ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    アクアライン開通20周年で千葉県知事は800円の暫定通行料金の恒久化を意気込んでいるようです。勿論対岸の神奈川県側にも様々に経済効果も得られているものの、もう一方のルートである東京湾フェリー(久里浜~...

    よこはまいちばんさん

    以前はまれぽで取り上げていた初音ヶ丘サークルKサンクスが、焼きたてピザやパンも扱うローソンに変わってました。交番裏の丘も工事中に…久し振りに保土ヶ谷公園と交番の辺りを取材してください。

    ホトリコさん

    県立がんセンターの重粒子線治療部門が専門医の相次ぐ退職意向で存続危機と。重粒子線治療はがん患者にとって現状での究極の選択と言っても過言ではない筈で、昨年2月からは先進医療にも適合されて待ち望まれていた...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
2位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
3位
林文子市長の名入り生花は公職選挙法違反?
4位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者の投開票結果!
5位
横浜市の住民税って高いの?
6位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
7位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
10位
横浜市職員の給料は高いのか!?
11位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
12位
横浜刑務所ってどんなところ? 矯正展の様子は?
13位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
14位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
15位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
16位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
17位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
18位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
19位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
20位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
21位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
22位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
23位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
24位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
25位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
26位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
27位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
30位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内18区の区名の由来を教えてください(KZさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「区名の由来」最終回は、1986(昭和61)年にできた栄区・泉区、1994(平成6)年にできた都筑区・青葉区の由来をご紹介!

ライター:田中 大輔 (2013年08月27日)

横浜市内にある18の区の名前の由来を調べるこの企画も、いよいよ最終回を迎えた。

過去の記事をまだ読んでいない方、ぜひ合わせてご一読を。
横浜市内18区の区名の由来Ⅰ【区政施行時編】
横浜市内18区の区名の由来Ⅱ【戦前・戦後編】
横浜市内18区の区名の由来Ⅲ【昭和44年編】

この記事では、市内で最後に生まれた4つの区である栄区、泉区、青葉区、都筑区を紹介する。
前回紹介した区と同様、公募でその名が付けられたこの4区。
決定までにはどんなドラマがあったのだろうか。



人口爆発にともない

まずは、区誕生の時系列にそって泉区と栄区の2区について。
いずれも1986(昭和61)年11月3日に戸塚区から分区された、いわば双子の兄弟だ。

その背景にあったのは、人口の増加。
昭和50年代から人口が伸び、広い戸塚区の中で行政サービスの行き届かない状況が生まれてしまった。
具体的なデータで見ると、1986(昭和61)年8月時点で全国にある112行政区のうち、戸塚区の人口は45万人を超えて全国で1位。112区の平均人口が15万人足らずだから、いかに多かったかが想像できる。

横浜市は行政区再編という形でこの問題の解決を図ったというわけだ。



4位からの逆転で決まった栄区

そんな背景の中で生まれた2区。まずは栄区から紹介していこう。

栄区は、市内2位を誇る緑比率の高さ、つまり緑の多さが自慢だ。
特に区の東側には大規模で良好な自然が残っている。また、区内を流れるいたち川は、環境に配慮した改修を行い、区民の憩いの場となっている。
 


栄区の自然の多さを象徴する「
横浜自然観察の森


区名の公募は区誕生の前年、1985(昭和60)年8月から広報よこはまなどで行われ、7040通、2003種類の応募が寄せられたそうだ。
 


こちらも区の象徴である、いたち川


栄区も前回の記事で紹介した旭区や瀬谷区と同じく、1位の得票候補が区名には選ばれなかった区だ。
応募数の多かった順に並べると、“本郷区”、“南戸塚区”、“湘南区”、“栄区”、“大船区”、“根岸区”、“光区”、“戸塚南区”、“上郷区”というトップ10。
 


横浜のグランドキャニオン」があるのも栄区だ


元となった戸塚区との位置関係を示す名前や別の地区名と重なる名前もあるが、残念ながらこういった名前は選ばれにくい。

4位だった“栄区”は、トップに200通以上の差を付けられたものの、「大きく栄えていく願いを込めて」晴れて新区の名前に採用されたとのこと。
また、「栄」という字の明るく華やかなイメージや、簡潔さ、語調の良さなども採用の理由として挙げられているんだそうだ。



次にお届けするのは栄区と同時に誕生した泉区。はたしてどんな応募があったのか?≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事