ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜フルマラソンの詳細を取材お願いします(リキさん、vicheさん、こたろじさん、そうてつマンさん、inocchi21さん、パラサイト浜さん)

はまれぽ調査結果

初めて横浜で開催される市民参加型フルマラソン「横浜マラソン2015」は2015年3月15日の開催を目指している!詳細は現段階では未確定

ライター:藤井 涼子 (2014年02月03日)

昨年の2013(平成25)年12月1日に横浜市主催の「横浜マラソン」が開催された。このマラソンは42.195kmのフルマラソンではなく、10kmマラソンとなっている。
山下公園がスタート地点で、海沿いを走り、本牧ふ頭で折り返し、山下ふ頭へ帰ってゴールとなるコースだ。
 


コースはこちら(横浜マラソンHPより)


昨年で33回目となったこの「横浜マラソン」は、毎年10㎞と、フルマラソンの半分の距離を走るハーフマラソン、車いす(12.7km)の3種目があるが、前回は道路工事などの事情により10㎞のみの開催となった。

2007(平成19)年に市民参加型のフルマラソン「東京マラソン」が開催されて以降、マラソン人気は衰えることなく、2011(平成23)年に大阪、神戸、京都と相次いでフルマラソンが開催されている。

そして現在、横浜市でフルマラソンの計画があるとのキニナル情報から、その詳細を確認すべく横浜市民局スポーツ振興課へ取材に行った。



横浜で行われるフルマラソンの詳細は!?

取材に応じてくれたのは、横浜市民局スポーツ振興部スポーツ振興課担当課長・金子利恵(りえ)さんと担当係長・相澤寛彰(ひろあき)さん。

「横浜でフルマラソンを行う」ということは決定しているが、現段階では詳細は検討中とのこと。
 


「現時点では詳細をお伝えできなくて申し訳ない」と何度も言っていた金子さん
 

「参加ランナーの皆さんが楽しんでもらえるコースにしたい」と相澤さん


今決まっている内容は、
大会名は「横浜マラソン2015」で、開催予定日は2015年3月15日(日)。2万5000人規模を目指す。

発表されたコース案は、「スタートとゴールはパシフィコ横浜を拠点とし、往路はみなとみらい地区をスタート後、横浜三塔(キング〈神奈川県庁本庁舎〉・クイーン〈横浜税関〉・ジャック〈横浜市開港記念会館〉)、横浜スタジアム、山下公園など市内中心部の観光名所を巡り、海沿いを南下して中間地点で折り返し。復路は折り返し地点から横浜港の風景を楽しめる景観を重視した道路を走り、再度みなとみらい地区へ戻る」となっている。
 


スタート・ゴールの拠点に予定されているパシフィコ横浜


しかし、実際にどういうコースにするかなどの詳細は検討中。
 


横浜三塔のうち「キング」と呼ばれている神奈川県庁本庁舎


フルマラソンのほかにもっと短い10㎞などの種目を作るかどうかに関しても未定。参加資格は、現行の「横浜マラソン」と同様に15歳以上(中学生は除く)を考えているそうで、参加者の募集開始は夏ごろを予定しているとのこと

今は「予定」や「未定」などが多い状況だが、「現在、大会の詳細については入念根検討をしているところで、開催の約1年前となる、今年の3月か4月中には詳細を決定したい」としている。



フルマラソン開催のきっかけとは?

昨年まで行われていた10㎞とハーフマラソン、車いすの部の「横浜マラソン大会」がフルマラソンとして生まれ変わることになるのだが、そのきっかけは何だったのか?

33年前の1981(昭和56)年に第1回横浜マラソン大会が開催されたわけだが、そもそもそのきっかけとなったのが「横浜で誰もが参加できるマラソン大会を開催してほしい」という約10万人の署名が市長らへ提出されたことだそう。

当時の道路事情などから、フルマラソンは実現できず10㎞と20㎞の2種目から始まったそうだが、20㎞の種目をハーフマラソンに距離を延ばすなどの変更を行ってきた。
 


第33回横浜マラソン大会(10km)の様子。参加者は約6000人
写真提供:(公財)横浜市体育協会


横浜市内では2009(平成21)年から毎年横浜国際女子マラソン大会が開催されたり、お正月に行われる「東京箱根間往復大学駅伝競走=箱根駅伝」のコースの一部となったりするなど、沿道やコースの警備など、フルマラソンを行うノウハウが蓄積されてきたということに加え、近年のマラソンブームで多くの市民がフルマラソンに関心を寄せているということもあり、横浜マラソンのフルマラソン化が実現した、とのこと。

それなら「横浜マラソン2015」も横浜国際女子マラソン大会と同じコースを走れば良いのでは? と考えるが、そう簡単でもないようだ。

横浜国際女子マラソン大会の場合は、フルマラソンを3時間15分以内で走れるというトップアスリート約300名があっという間に駆け抜ける。それに対し、早いランナーもいればゆっくり走るランナーもいて2万5000人規模の大会となると、交通規制の時間や必要な道幅の広さも変わってくるので単純に同じコースを走ればいい、ということでもないんです」と金子さん。
 


過去に開催された横浜国際女子マラソンの様子


2万人以上のランナーが数時間にわたり公道を走るので、交通規制も大規模に行われることになる。

「実際にそこで生活している住民の方への影響や、運送業など道路を使う業態への理解なども重要であり、さらには参加ランナーが楽しめるような『横浜らしいコース』としながらも大人数が走ることが可能な道である、などを考慮する必要があり、予想以上にコース設定が大変です」と相澤さん。

今年度は3500万円の予算を計上し、コースの調査費などに充てたが、大会の警備や広報計画など、これから数ヶ月間で多くのことを決める必要があるようだ。


プロデューサーはテレビでよく見る、あの人!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事