ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

    はま弁必要ですか?家庭弁当が基本、家庭弁当は親子の絆を深めるなどと苦しい言い訳から今度ははま弁導入したからもっと利用して欲しい利用者を増やしたいって言ってる事がめちゃくちゃな気がするんですが。当日注文...

    ちゃたろうさん

    川崎区の神奈川県議会議員が高校生をひき逃げしたというショッキングなニュースがありました。立ち去る際に1万円を渡していたという続報や、警察に連絡しなければならない義務を「知らなかった」としているのにもビ...

    mimiaさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内にある「大盛り」や「激辛」などのチャレンジメニューのあるお店を特集してください。(かにさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

総重量2㎏! メガヘル盛りという山のようにそびえ立つ、ぶっかけうどんを出す「うどん工房さぬき 伊勢佐木町店」に挑戦。

ライター:はまれぽ編集部 (2013年03月02日)

「大盛りや激辛のチャレンジメニューがある店を特集してください」との投稿を受け、鬼のはまれぽ編集長に「新人なんだから、やる気を見せてみろ! まずは大盛りからな!」と理不尽な命令を受け、大食いでも何でもない普通の女、はまれぽ編集部新人の伊東が挑戦することに。

そこで、インターネットで検索してみると、横浜市内で大盛りチャレンジメニューを出しているお店は意外にも少ない。よし! このまま見つからなければ、このネタは回避できる! と思ったそのとき・・・
 


見つかりませんように・・・と祈る伊東
 

チラッ
 

見つけてしまった・・・




雪をかぶった山!?  巨大ぶっかけうどん

見つけたのは、中区伊勢佐木町にある「うどん工房さぬき 伊勢佐木町店」。
 


伊勢佐木町商店街の中にあるうどん屋さん


開店して5年ほどのお店だが、常にお客さんが出入りしているという人気店だ。
 


「うどんの大盛りなんて、大したことないっすよ」とひらきなおる伊東


「さぬき」が提供しているチャレンジメニューは、ヘル盛りぶっかけうどん(1.3kg)で800円、メガヘル盛りぶっかけうどん(約2kg)で1000円。

2kgなんて想像できない、むしろしたくない量だが、普通サイズのぶっかけうどん6~7杯分。
30分以内で完食できたら、300円がキャッシュバックされる。ちなみに「ヘル」とは「地獄」を意味する「HELL」だ。

もちろん、注文したのは、チャレンジメニューの中で一番量の多い、メガヘル盛りぶっかけうどん。
店内はカウンター8席なので、ほかのお客様のご迷惑にならないよう、外でうどんが茹で上がるのを待つことに。
その間、「さぬき」のオーナー、細川さんにお話を伺った。
 


寒いのに最後まで外で付き合ってくださった、オーナー細川さん


チャレンジメニューを始めたのは、5年前の開店当初から。理由は単純に、「面白そうだから」。はじめは1.3kgのヘル盛りだけだったが、若いお客さんが来店することが多く、ヘル盛りだとペロッと平らげられてしまうため、メガヘル盛りを作ったという。

メガヘル盛りが出るのは、2ヶ月に1杯のペース。お客さんでチャレンジに成功したのは今のところ1人。15分で平らげたそうだ。そのお客さんいわく、おいしさを感じることができるのは、1.5kgまでらしい。

細川さんの話を聞いて、だんだん不安の色が濃くなってきたころ、噂のメガヘル盛りぶっかけうどんが登場!
 


通常サイズのぶっかけうどん(左)とメガヘル盛り
 

想像以上の量にぼうぜん・・・


目の前に立ちはだかる、大根おろしの雪をかぶった巨大なうどんの山に戦意喪失・・・。しかし、鬼編集長の顔を思い出したのか、「30分間、とにかく食べ続けてやりますよ」 と果敢に挑む。タレをかけて、いただきます! 



いよいよチャレンジスタート!
 


勢いをつけて吸いこもうとするが、うまく吸いこめない


麺はコシがあって、すごい弾力! だしの効いたタレと、大根おろしのさっぱりとした辛さが調和し、しょうがのアクセントも麺に合う、合う。絡む、絡む。と嬉しそう。

「これなら全部食べられるかも!」と、どんどん箸を進める。
 


写真では崩れているが、途中「味を変えたい」とのわがままで生玉子をトッピング
 

行き通う人々に注目されながら、1人黙々と食べ続ける普通の女
  


はたして食べきることはできるのか!?・・・続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事