勢佐木町店」に挑戦。

ライター:はまれぽ編集部 (2013年03月02日)

「大盛りや激辛のチャレンジメニューがある店を特集してください」との投稿を受け、鬼のはまれぽ編集長に「新人なんだから、やる気を見せてみろ! まずは大盛りからな!」と理不尽な命令を受け、大食いでも何でもない普通の女、はまれぽ編集部新人の伊東が挑戦することに。

そこで、インターネットで検索してみると、横浜市内で大盛りチャレンジメニューを出しているお店は意外にも少ない。よし! このまま見つからなければ、このネタは回避できる! と思ったそのとき・・・
 


見つかりませんように・・・と祈る伊東
 

チラッ
 

見つけてしまった・・・




雪をかぶった山!?  巨大ぶっかけうどん

見つけたのは、中区伊勢佐木町にある「うどん工房さぬき 伊勢佐木町店」。
 


伊勢佐木町商店街の中にあるうどん屋さん


開店して5年ほどのお店だが、常にお客さんが出入りしているという人気店だ。
 


「うどんの大盛りなんて、大したことないっすよ」とひらきなおる伊東


「さぬき」が提供しているチャレンジメニューは、ヘル盛りぶっかけうどん(1.3kg)で800円、メガヘル盛りぶっかけうどん(約2kg)で1000円。

2kgなんて想像できない、むしろしたくない量だが、普通サイズのぶっかけうどん6~7杯分。
30分以内で完食できたら、300円がキャッシュバックされる。ちなみに「ヘル」とは「地獄」を意味する「HELL」だ。

もちろん、注文したのは、チャレンジメニューの中で一番量の多い、メガヘル盛りぶっかけうどん。
店内はカウンター8席なので、ほかのお客様のご迷惑にならないよう、外でうどんが茹で上がるのを待つことに。
その間、「さぬき」のオーナー、細川さんにお話を伺った。
 


寒いのに最後まで外で付き合ってくださった、オーナー細川さん


チャレンジメニューを始めたのは、5年前の開店当初から。理由は単純に、「面白そうだから」。はじめは1.3kgのヘル盛りだけだったが、若いお客さんが来店することが多く、ヘル盛りだとペロッと平らげられてしまうため、メガヘル盛りを作ったという。

メガヘル盛りが出るのは、2ヶ月に1杯のペース。お客さんでチャレンジに成功したのは今のところ1人。15分で平らげたそうだ。そのお客さんいわく、おいしさを感じることができるのは、1.5kgまでらしい。

細川さんの話を聞いて、だんだん不安の色が濃くなってきたころ、噂のメガヘル盛りぶっかけうどんが登場!
 


通常サイズのぶっかけうどん(左)とメガヘル盛り
 

想像以上の量にぼうぜん・・・


目の前に立ちはだかる、大根おろしの雪をかぶった巨大なうどんの山に戦意喪失・・・。しかし、鬼編集長の顔を思い出したのか、「30分間、とにかく食べ続けてやりますよ」 と果敢に挑む。タレをかけて、いただきます! 



いよいよチャレンジスタート!
 


勢いをつけて吸いこもうとするが、うまく吸いこめない


麺はコシがあって、すごい弾力! だしの効いたタレと、大根おろしのさっぱりとした辛さが調和し、しょうがのアクセントも麺に合う、合う。絡む、絡む。と嬉しそう。

「これなら全部食べられるかも!」と、どんどん箸を進める。
 


写真では崩れているが、途中「味を変えたい」とのわがままで生玉子をトッピング
 

行き通う人々に注目されながら、1人黙々と食べ続ける普通の女
  


はたして食べきることはできるのか!?・・・続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事