検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

中華街で、酢豚にパイナップルが入っているお店の割合は?パイナップル以外のフルーツが入るお店もあるんですかね? (sakiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

中華街大通りを中心に40軒調査したところ、23軒のお店がパイナップル入りだった!パイナップル以外のフルーツが一緒に入ってる店は1軒あった!

  • LINE
  • はてな

2013年11月12日

ライター:松宮 史佳

酢豚は“角切りにした豚肉に下味をつけて油で揚げ、甘酢あんをかける”中国料理(広辞苑第6版)。中国全土で作られるが、中でも広東料理の酢豚が有名。その理由はケチャップや果物を加えた斬新さにある(食の文化話題辞典 杉野ヒロコ監修)。

酢豚に入っている果物といえば、パイナップル! だが、好き嫌いが分かれるところ。
 


パイナップルは「あり」「なし」派、どちらが多いのか!?


ちなみに松宮は“なし”派。パイナップルは入っていない方がよいが、あればもったいないので食べる。

以前、はまれぽのサイト上で行ったアンケート調査では、“ありが48% 、なしが39%”だった。
 


「気にしたことがなかった」という大らかな人も


実際に取材先や中華街で20人ほどに聞いたところ、ありは45%、なしは55%という結果に! 

“あり”派の人は「酸味と甘みが同時に楽しめるから好き」「マイルドになる」という意見があった。一方、“なし”派は「ご飯として食べているのにフルーツ入りは無理」という声が多かった。



中華街で酢豚にパイナップルが入っている割合を調査!

ところで、酢豚にパイナップルが入ったのはいつごろなのか?

酢豚の歴史を探るべく、横浜中華街発展会協同組合、横浜開港資料館に問い合わせてみるが、わからず。日本中国料理協会に尋ねると、1884(明治17)年に創業した「横浜中華街最古の店、聘珍樓(へいちんろう)に聞いてみたら?」とアドバイス。
  


横浜中華街最古の店、聘珍樓


そこで聘珍樓に問い合わせるが、「古い資料は関東大震災や横浜大空襲で焼けてしまったため、わからない」との答え。ちなみに、酢豚にパイナップルは「入っている」とのこと!

さらに調べると、酢豚に最初にパイナップルを入れたのは「南国酒家」との情報が浮上! 
 


原宿駅近くにある「南国酒家原宿店本館」


問い合わせたところ、10年ほど前に「南国酒家」のシェフが料理の鉄人に出演した際、料理研究家で審査員だった服部幸應(ゆきお)氏が「南国酒家」といえば「日本で酢豚にパイナップルを初めて入れた店」と発言したことから広まったらしい。しかし、残念ながら昔のことなので「当時の詳しい資料は残っていない」そうだ。

酢豚は広東料理の酢豚が有名(前出)とのことなので、「四川料理の酢豚には入っていないのか!?」という疑問が湧き上がる。

そこで、調査前に市場通りの四川料理店「景徳鎮(けいとくちん)」へ。すると・・・
 


酢豚にパイナップルは入っている!(ちなみに奥深い味わいで絶品だった)


つまり、広東料理のみ「パイナップルあり」ではなく、入っているかどうかは「その店による」のだ!

では、本題である中華街ではどれくらいの割合で酢豚にパイナップルが入っているのか?

横浜中華街発展会協同組合が発行している地図「横濱中華街 街道指南2013」によれば、中華街には137軒もの中国料理店が存在している。・・さすがにすべて調査するのは難しい。
 


街道指南2013は広東・四川など店のジャンルがわかるスグレもの!


ということで、今回は朝陽門から善隣門を通るメインストリート“中華街大通り”と石川町駅からも近い、善隣門から延平門までの“西門通り”を調査。店舗は、広東・四川等のジャンルに関係なく40店舗を調べる。なお、調査対象地域内で “本店・新館・別館”があった場合は「本館」を対象とする。
 


40店舗に「酢豚にパイナップルの有無」を聞く
<クリックして拡大>


はまれぽアンケート結果をふまえて「パイナップルあり5:なし5」と予想し、いざ突撃!


ではいよいよ調査開始! はたしてパイナップル入りの酢豚はどれくらいあるのか!?≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

中華街に「世界チャンピオンの肉まん」って何の世界大会?

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

西横浜の中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍の坦々麺とは?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと女子大生がコラボした限定販売の弁当について教えて!

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

  • PR

【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった39
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった36
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 二俣のジョイナステラスのエスカレーターが右側通行になっていることに何か違和感を感じるのですが、まあそ...

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント