検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

マリノスタウンの記事、興味深く読みました。横浜のもう一つのJリーグチーム、横浜FCのクラブハウスも取材してください(toguraさん)/横浜FCに関したネタお願いします(yumaryoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

情熱によって生まれた横浜FCは、「近い」をキーワードに、地域に根ざした地道な活動を続けて成果を見せ始めている。

  • LINE
  • はてな

2013年04月01日

ライター:はまれぽ編集部

横浜に住む古くからのサッカーファンなら、1998(平成10)年10月に起こった騒動を記憶している方は多いだろう。横浜マリノス(当時)と横浜フリューゲルス、横浜に拠点を置く2つのチームが合併するというニュースは、世間を驚かせた。

横浜FCの誕生は、1999(平成11)年。ドイツで活躍し日本サッカー界をけん引した奥寺康彦(現・横浜FC会長)氏をゼネラルマネージャーに迎え、「ゼロから作り上げ、育てていくこと」を理念に発足した。もちろん、横浜にあったチームの合併と無縁ではない。
 


チームカラーは雲、空、海をイメージ




名将・名選手とともに歩みを続ける横浜FC

チームの滑り出しは上々だった。同年、Jリーグの2部制移行にともなって発足したJFL(日本フットボールリーグ)に、横浜FCは準会員として参加。ドイツのスーパースター、ピエール・リトバルスキー監督の指揮のもと、JFLの総合優勝を果たす。

翌年も破竹の勢いで勝利を重ね、JFL連覇を達成。晴れてJリーグ加盟が承認され、2001(平成13)年、J2リーグに参加した。
 


2005(平成17)年、三浦知良選手が加入しチームは勢いを増した
(写真提供:横浜FC)


その後は苦戦を強いられるも、徐々にチーム力を高めていく。2005(平成17)年のシーズン中には、日本サッカー界の至宝・キングカズこと三浦知良選手を獲得。同時期に、元日本代表の山口素弘選手(現・横浜FC監督)が加わった。

2006(平成18)年、悲願だったJ2リーグ優勝を決め、ついにJリーグ最高峰・J1リーグに挑戦する権利を得る。しかし、その壁は厚く、1シーズンでJ2リーグに降格。再起を誓い、「攻撃的サッカー」を掲げてチームを再編し、現在は山口監督の指揮のもとJ1復帰を狙っている。



クラブの特徴は「近い」ということ

横浜FCが目指すのは「地域に根ざしたサッカークラブ」だ。チームを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブ事業部統括部長の藤原兼蔵さんは、「声の届きやすいクラブだと自負しています」と話す。
 


「J1に昇格し、“定着”することが必要」と藤原さん


「サポーターの方が応援してくださる大きな理由のひとつは、さまざまな意味で“近い”ということ。クラブがどういう方針で経営しているのか、選手育成の進捗はどうなっているのか、有志の方とのミーティングを定期的に開催するなどして、ご意見を募っています」

たとえば、かつてポスターにはホームゲームのスケジュールしか掲載していなかった。チケットの収入がチームに入るのはホームの試合だけだからだ。しかし、サポーターからすれば、アウェイだろうがホームだろうが、チームが戦っているのに変わりはない。掲載すべきだという声を聞き、すぐに変更したという。
 


近くで見学したいという要望を受け、練習場のそばにベンチを設置した


「ただ、近いと言っても、子どもたちにとって選手は“憧れの存在”でなくてはいけない。まだまだ足りない部分は多いですが、そこはクラブとして見せ方や接し方を考えなくてはいけないところですね」
 


練習では、試合とは違った表情を見られるのも楽しみ


「横浜」という、地名のブランド力が強い都市での活動の難しさもある。「横浜FCのおかげで、横浜のPRができました」とはなりにくいのが実情だろう。

「たとえば“横浜市”に比べると、“保土ケ谷区”や“神奈川区”という地名の露出は多くないと思うんです。そこに、『横浜FCのカズが保土ケ谷の小学校を訪問』といった話題がメディアに取り上げられると、地元の方に喜んでいただけて、それをきっかけに応援していただける方も増えるのではないかと考えています」


地域密着クラブの「近い」を体感する・・・次のページ≫
 

おすすめ記事

マリノスタウンの中はどんな設備?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

社会人サッカーチーム「Y.S.C.C.」ってどんなチーム?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

チケット完売! 「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018」の楽しみ方は?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

ここって本当に果物店? 横浜西口「松弥フルーツ」がピンク系書店になった理由とは

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

横浜西口ではしご酒! お盆明けの一大イベント「街バル」に参加してきた

    • 面白かった3
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年08月18日

かつて栄えていた西区の平沼商店街。にぎわいを取り戻すための施策とは?

    • 面白かった184
    • 面白くなかった8
    • コメント10
  • 2018年08月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR
NEW

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 栄区には、栄区民音頭というオリジナルの盆踊りがあるのですが、ほかの区でも、独自の盆踊りがあるのですか...

  • 東急相鉄直通線の工事をしていますが、路線の名称は、新東横線になるかキニナリマス。

  • 横浜高速鉄道の車庫計画が有りますが、どんな計画かキニナリマス。

あなたはどう思う?

8月中もまだまだ行われる花火大会。どの花火大会を見る?

最近のコメント