検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜市内のカレー店を食べ歩き。沿線別、全駅網羅を目標にまずは相鉄線沿いのカレー店横浜「アナンダ」、平沼橋「さくらダイニング」、天王町「ムスカン」をご紹介

  • LINE
  • はてな

2013年10月28日

ライター:三浜 詩央

中華街のカレー」、「カレーハウスリオ」に続き、またしてもカレーに関する案件が編集部から舞い込む。
「横浜でおいしいカレーが食べられるお店を紹介して」という何ともざっくりした内容・・・。

もしも「カレーのことを考えている女子大生全国ランキング」なるものがあったなら、三浜は100位以内にはランクインしているんじゃないか、なんて思う。
悩んだ挙句、通学に利用していたこともあり、個人的に馴染みの深い相鉄線沿線の特徴のあるカレー店を紹介しようと決めた。今回は、横浜駅に近い駅から順に周辺のカレー店を紹介。横浜、平沼橋、天王町各駅が最寄りの個性的な3店舗へと伺った。
 


大人の雰囲が漂う、隠れ家的名店「札幌スープカリー アナンダ」

まずは、横浜駅相鉄線改札口から徒歩8分ほどの場所にある「札幌スープカリー アナンダ」へ。相鉄線平沼橋駅からも徒歩6分という立地。以前、中華街のカレーの取材の際に、30人にアンケートをとったのだが、その際に「横浜でおいしいカレー店を探しているなら“アナンダ”がいいよ」と4名に言われたこともあり、ずっとキニナっていたのだ。
 


この看板が目印。到着すると入り口から既にスパイスのいい香りが!
 

手前にはカウンター5席とテーブル席
 

奥にはゆったり座れるテーブル席も
 

お店に入った第一印象は「隠れ家みたい」! 暗めに落とされたオレンジ色の照明と、温もりのあるカウンターや椅子。広くはない店内ながらも、ゆっくりと大人の時間を過ごせそう。
 


オーダーをすべて一人でこなす、店主の柳瀬さん


今年で6周年を迎える「アナンダ」。柳瀬さんとスープカリーとの出会いは、学生時代に柳瀬さんの故郷、札幌に帰省した時のこと。一口食べた瞬間、「いずれスープカリーと人生を共にしていくだろう」と感じたという。

その後、東京の広告代理店に25年勤務したのち、脱サラして札幌の老舗スープカレー店で修行を積んだ。晴れて独立をしたとき、横浜を出店の地に選んだのは、会社員時代に都筑区にずっと住んでいたから。
 


店内のいたるところに、店主の人柄がにじむ
 

スープカリーへのこだわりと信念とは


「ウチのカレーは、カレーを食べるというより、スパイスを飲む、という感覚だね」と柳瀬さん。
“スパイスパワーでカラダも歓ぶ”というコンセプトのもと、身体の内側からキレイになれる「薬膳(やくぜん)」的なスープカリーを追求。スパイスは、カルダモンやクミンなど基本のものが約20種類あり、その中の赤唐辛子だけでも5~6種類とかなり豊富。辛さも11段階から選ぶことができる。

「辛さ、どうする?」と聞かれ、若干戸惑う三浜。実はあまり辛いものが得意ではない。言葉につまっていると、ここで柳瀬さんの口から名言が。

「カレーはね、自分の限界の辛さで食べるのが美味しいんだよ」
なるほど! 確かに辛味を臆するあまり「お子様にもどうぞ」な辛さで注文をして、「あれ、ちょっと甘すぎ?でも、まあ・・・」なんて経験が過去にも、ちらほら。
ここは思い切って、ちょうど真ん中の辛さ「5(それでも表記は“激辛”)」で注文。ちなみに普通は「3」、柳瀬さんおすすめは「6(+50円)」だそうだ。
 


定番メニューの「チキンカリー(1100円)」
 

北海道の陶芸作家が考案した、スープカリーのために作られた器
 

ご飯にはライスに乗っているレモンをきゅっと絞る。あとの食べ方は自由。まずはスープを一口・・・うう、辛い! かっと体が熱くなり、自分の食道と胃がどこにあるのか分かる。しかしながら、辛味と同時に口に広がる清涼感。これは多めに配合されたカルダモンによるものだそう。バジルの風味も効いており、女性も喜ぶ味わいだ。

バジルによく合うチキンと、じゃがいもの絶妙な煮込み具合が印象的。じゃがいも、にんじん、玉ねぎはすべて北海道産を使用している。
 


メニューが2倍に増えるとか・・・詳細はヒミツとのこと


次回はスープカリーに並んで人気だというキーマカレーも食べてみたい。台風が接近して冷え込んだこの日、身体の芯からポカポカになった!
  
 

続いて平沼橋のインド料理店へ!ナンが美味らしい・・・次のページ≫ 
  

おすすめ記事

アルペンジローのカレーって美味しいの?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

横浜港シンボルタワーで、本当に「本牧カレー」は売っているの?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

和も洋も楽しめる! 鶴屋町の「八郎酒場」で飲んだくレポート!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ!

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

新着記事

新横浜駅に暴力団の「武器庫」!? 問題のビルや周辺の様子は?

    • 面白かった9
    • 面白くなかった21
    • コメント0
  • 2018年06月21日

被害者の前に姿を現さず。振り袖業者「はれのひ」社長、異例の債権者集会欠席

    • 面白かった13
    • 面白くなかった108
    • コメント2
  • 2018年06月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

外国人の受け入れ手続きを的確にサポートする「行政書士みなと国際事務所」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

「ファッションと、生きていく」あなたの夢を全力サポート!実践力の「横浜ファッションデザイン専門学校」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

結婚相談所って怪しくない?「マリッジクラブ ウィッシュ横浜」で結婚相談所の疑問を徹底解決してきた

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市営バスの平戸行きは何で片道しか運行しないのですか。帰りはどうすればいいのか。あとはどういう人が...

  • 最近海の公園や野島でアマモ?がたくさん打ち上げられているのを見かけます。今年は特にその量が多いと思い...

  • 神奈川県は自転車の損害賠償保険加入を義務付ける条例を年度内に制定を目指す方針と発表しました。確かに全...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント