検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

大さん橋のバス停近くに海上保安庁のマンホールがあります。これは何のためにあるのか気になります。場所はジョナサン山下公園店の向かい側です(Aloha.Rickyさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

謎のマンホールは、横浜海上保安部が管理する灯台の電力ケーブルを通す入口で、付近にケーブル関係の機械があるためジョナサン前に埋設された

  • LINE
  • はてな

2013年07月10日

ライター:クドー・シュンサク

日本名では人孔(じんこう)や潜孔(せんこう)と呼ばれるマンホール。必要最低限の大きさで作られたことから、人(man)が一人、入れる穴(hole)「マンホール」と名づけられた。

なぜか陸上に存在している「海の安全を守る海上保安庁」のマンホール。一体何のためにあるのか、伺いに行くことに。


投稿にあったマンホール

 


海とマンホールの関係
 


横浜市中区にある横浜海上保安部海上保安庁


受付で取材の旨を伝えると、海上保安庁交通課の課長である安徳弘幸(あんとくひろゆき)さんと主任航行援助管理官の尾形博幸(おがたひろゆき)さんとお話しする運びになり、交通課へ案内していただいた。
 


海のもしもは118番へ


まず、海上保安庁交通課の方々にマンホールが何のためにあるか、単刀直入に伺った。

回答は、海上保安庁が管理している灯台の電力ケーブルを中に通す入口として埋設されたとのこと。ケーブルは灯台18基分通っていて、マンホールは1982(昭和57)年に埋設されたという。

実際に現地で、マンホールを開けて中に入れてもらい、様子を見せていただくことはできるか尋ねてみた。
 


「それはちょっとぉ・・・無理ですねぇ」と写真(左)の安徳さんと無言の尾形さん


マンホールの開閉は海上保安庁で行っておらず、緊急時のみ工事業者に委託。定期的に電力ケーブルを点検する目的で作られたマンホールではなく、緊急時や故障、トラブルの際に開けるために作られたという。

投稿にあったジョナサン前に埋設された理由は、付近にある横浜第2港湾合同庁舎に、海上保安庁交通課が管理するケーブル関係の機械があるから、とのこと。

マンホールに入れないということで、少々残念な風が吹いたが、マンホールに通っているケーブルの灯台のひとつを見せていただけるとのこと。ありがたく案内していただくことに。
 


このあたりの灯台18基分のケーブルがマンホール下に通っているという
 

海上保安庁から眺める横浜港

 

 


 

はまれぽ編集部のイチオシ

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

圧巻3500種のメガネを展開する「メガネの~~アイガン!」横浜本店を徹底取材

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング