ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ヒアリのその後はどうなったのか?日本の寒さにはヒアリは耐えられないから大丈夫という説は当てはまらず、空調の室外機など温かいところで寒さをしのぐ可能性があるらしいです。

    ナチュラルマンさん

    上大岡の京急百貨店4階テラスには、なにやらどこかの地図のようなオブジェがあります。港南区や南区とも違うようですが何処の地図?

    westband2さん

    川崎区のディープな所に焦点を当てている「ルポ 川崎」が5刷になるほど売れているようです。川崎駅周辺はラゾーナの開業以来、先週末の北口改札やアトレ川崎のリニューアルに至るまで、かなりの開発で華やかになり...

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

マリノスタウンの記事、興味深く読みました。横浜のもう一つのJリーグチーム、横浜FCのクラブハウスも取材してください(toguraさん)/横浜FCに関したネタお願いします(yumaryoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

情熱によって生まれた横浜FCは、「近い」をキーワードに、地域に根ざした地道な活動を続けて成果を見せ始めている。

ライター:はまれぽ編集部 (2013年04月01日)

横浜に住む古くからのサッカーファンなら、1998(平成10)年10月に起こった騒動を記憶している方は多いだろう。横浜マリノス(当時)と横浜フリューゲルス、横浜に拠点を置く2つのチームが合併するというニュースは、世間を驚かせた。

横浜FCの誕生は、1999(平成11)年。ドイツで活躍し日本サッカー界をけん引した奥寺康彦(現・横浜FC会長)氏をゼネラルマネージャーに迎え、「ゼロから作り上げ、育てていくこと」を理念に発足した。もちろん、横浜にあったチームの合併と無縁ではない。
 


チームカラーは雲、空、海をイメージ




名将・名選手とともに歩みを続ける横浜FC

チームの滑り出しは上々だった。同年、Jリーグの2部制移行にともなって発足したJFL(日本フットボールリーグ)に、横浜FCは準会員として参加。ドイツのスーパースター、ピエール・リトバルスキー監督の指揮のもと、JFLの総合優勝を果たす。

翌年も破竹の勢いで勝利を重ね、JFL連覇を達成。晴れてJリーグ加盟が承認され、2001(平成13)年、J2リーグに参加した。
 


2005(平成17)年、三浦知良選手が加入しチームは勢いを増した
(写真提供:横浜FC)


その後は苦戦を強いられるも、徐々にチーム力を高めていく。2005(平成17)年のシーズン中には、日本サッカー界の至宝・キングカズこと三浦知良選手を獲得。同時期に、元日本代表の山口素弘選手(現・横浜FC監督)が加わった。

2006(平成18)年、悲願だったJ2リーグ優勝を決め、ついにJリーグ最高峰・J1リーグに挑戦する権利を得る。しかし、その壁は厚く、1シーズンでJ2リーグに降格。再起を誓い、「攻撃的サッカー」を掲げてチームを再編し、現在は山口監督の指揮のもとJ1復帰を狙っている。



クラブの特徴は「近い」ということ

横浜FCが目指すのは「地域に根ざしたサッカークラブ」だ。チームを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブ事業部統括部長の藤原兼蔵さんは、「声の届きやすいクラブだと自負しています」と話す。
 


「J1に昇格し、“定着”することが必要」と藤原さん


「サポーターの方が応援してくださる大きな理由のひとつは、さまざまな意味で“近い”ということ。クラブがどういう方針で経営しているのか、選手育成の進捗はどうなっているのか、有志の方とのミーティングを定期的に開催するなどして、ご意見を募っています」

たとえば、かつてポスターにはホームゲームのスケジュールしか掲載していなかった。チケットの収入がチームに入るのはホームの試合だけだからだ。しかし、サポーターからすれば、アウェイだろうがホームだろうが、チームが戦っているのに変わりはない。掲載すべきだという声を聞き、すぐに変更したという。
 


近くで見学したいという要望を受け、練習場のそばにベンチを設置した


「ただ、近いと言っても、子どもたちにとって選手は“憧れの存在”でなくてはいけない。まだまだ足りない部分は多いですが、そこはクラブとして見せ方や接し方を考えなくてはいけないところですね」
 


練習では、試合とは違った表情を見られるのも楽しみ


「横浜」という、地名のブランド力が強い都市での活動の難しさもある。「横浜FCのおかげで、横浜のPRができました」とはなりにくいのが実情だろう。

「たとえば“横浜市”に比べると、“保土ケ谷区”や“神奈川区”という地名の露出は多くないと思うんです。そこに、『横浜FCのカズが保土ケ谷の小学校を訪問』といった話題がメディアに取り上げられると、地元の方に喜んでいただけて、それをきっかけに応援していただける方も増えるのではないかと考えています」


地域密着クラブの「近い」を体感する・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事