ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

磯子のレトロな商店街「浜マーケット」で「ちいさい秋みつけた」! “みはマップ”を作成し、商店街内に掲示していただく

ライター:三浜 詩央 (2013年10月11日)

金木犀(きんもくせい)が香り、すっかり街も秋めいてきた今日このごろ。今回は、磯子区の磯子商店街商業協同組合、通称「浜マーケット」へ。
幼いころから慣れ親しんだ童謡のタイトルを拝借し、11回目となる「1000ぶら」のテーマは「ちいさい秋みつけた」。その名のとおり、1000円以内で小さく秋らしいものをたくさん見つけるのが今日の目標だ。

さらに、三浜が購入したものを書き込む「浜マーケット」の地図、“みはマップ”を作成。小学校のころに班行動で作った、壁新聞みたい。そうだ、今日はとことん童心に帰ろう。
 


タイトルと店名だけの地図。どうなるかな?


「浜マーケット」へのアクセスは、JR磯子駅から京急バスや横浜市営バスに乗るのが便利。「浜」バス停で下車すればすぐ目の前が「浜マーケット」だ。しかし、この日は秋晴れ。せっかくだから、JR根岸駅から約15分かけて徒歩で向かうことに。
 


懐かしい雰囲気のバス停が見えたら、もうすぐそこが
 

浜マーケット!


まずは商店街の入り口にある老舗うなぎ店の「小島家」さんに商店街の歴史を伺うことに。



「闇市」から始まった浜マーケットの歴史
 


国道16号線沿いにあり、商店街の始点でもある1948(昭和23)年創業「小島家」
 

・・・おおお!?


磯子商店街商業協同組合、通称「浜マーケット」の理事長であり、小島家2代目店主の小島正喜さん。同店の「うな丼」が10月19日(土)に開催される「ガチ丼グランプリ」決勝戦に進出したとのことで、「ガチ丼!」仕様のお手製Tシャツと帽子で出迎えてくださった。

「1000ぶら」の企画主旨をお伝えすると、「嬉しいねえ」と快諾。「浜マーケット」の歩んだ歴史についても、丁寧に教えてくださった。
 


1947(昭和22)年5月の様子


戦時中、磯子区岡村には戦車の基地や、横須賀へと続く戦車用の通路があった。戦後まもなくの1945(昭和20)年、そのまま空き地になっていた「疎開通路」に10軒ほどの店が並んだのが「浜マーケット」の始まり。

11メートルの小さな“闇市”は、1950(昭和25)年ころには約70店舗にまで増え、1店舗あたりの幅は1.8メートルまで、という制約がありながらも「シャッターを開ければ商売になった」という盛況ぶりだった。

吹きっさらしにゴザやみかん箱、という商売スタイルだった当初。現在はアーケードになり、天候に困ることもない。店は20店舗ほどで、近年新規出店した店舗もある。昔ながらの雰囲気はそのままに、今なお健在で活気ある商店街だ。
 


さて、企画の景気づけに「うなぎ」! といきたいところだけど・・・


今日使えるのは1000円までなのだよ、ウナギイヌくん。
小島さんは「うなぎを食べるならオマケするよ~」と言ってくださったが、初っ端から半分以上使ってしまっては、今日の企画が成り立たない。店内の美味しそうなにおいに、思わず「これでいいのだ!!!」と言いたくなったが、ぐっと我慢。
 


「また戻ってきます~!」「いってらっしゃい!」


時刻は正午。にぎわいはじめた店内を後にし、ついに「1000ぶら」スタート!


いよいよ味の味覚を味わえる、魅惑の商店街を探訪開始!・・・次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事