検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

横浜市内のカレー店を食べ歩き。沿線別、全駅網羅を目標にまずは相鉄線沿いのカレー店横浜「アナンダ」、平沼橋「さくらダイニング」、天王町「ムスカン」をご紹介

  • LINE
  • はてな

2013年10月28日

ライター:三浜 詩央

中華街のカレー」、「カレーハウスリオ」に続き、またしてもカレーに関する案件が編集部から舞い込む。
「横浜でおいしいカレーが食べられるお店を紹介して」という何ともざっくりした内容・・・。

もしも「カレーのことを考えている女子大生全国ランキング」なるものがあったなら、三浜は100位以内にはランクインしているんじゃないか、なんて思う。
悩んだ挙句、通学に利用していたこともあり、個人的に馴染みの深い相鉄線沿線の特徴のあるカレー店を紹介しようと決めた。今回は、横浜駅に近い駅から順に周辺のカレー店を紹介。横浜、平沼橋、天王町各駅が最寄りの個性的な3店舗へと伺った。
 


大人の雰囲が漂う、隠れ家的名店「札幌スープカリー アナンダ」

まずは、横浜駅相鉄線改札口から徒歩8分ほどの場所にある「札幌スープカリー アナンダ」へ。相鉄線平沼橋駅からも徒歩6分という立地。以前、中華街のカレーの取材の際に、30人にアンケートをとったのだが、その際に「横浜でおいしいカレー店を探しているなら“アナンダ”がいいよ」と4名に言われたこともあり、ずっとキニナっていたのだ。
 


この看板が目印。到着すると入り口から既にスパイスのいい香りが!
 

手前にはカウンター5席とテーブル席
 

奥にはゆったり座れるテーブル席も
 

お店に入った第一印象は「隠れ家みたい」! 暗めに落とされたオレンジ色の照明と、温もりのあるカウンターや椅子。広くはない店内ながらも、ゆっくりと大人の時間を過ごせそう。
 


オーダーをすべて一人でこなす、店主の柳瀬さん


今年で6周年を迎える「アナンダ」。柳瀬さんとスープカリーとの出会いは、学生時代に柳瀬さんの故郷、札幌に帰省した時のこと。一口食べた瞬間、「いずれスープカリーと人生を共にしていくだろう」と感じたという。

その後、東京の広告代理店に25年勤務したのち、脱サラして札幌の老舗スープカレー店で修行を積んだ。晴れて独立をしたとき、横浜を出店の地に選んだのは、会社員時代に都筑区にずっと住んでいたから。
 


店内のいたるところに、店主の人柄がにじむ
 

スープカリーへのこだわりと信念とは


「ウチのカレーは、カレーを食べるというより、スパイスを飲む、という感覚だね」と柳瀬さん。
“スパイスパワーでカラダも歓ぶ”というコンセプトのもと、身体の内側からキレイになれる「薬膳(やくぜん)」的なスープカリーを追求。スパイスは、カルダモンやクミンなど基本のものが約20種類あり、その中の赤唐辛子だけでも5~6種類とかなり豊富。辛さも11段階から選ぶことができる。

「辛さ、どうする?」と聞かれ、若干戸惑う三浜。実はあまり辛いものが得意ではない。言葉につまっていると、ここで柳瀬さんの口から名言が。

「カレーはね、自分の限界の辛さで食べるのが美味しいんだよ」
なるほど! 確かに辛味を臆するあまり「お子様にもどうぞ」な辛さで注文をして、「あれ、ちょっと甘すぎ?でも、まあ・・・」なんて経験が過去にも、ちらほら。
ここは思い切って、ちょうど真ん中の辛さ「5(それでも表記は“激辛”)」で注文。ちなみに普通は「3」、柳瀬さんおすすめは「6(+50円)」だそうだ。
 


定番メニューの「チキンカリー(1100円)」
 

北海道の陶芸作家が考案した、スープカリーのために作られた器
 

ご飯にはライスに乗っているレモンをきゅっと絞る。あとの食べ方は自由。まずはスープを一口・・・うう、辛い! かっと体が熱くなり、自分の食道と胃がどこにあるのか分かる。しかしながら、辛味と同時に口に広がる清涼感。これは多めに配合されたカルダモンによるものだそう。バジルの風味も効いており、女性も喜ぶ味わいだ。

バジルによく合うチキンと、じゃがいもの絶妙な煮込み具合が印象的。じゃがいも、にんじん、玉ねぎはすべて北海道産を使用している。
 


メニューが2倍に増えるとか・・・詳細はヒミツとのこと


次回はスープカリーに並んで人気だというキーマカレーも食べてみたい。台風が接近して冷え込んだこの日、身体の芯からポカポカになった!
  
 

続いて平沼橋のインド料理店へ!ナンが美味らしい・・・次のページ≫ 
  

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

アルペンジローのカレーって美味しいの?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

横浜港シンボルタワーで、本当に「本牧カレー」は売っているの?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜5店舗制覇、1000べろの聖地「国民酒場じぃえんとるまん」に突撃!

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

牛肉店なのにアフター付き!? 根岸にある池田牛肉店の「アフター」の秘密に迫る!

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

新着記事

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった47
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年09月23日

横浜DeNAベイスターズの加賀繁・G後藤武敏、両選手の引退試合をレポート

    • 面白かった38
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年09月24日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

安い旨いの理由はフレンチ出身のシェフにあり!豪快かつ繊細な料理に目と舌に喜びを「横浜ビストロZIP」

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 二俣のジョイナステラスのエスカレーターが右側通行になっていることに何か違和感を感じるのですが、まあそ...

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント