ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    都筑区の宮台農園で年に2週間ほどしか販売されない希少品種のキウイ「横浜レッド」がキニナル。酸味が無くあまーいキウイだそうです。

    スさん

    今仕入れた情報によると、神奈川区入江町プールを廃止したい本当の理由は、プールと公園をブッ潰して高層マンションを作る計画だそうです。要は利権問題が絡んでいたそうですよ。また三菱が絡んでるのかも?この辺り...

    まゆタロさん

    市営プール全て廃止を実行していく件や給食時間15分の謎について日本共産党の古谷やすひこ議員が中学生のお子さんいるみたいで、色々調べたりしてるみたい。現役中学生達に取材して印象聞いたりするなど、取材方法...

    まゆタロさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
5位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
9位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
10位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
11位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
14位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
19位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
25位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
26位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
29位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
30位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急高架にある戸部駅の案内表示。北は銀座、押上、成田方面。南は三浦海岸、南房総方面。。。南房総?フェリー乗らないと行けないんですけど!なぜこんなに遠くの案内標識にしてしまったのでしょう(TEYさん)

はまれぽ調査結果

1955(昭和30)年頃に実施された、京急を利用した観光開発事業による旅客誘致の一環として記載されたという説が有力!

ライター:篠原 章公 (2013年04月08日)

投稿によれば、戸部駅近くにある京急の高架にはキニナル案内表示があるとのこと。
早速、現地へ赴いた。



現地へ行ってみた
 


京浜急行電鉄・戸部駅
 

駅を出てすぐの位置にある高架を確認してみると・・・
 

確かに「南房総」の記述がある


まさに投稿のとおり、表示されているほかの地域には電車を乗り継いで行くことができるが、「南房総」は久里浜からフェリーに乗り継いで行かなければならない。

実際に戸部から房総の地に降り立つにはある程度の時間が必要だとも思えるが・・・
いったいなぜ、このような案内表示をすることになったのだろうか。
京急電鉄に取材を試みた。



京急広報担当の方に聞く

―戸部駅近くの高架に書かれている案内表示ですが、「南房総」を書いた理由を教えていただけますでしょうか。

「建設当時を知る担当者がいないため定かではありませんが、京急久里浜駅近くには久里浜港があり、房総半島行の東京湾フェリーが運航されております。現在はそれに伴う割引きっぷなども販売しておりますが、それ以前に、京急では古くから当社線を通じた房総半島への旅客誘致を行っていたため掲載されたのではないかと思われます」
 


市内を走る京浜急行


―なるほど、“古くから”というのは具体的にいつ頃からなのでしょうか。

「京急久里浜駅が開業したのが1942(昭和17)年12月、戸部駅は1931(昭和6)年12月と大変古く、東京湾フェリーの開業とともに、京急線を利用した房総半島への旅客誘致が始まったものと思われます。

その当時の旅客誘致がどういったものだったか、中吊り広告や企画の資料が残っておりませんので定かではありませんが、社史によりますと、当社は1955(昭和30)年頃から観光開発に力を注いだ活動も顕著になっており、三浦半島から南房総までを視野におさめたスケールの大きな観光開発事業は代表的な事例であったとあります。」
 


京急線社内の広告


「南房総への進出は、1956(昭和31)年から着手されており、この年の7月からは定期客船が横須賀~富津間1日3往復を開始、すでにあった富津観光ホテルの増築や油壺レストハウス(現在の観潮荘)の完成などもあり、三浦・房総両地域は、ひとつの観光を形成したとあります。高架橋の方面案内自体も当時の旅客誘致の一環として記載されたものと思われます」

正確な資料や写真などが残っていないのは非常に残念だが、上記の内容から大まかに考えて、高架の案内表示は昭和30~40年代に、南房総への旅客誘致の一環として書かれたということで間違いなさそうだ。

さて、それでは戸部駅から南房総まで、案内表示の示すとおりに向かってみると、いったいどのくらいの時間がかかるのだろうか。
今回は京急電鉄から発行されている「東京湾フェリー往復きっぷ」を使用し、実際に南房総へ行ってみた。



横浜を飛び出し、いざ南房総へ!・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事