検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

西区浅間町の和食レストラン天狗が5月に「ステーキ大作戦」という名前のお店に替っていました。ネーミングもメニューも全てキニナル~!(rin_kaさんのキニナル) 

はまれぽ調査結果!

「ステーキ大作戦」はステーキをリーズナブルに楽しめる店!店名には“多くの人々においしい肉を格安で提供したい”という想いが込められていた!

  • LINE
  • はてな

2014年04月15日

ライター:松宮 史佳

投稿によると、西区浅間町にあった「和食れすとらん天狗」が「ステーキ大作戦」にいつのまにか替わっていたらしい! これは一体どうしてなのか!? 

ネットで調べてみると、「和食れすとらん天狗」と「ステーキ大作戦」は「株式会社テンアライド」が経営しているようだ。担当者の方が忙しいとのことで、交渉すること数ヶ月。ついに「取材OK」の返事が!

「ステーキ大作戦」の最寄駅、相鉄線・平沼橋駅へ。「こっちでいいのかな?」と思いながらひたすら歩く。
 


徒歩15分で「ステーキ大作戦」に到着!

 

店に入ろうとすると・・・「あれ!?」

 


「ガスト」の看板もあり、どちらに入ったらよいのかと迷う

 

看板をよーく見ると、「ステーキ大作戦」は2階のようだ。・・・しかし、なぜガストのすぐ上に店があるんだろう。これもキニナル!

見ていると、数人の男性が店に入っていく。・・・かなり混んでそう。一体どんな店なのか!?



「ステーキ大作戦」って何の大作戦!?

「テンアライド株式会社(以下、テンアライド)」営業企画部の下村一郎さんと村田和浩さんにお話を伺う。

 


下村一郎さん(左)と村田さん

 

「テンアライド(資本金:52億5720万円、従業員数:2979名)」は1969(昭和44)年に創業。同年、池袋西口店に「天狗1号店」をオープンした。以後、居酒屋や和食店など4業態の店を創業。現在、「天狗」は全国で125店舗ほど展開している。ちなみに横浜市内には「天狗」を4店舗、「ステーキ大作戦」1店舗の計5店舗を展開中。

「ステーキ大作戦」は横浜浅間町店のほか、愛知県名古屋市と埼玉県戸田市にも店舗があり、2013(平成25)年5月13日に「和食れすとらん天狗」の跡地に3店目としてオープンした。
 
「また横浜でチャレンジしたいと思った」と下村さん。横浜に「ステーキ大作戦」をオープンする際、「広告費は一切かけなかった」とのこと。創業以来、「口コミで店舗お客さんを増やしてきた」と答えてくれる。

 


広告費をかけるならば「お客様に還元するのが会社の理念」と下村さん

 

「なぜ、居酒屋を経営するテンアライドがステーキを?」と思うが、もともと「天狗」では「サイコロステーキが人気メニューだった(by下村さん)」とのこと。なので、肉の仕入れルートも確立されており、「これはイケる」という自信もあったとのことそうだ。

1階にガストがあるが、客層が異なるので問題ないそうだ。ガストはお茶をする人、「ステーキ大作戦」は食事を楽しむ若いファミリーが多い。

 


創業時は「ガストと間違えて入ってくる人もいた」とか!

 

横浜浅間店は総席数120席ほど。居抜きだが、改装してオープンした。

 


赤を基調としたポップな印象
 

円形の椅子は「お客様にゆったり食事を楽しんでほしい」という社長のこだわりらしい

 

と、ここでキニナル店名について質問する松宮。すると、店名には「本格的なステーキを多くの皆様に格安で提供する大作戦、という意味があるんです(笑)」と下村さん。・・・まさに壮大な作戦だ。

 


社長トップの想いが込められた“大作戦”

 


キニナルメニューを一挙に紹介!

「ステーキ大作戦」では、メニューの品質は定期的にチェックを行っている。

 
 


「2週間に一度は試食をしている」と語る村田さん

 

人気のメニューは「厚切りハラミステーキ(以下、ハラミ)」や「ハンバーグ」。値段はどちらもグラムにより異なる。「ハラミ」は100グラム490円から(メニューはすべて税抜価格で記載)。
 
肉はニュージーランド産を使用。もともと部位としての“ハラミ”は脂が多い。そのため、「ステーキ大作戦」の「ハラミ」は脂が多い穀類牛ではなく、さっぱりとした味わいの牧草牛を使用しているそうだ。ちなみに、「ハラミ」の中で一番人気なのは「サイズが真ん中の150グラム」。

 


ステーキのソースは6種類の自家製ソースから選択できる

 

一方、反対にハンバーグはミンチにするため、「脂の多い穀類牛を使用している」とのこと。つまり、食べ方により牛の種類を変えているのだ。下村さんによると、「ハンバーグに使う牛肉もニュージーランド産」だそう。ニュージーランド産の肉はかなり原価が高い。だが、グループ全体で大量に仕入れているため、コストダウンを可能にしている。

 


最も安い「レギュラーハンバーグ」は150グラムで390円!

 

「ステーキ大作戦」がこだわっているのは「ステーキ」や「ハンバーグ」などの肉料理だけではない。「最高級の乾麺を使用している」というパスタにもこだわっているのだ!

 


パスタもすべておいしそう!

 

「ピザ」は冷凍ではなく、生地から手作り。注文を受けてから作るとか!

 


・・・お話を聞いていると、ピザも食べたくなってくる

 

最近、ファミリーレストランではサラダバーを付けるところも多い。だが、サラダバーは1回から10回頼む人まで、回数はさまざま。そのため、「ステーキ大作戦」では1回しか頼まない人もおり、公平を規する期するために、あえてサラダバーを付けていないそうだ。そのかわり、ミニサラダは50円という超格安な値段で提供している。
 
また、料理だけではなく、デザートメニューも強化。メニュー数は「今後さらに増える予定」とのこと。人気なのは「ハニートースト」。これも格安で290円! 

 


「バニラアイス」はなんと120円!
 

ドリンクバーもある

 

また、ワインがあるのも酒飲みの松宮としてはうれしいところ。「キャンティ(ボトル750ml:1880円)」などのワインを “ほかでは飲めないような値段”で取りそろえているそうだ。

 


リーズナブルにワインが飲めるのもいい!

 
メニューについてお話を伺い、“ガマンできない状態”の松宮。いよいよ実食してみることに!
 
 

 

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 日本丸の周りの海水が黄色と緑の間みたいな気味の悪い色になってるんですけど、原因を調査してもらえません...

  • 無人コンビニの実験が始まった「ローソン氷取沢町店」が気になります。深夜などどんな感じなのでしょうか。

  • 林市長が山下ふ頭にIRを誘致すると表明しました。横浜市民はIR誘致に賛成なのか反対なのか気になるので...

最近のコメント

アクセスランキング