検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

夏といえば湘南の海!気になるのがトンビの存在です。湘南のトンビ被害の状況をレポートしてください。「孤独のグルメ」に出てきた江の島丼の店でご飯を食べて、トンビが現れるかも調べてほしい(maniaさん)

はまれぽ調査結果!

観光協会や地元の店による地道な啓蒙活動によって、トンビの被害は減少し一段落している模様。食べ物をチラつかせてのトンビ餌付けはダメ!ゼッタイ!

  • LINE
  • はてな

2013年07月25日

ライター:細野 誠治

現状は?

“ハマっ子の夏”といえば湘南!? そして、海辺でキニナルのが食べ物を狙うトンビたち。一時期はその被害の大きさで世間を騒がせたことも・・・。

なかでもトンビが多く生息している江の島は、今どうなっているのか? 確かめに行ってきました!
 


夏休み直前の西浜海水浴場(水着のお姉さんがいない・・・)


調査をしたのは夏休み直前の平日とあって、最盛期とはいえない状況。とはいえ、駅や近くの駐車場からは、ぽつぽつと人が吐き出されてきていた。

まずは現状がどうなっているのか? 藤沢市観光協会に話を聞いてみた。
 


1階部分に観光センター。2階に観光協会の入る建物


訪れた観光客への応対に忙しいなか、お話を伺ってみた(オンシーズンで多忙ということで撮影はNG)。

まずトンビの手口は、食べ物を持っている人間の背後、肩口をかすめて奪うということ(これでクチバシや爪で頬を切られる)。食べ物なら何でも奪っていくらしく、意外にもソフトクリームもよく狙われるらしい。
 


鋭いクチバシと爪を持つトンビ


ここ、観光センターや地元のお店は「トンビに注意」という喚起を積極的に行っており、事実、被害は減っているという。また幸いにも「救急車による搬送」という事態は観光協会が知る限り無いそうだ。

では江の島での危険ポイントはというと・・・


・江の島に上陸してすぐの「青銅の鳥居」前
・江の島頂上の広場


・・・の2ヶ所。皆さま、ぜひご留意を。

ちなみに、キニナル質問にもあったマンガ版「孤独のグルメ」で、「トンビに餌付け」をする描写(主人公が江の島にある食堂〈後述〉に行くと、店員が窓から食べ物を投げ、トンビが見事キャッチ! という場面)だが、担当者いわく・・・

「本当に危険です。絶対に絶対に、ゼッタイに止めてください!」と表情を曇らせた。

野生動物への安易な餌やりは絶対にダメですよー。

最後に担当の方から「江の島の下道にはトンビの巣が多い」ということを教えてもらい、建物を後にする。




海水浴場は?

さて、情報を仕入れたら今度は実際に現場に立ってみよう。
と、その前に「浜の方はどうなってるの?」というわけで、西浜海水浴場に足を向けてみた。
 


西浜から江の島を望む


お話を伺ったのは、弁天橋すぐの「西浜亭」さん。
 


“海の家”の老舗「西浜亭」の栗原道代さん


「浜でのトンビ被害はありますか?」の質問に答えてくださった栗原さんによると「最近は、被害は少ない」という。

「(被害は)昔はね。今じゃあんまり聞かないけど。最近はお客さんもトンビが来るって分かってるから。やられるのは事情を知らない県外のお客さんよ」

これは啓蒙活動が実を結んでいるのでは???

ここで、観光協会で聞いた「トンビはソフトクリームが好き?」という疑問をぶつけてみた。すると栗原さん、合点がいったのか大きくうなずき、「色じゃない? 私の感想だと白いものとか襲われる気がするけど・・・」。コロッケなど、揚げ物を包んだ白い紙がよく狙われている印象だとか。
 


浜辺は残飯狙いだろうか、トンビよりカラスの方が目に付いた(それでも少数だったが)


なるほど。下情報を仕入れたところで本丸・江の島に上陸してみよう。


 

はまれぽ編集部のイチオシ

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング